まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1865回 信長協奏曲 15巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」15巻

 天正6年(1578年)11月。第二次木津川の戦いにおいて、六隻の鉄甲船を繰り出した織田水軍は毛利水軍を撃破した。
 明けて天正7年(1579年)。毛利の交渉役である安国寺恵瓊のもとへ訪れた曲者がひとり。
 秀吉の弟、羽柴秀長である、
 世の中を詰まらないか詰まるかで判断する男は一案を提示する。

 この巻で竹中半兵衛さんは御退場です。
 しかし、彼の残した策は今後、どう影響していくのか。
                    信長協奏曲 15
 安土城見学ツアーは参加したいですね。(笑)
 羽柴兄弟の恐ろしさが際立つ15巻でした。これ、「本能寺の変」はどうなるのかが非常に楽しみですねえ。
 黒田官兵衛は出てくるのかな。
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1868-0747218d