まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1841回 絶対可憐チルドレン(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

椎名高志 「絶対可憐 チルドレン」48巻 ZETTAI KAREN CHILDREN

 《黒い幽霊(ブラックゴースト)》のギリアムが仕掛けた精神汚染は徐々に《B.A.B.E.L.》内にも浸透していく。
 隔離された観測所を脱出した皆本と賢木たちは、『蕾見文書』の助言(アドバイス)と、真木を取り返そうとする兵部の力を借りて反撃にでる。
 だが、それすらもギリアムの見越していた罠であった。
                   絶対可憐チルドレン48
 蕾見管理官、貴女は暗殺者に追われながら、何をしていたんですか。(笑)
 それが内務省特務機関超能力支援研究局《B.A.B.E.L.》設立の原因だったとは。

 次巻で驚愕の決着ですか?
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1844-7adc19cc