まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1982回 GATE(17)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

柳内たくみ 「GATE(ゲート)SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 1.抜錨編」

 後半です。

 なんとか米国人ジャーナリストを救出し、海賊の襲撃を振り切ったオデット号だが、大国アトランティアの手先の反乱、大嵐に紛れての反撃の末、ようやくプリメーラ姫の輿入れ先であるシーラーフ侯国にたどり着いた。

 ここからがオデット号の新・司厨長となった徳島二曹の腕の見せどころですね。
 しかしこの世界の風習には馴染みがないし、金庫を持ち去られたためお金がない。
 一行が選んだのは、なぜか尾ヒレ手足の付いた噂話。
 かのシェリー・ノーム・テュリエ伯爵夫人が帝権擁護委員(オプリーチニキ)に両親を殺され、有力元老院議員と逃げていたとき。婚約者から送られた真珠の首飾りを売ることで糊口を凌ぎ、ニホン領に逃げ込んで軍隊を呼び寄せて空から帝都を襲って皇太子ゾルザルを懲らしめたという。
 (シェリーちゃんは無事に菅原卿と結婚できたようです)

 身につけた宝石類を買い叩かれながらも食材を手に入れ、徳島二曹が腕を振るった晩餐会のメニューは、ティナエ共和国の底力はまだ衰えていないことをシーラーフ侯国の重鎮たちに確認させた。
 シーラーフ海軍を引き連れてティナエに戻る一行を、ふたたび襲う海賊たち。
 武器の収斂進化とも言うべき魔術的火砲を積んだ海賊船の圧倒的戦闘力。
 オデット号の運命は?
 メインキャラ2
 メインキャラ1

 周辺諸国を威圧し、岩礁を埋め立てて自領土だと主張するアトランティアの女王。
 旧アヴィオン王室の血筋を持つプリメーラを擁して、アヴィオン海の七国征服を狙う。
 帝国における正当な権利を奪われ、追放同然でアトランティアにやってきたという女性って、あの人でしょうか。
 本巻では登場しませんでしたが、やってることがあの人っぽいですね。
 2巻を待つ。
 特地地図 アヴィオン海周辺

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1985-6f9b357b