まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1870回 時をとめた少女

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ロバート・E・ヤング「時をとめた少女」
  THE GIRL WHO MADE TIME STOP AND OTHER STORIES


 ロバート・E・ヤングといえば「「たんぽぽ娘(The Dandelion Girl)」が有名であるが、本巻は日本で通算4冊目となるオリジナル短編集である。

 収録作
 ・わが愛はひとつ One Love Have I
 ・妖精の棲む樹 To Fell a Tree
 ・時をとめた少女 The Girl Who Made Time Stop
 ・花崗岩の女神 Goddess in Granite
 ・真鍮の都 The City of Brass
 ・赤い小さな学校 Little Red Schoolhouse
 ・約束の惑星 Promised Planet
                 時をとめた少女
 初出は1955年から1965年までの作品。
 表題作「時をとめた少女」は、異星人の女の子達が主人公を取り合うという、現代のライトノベルにも出てきそうな設定ですな。
 「花崗岩の女神」は女体そっくりの山脈を登攀していくという、なんか誰かの漫画で読んだような、いや、執筆年代はこちらのほうが先なのか、アイディアに東西の差はないという証左ですな。

 読みやすいSFビギナー向け短編集でした。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1873-a387fa0a