まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1923回 伊藤計劃トリビュート2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback


早川書房編集部 編「伊藤計劃トリビュート2」 Project Itoh Tribute 2


 前作と同じく「テクノロジーが人間をどう変えていくか」というテーマの短編中編集。
 執筆は10代、20代の若手作家である。

 草野原々「最初にして最後のアイドル」
 これは最初からすごいものを読ませてもらった。猟奇SFですか?
 アイドルというものの見方が変わってしまいました。(笑)
 まさしく「虐殺器官」ですね!
 「百合」ってこういう関係のことなのですか?

 ぼくのりりっくのぼうよみ「guity」
 アンチ・ユートピアものですね。
 『ハーモニー 』 へのアンチテーゼを掲げたものですが、やはり正解というものはやっってみなくては判らないものです。
 ラストがイマイチでした。

 柴田勝家「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」
 生まれてから死ぬまでVRワールドで生活する部族がいるという、
 フィールドワークで訪れた研究者のレポートは果たして現実にあったことなのか。
 ラストでリアルとヴァーチャルの区別がつかなくなるのはゾッとしました。

 黒石迩守「くすんだ言語」
 インプラント端末でネットワークに繋がる時代。
 だが情報の相互干渉で広がる目に見えない領域に潜むのは、人間という種の集合意識へとなっていくのか。
 これも『虐殺器官』へのオマージュですね。

 伏見完「あるいは呼吸する墓標」
 これは短編で終わらせるにはもったいないですね。
 長編ならもっと面白かったかも。

 小川哲「ゲームの王国」
 これ1篇でほかの5篇を合わせたより長いじゃないか!
 これ1本で文庫化できるんじゃないか?

                   伊藤計劃トリビュート2
 いろいろな傾向の作品を収録していますが、最初の「最初にして最後のアイドル」でド肝を抜かれてしまい、後の作品が霞んでしまいました。
 やはり“死”と“言語(情報)”を見つめる作品が主体ですね。
 いつかVol.3を出してください。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1926-e884e5b5