まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1909回 探偵が早すぎる 上

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

井上真偽「探偵が早すぎる 上」

 ヒロインの十川一華(17)は父の死により莫大な遺産を受け継ぐ。
 その資産額は5兆に達した。
 故人となった十河瑛(48)は素封家の大陀羅勝光(98)の隠し子であったが、勝光にはほかに男女合わせて7人の子供がいた。
 大陀羅勝光は病床につき、余命は長くはないが、一華にとっては直系の祖父である。
 一華が亡くなればその財産はどうなるのか?
 亡き父の一族たち、亜騰陀、朱鳥、六強、陣光、竜精、貴人、天后は一華の命を狙う。

 ただ命を守るために引き篭っているわけにはいかない。攻撃は最大の防御だ。
 一華に付けられている使用人の橋田は、古い知り合いに連絡を取った。
 事件が起こってから登場する「探偵」ではなく、事件が起こる前に完全犯罪トリックを見抜き、犯人(未遂)を特定してしまう「探偵」。
 はたして「探偵」は一華を守りきれるのか?
                  探偵が早すぎる 上
 「最速」ということでは掟上今日子さんを上回りますね~
 橋田嬢の古い知り合いだという、外見から男性か女聖か判別できない千曲川光という人物。
 性別は男性だが心は女性、性的嗜好は同性愛という危ないプロファイラーだが、一華の使用人・橋田嬢もちょっと怪しい素性があるようです。

 7月に下巻が出るのでそれまで読まないでいようと思ったのだが、、昨日の「掟上今日子の裏表紙」からの流れで読んでしまった。
 後半の逆襲編を楽しみにしています。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1912-6d5e13ca