まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1874回 人類最強のときめき

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 最強シリーズ 3「人類最強のときめき」

 ・人類最強のときめき
 由比ケ浜ぷに子って誰だったっけ?
 海底火山が噴火して出来た新島に送り込まれた哀川潤。
 いくつもの組織が所有権を求める島に、アンタッチャブルな紅い請負人を置くことで猶予期間をとる《四神一鏡》。
 だが、開かないパラシュートで火山島に800mダイブした《人類最強》を待ち受けていたのは、とんでもない強敵だった。

 とうとう海底火山まで爆発させたと噂される哀川さんですが、ここまでピンチに追い込まれるのも珍しいのではないか。(笑)
 第2ラウンドのゴングは鳴るのでしょうか。

 ・人類最強のよろめき
 「書痴」という言葉はなんとなく使ってみたいですねえ。 
 今回も“最速の探偵”に言及しましたね。お知り合いですか?
 コンピュータによって各個人の好みに合わせて書かれ、読み始めると面白すぎて寝食を忘れて読みふけり、やがて死に至る「小説」。
 すでに数百人の犠牲者を出した人類を滅ぼしかねない『面白すぎる小説』に使用されたのは、あの由比ケ浜ぷに子のOSの一部だった。

 『読めば死ぬ本』は嫌ですが、『これを読めたらもう死んでも構わない本』ならヒッターも読みたいものです。

 ・哀川潤の失敗 Mission 3. 死ぬほど幸せ
 佐々沙咲さん、お久しぶりです。
 衆人環視の中で行われた飛び降り自殺事件について相談を受けた哀川潤。
 自殺の理由は解明できるのか。哀川潤の出した自殺の動機とは?
 
 ・哀川潤の失敗 Mission 4. デジタル探偵との知恵比べ
 佐々沙咲が持ち込んだ捜査用に開発された「探偵ソフト」の実証試験。
 哀川潤が犯人として事件を起こし、「探偵ソフト」が推理するという実験の結果は?
 
 ・哀川潤の失敗 Mission 5. 失敗の請負人
 ギャンブルの“流れ”を読むことができる男『コントローラー』。
 将来、日本に公営ギャンブル施設が出来た時、彼は脅威になるのだろうか。
 佐々沙咲を通じて検証を依頼された哀川潤は『コントローラー』に賭け勝負を挑む。
                  人類最強のときめき

 相変わらず想定外のトラブルが彼女の後を追い掛け回しています。
 よくこれだけ考えられるなと、西尾維新先生の頭の構造はどうなっているんでしょうか。(笑)

 次巻「人類最強のsweetheart」をお待ち致します。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1877-3ac40d10