まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1916回 巨神計画 下

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ルヴァン・ヌーヴェル「巨神計画 下」  SLEEPING GIANTS

 ベーリング海で発見された「巨人」の頭部をロシアの潜水艦と争奪戦を演じ、全てのパーツが揃った。
 だが、なぜ「巨人」は17のパーツに別けられ、世界中にばらまかれたのか。
 武装はエネルギー・ソードとエネルギー・フィールドで近接戦用と思われる。どちらも64段階で強度とを効果範囲を変えられるようだ。
 極秘裡にデンバー国際空港の地下で組み立てられ、操縦訓練をしていたカーラ・レズニックたちは事故で周囲500mの範囲を非物質化してします。多くの一般人とローズ・フランクリンを巻き込んで。

 クレーターの底の「巨人」の姿は全世界に公開された。
 合衆国は第三次世界大戦を避けるため、「巨人」をふたたび分解して深さ8千mのプエルトリコ海溝へ沈めることを発表した。
  
                 巨神計画 下

 以下ネタバレ

 かつて多くの植民地を持つ巨大な帝国があった。
 各植民地には自治性を持たせて過度な干渉はせず、物質とエネルギーを操る芸術家兼技術者の種族。

 その植民地の一つは戦士の種族が統治していた。
 帝国は他国の侵略を始めた植民地の王を捕らえて帝国に連れてきたが、穏やかな種族の皇帝は罪を許し、娘の武術指南役に迎えた。
 ここから悲劇が始まる。
 恋仲になった二人は皇帝に反逆した罪で引き裂かれ、王は数百万人の人民ごと、帝国から追放にされた。
 だが、数百年後、数千年後、数万年後、彼らは力をつけてふたたび帝国の敵になるだろう。
 皇帝は帝国中に数千体の防衛兵器「巨人」を設置した。
 帝国の片隅の小さな植民地には男性型と女性型が各6体の「巨人」と、それを操作する兵士たちの分遣隊が送られたという。
 植民地人は歩き回る「巨人」を《ティタニ」》と呼んだ。

 二千年以上経った頃、一体の「巨人」を残して撤去され、分遣隊の子孫は混血して植民地人と同化しながら《テーミス》と呼ばれる「巨人」を世界中に埋めた。
 文明が進歩した植民地人が、自らの力で「巨人」で戦えるように見守りながら。


 というわけで三部作の第一部終了です。
 ネタバレ部分は結構、早い段階で語られます。
 やはり最先端の技術は発掘から始まるんですね。
 ラストが衝撃の展開でしたね。ええ!?とヒッターは仰け反りました。
 第二部「WAKING GODS」をお待ちしています。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1919-5bd26b92