まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1974回 機龍警察 自爆条項 [完全版] (下)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

月村了衛 「機龍警察 自爆条項 [完全版] (下)」POLICE DRAGOON

 最大火力を持つ純白の竜騎兵《バンシー》の搭乗者イザ・ラードナー警部の壮絶な過去。
 なぜIRFの処刑人《死神》と呼ばれた彼女は組織を裏切ったのか。

 IRFの処刑人《墓守》を倒したが、テロリスト《詩人》キリアン・クインと処刑人《猟師》《踊子》を含むグループの所在は不明のままだ。
 英国の外交官が到着する十二月二日というタイムリミットが迫る十月二十八日、事態は急変する。
 IRFメンバーと共に殺されれていた中国の工作員の謎。
 ライザの目からすると、その特性がとても良く似ているという沖津特捜部部長と《詩人》キリアン・クイン。
 沖津は後手に回る盤面の読み合いを制することができるのか。

 キリアン・クインの《第3の目的》。中国情報部の暗躍。そして本来なら妨害に出るはずの特捜部の〈敵〉の不可解な動き。
 なぜ竜騎兵の搭乗員は警察官ではなく、特別契約による傭兵でなければならなかったのか。
               機龍警察 自爆条項 完全版 下

 6作目「機龍警察 狼眼殺手」が連載中のシリーズの2作目の改訂版。
 警察内部の政治力学により白眼視される特捜部。
 鏡写しのようなテロリスト・キリアンと特捜部部長・沖津。
 中世から続く北アイルランドに対する英国の圧力。
 さらに中国政府をバックに持つファン・コーポレーションも複雑な黒社会の事情を持つ。
 そして特捜部の〈敵〉はそれらのバランスを利用する。

 これは続けて読みたいですねえ。
 3作目の「機龍警察 暗黒市場」は2012年発表だから、もう文庫化されてもいいんじゃないか?
 まさかこれも [完全版]に改訂する予定なのか?

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1977-69562833