まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1938回 製造人間は頭が固い

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上遠野浩平「製造人間は頭が固い」 No Control Man With No Future

 いつの頃からか、〈システム〉と言われる組織が「人類の守護」をテーゼとして活動し始めた。
 「人類の守護」とはすなわち「人類」を脅かす異物の駆逐であり、その対象は特殊能力を持つ「超人類」である。
 そのため、〈システム〉は「超人類」に対抗できる特殊能力を持つ兵器を製造した。

 製造人間ウトセラ・ムビョウ。
 能力は「処置」、すなわち人間を合成人間を変換する能力を持つ。そのため、多くの反〈システム〉組織は彼の確保を重要目標としていた。
 その作戦の一つでムビョウは、本来なら心臓の疾患で死ぬはずの赤ん坊を助けた。
 しかし、合成人間としての能力を現さないまま少年に成長したコノハ・ヒノオ。
 彼には〈未来〉が託されているのだろうか。
                  製造人間は頭が固い
 ・製造人間は頭が固い The Institutional Man
 ・無能人間は涙を見せない The Incompetent Boy
 ・双極人間は同情を嫌う The Injured Girls
 ・最強人間は機嫌が悪い The Invincible Man
 ・交換人間は平静を欠く The Interchangeble Man
 ・製造人間は主張しない The Industrial Man


 SFマガジンに掲載されたウトセラ・ムビョウを狂言回しとする6つの短編に、断章として
 ・奇蹟人間は気が滅入る The Incomparable Lady Act1~7
 を書き下ろしで挟んだ「ブギーポップ」シリーズのスピンオフ。

 ヤナギサワ・モトキって、何かに出てきたっけ?
 特別製(スーパービルド)合成人間のリミット(雨宮美津子)とリセット(雨宮世津子) は、ふたりとも少女時代はアーミャという姓だったようだが、ミッちゃん、セッちゃんのフルネームはなんなのだろう。
 さて、「ブギーポップ」シリーズの過去編であった本作。
 無能人間コノハ・ヒノオ少年は、この先、どういう形で本編、またはスピンオフに登場するのだろうか。
 物語の続きを楽しみにしています。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1941-4dd5bd1d