まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1967回 海王ダンテ 3巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

皆川亮二 「海王ダンテ」3巻 “Dante” Ocean King

 アメリカ編ですね。
 1754年からのフレンチ・インディアン戦争(七年戦争)でイギリス軍はフランス・インディアン連合軍と一進一退の攻防を繰り広げた。
 イギリス軍は2万人の兵を派兵し、勝利したものの1億3千万ポンドの負債を抱えることになった。
 このため、植民地に重税を掛けた不満が募って行き、1773年12月のボストン紅茶事件がおこる。
 翌年、イギリス政府はボストンを軍政下に置く。

 さて、ダンテは士官候補生から海尉心得に昇進し、ボストンに向かいますが乗船した軍艦は海賊に襲われます。
 ジョゼ・ボナパルトの“生命(ライフ)”によって80年ぶりに蘇った海賊オルカ。
 彼は奴隷として扱われている黒人の開放運動を行っていた。
 だが、ナポリオ・ボナパルトの“構成(ビルド)”技術をバックにしたフランス軍と、インディアンの襲撃を受け、やむなくイギリス軍と共闘せざるを得なくなる。
 海賊をやめろというダンテにオルカは、そもそも海賊が繁栄したのはイギリス政府が海賊にスペイン船を襲わせたためだと答える。
 戦いのさなかにイギリス軍とはぐれたウィリアム・ピット (小ピット)も、イギリス政府が奴隷制を廃しようとするのは高額な奴隷を買うより、自由にして低賃金で働かせたほうが圧倒的に経済的だからだと知る。
                 海王ダンテ 3
 “魔導器”の使用によって負傷したダンテの前に人の姿で現れる“要素(エレメント)”。
 ダンテはその知識を“魔導器”なしで使用するが。ダンテの身体には今までにない現象が生じ始める。
 “構成(ビルド)”が求めるレアメタル。“要素(エレメント)”が蓄えた知識から予見する未来。
 次こそ“生命(ライフ)”が蘇らせたアルビダ女王の登場ですか?
 楽しみです。
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1970-1176333a