まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1847回 D坂の美少年

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 美少年シリーズ6「D坂の美少年」

 指輪学園中等部3年A組。1年生の時から3期連続で当選したという現生徒会長・咲口長広。
 「美少年探偵団」のサブリーダー《美声のナガヒロ》である彼も、中等部卒業を目の前にして自分の席を預ける後継者を擁立していた。
 2年A組の現生徒会副会長・長縄和菜。通称《雪女》と呼ばれるクールビューティーだが、生徒会選挙を目前に交通事故で立候補を取り下げざるを得なくなる。
 指輪学園に通ずる四つの登校路の中で、最も人気のない「D坂」でおこった轢き逃げ事件。
 これは咲口政権の後継者を引きずり起こすために起こったのか?

 新たに咲口先輩の後押しで立候補すれば、ふたたび、轢き逃げに遭う怖れのある危険に身を晒す《美観のマユミ》。
 他の立候補者で最有力なのは、2年B組の同級生の沃野禁止郎だった。
 なんの変哲もない普通の目立たない中学生の彼が、なぜ有力候補第1位に上がっているのか。
 秘密結社「美少年探偵団」は事故の謎解きとともに、眉美を当選させるべく動き出す。 
 さらなる後押しを得るため、長広と眉美はかつて中等部の「伝説の生徒会長」と呼ばれ、「美少年探偵団」を創設した《美談のオドル》こと、現団長の兄である指輪学園高等部2年・双頭院踊に会いにいったのだが・・・。
                    D坂の美少年

 さてさて、意外な真相が暴かれました。
 物語の登場人物、特に主役クラスが巻が進むにつれて徐々に人間的に成長していく、というのは王道パターンですが、主役が周囲の人間も作者さえも認めるクズ人間になっていくという逆パターンはあまり見かけません。(笑)
 パタリロのように最初からクズ人間キャラを通していくのも大変ですがね。

 次巻「美少年椅子」は今秋発売とのこと。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1850-bc74a2b5