まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1840回 海軍士官クリス・ロングナイフ 7

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

マイク・シェパード 海軍士官クリス・ロングナイフ 7「勅命臨時大使、就任!」
 Kris Longknife:UNDAUNTED


 前巻でクリスと死闘を行なったコルテス大佐は、そのままクリスに雇われてしまいました。(笑)

 クリスたち偽装調査船ワスプ号御一行は人類宇宙の辺縁リム星域を越え、未踏査領域の使えるジャンプ・ポイントを調査していた。
 既に滅んだらしい複数の種族が百万年~二百万年前に作り上げたジャンプ・ポイント網は、跳んでみるまでどこに出るかわからない。。
 人類=イティーチ戦争終結後の両者の緩衝宙域で新たに発見されたJPに探査ブイを投入したクリスは、宿敵グリーンフェルド連盟の巡洋艦とイティーチ族の《死の球(デスボーール)》艦の戦闘を目撃する。
 クリスの曽祖父レイが80年前に講和条約を結んだイティーチ族相手の戦闘行為はまずい。

 クリス「何を怖がっているの、兵曹長?」
 兵曹長「そりゃあ、恐怖を感じますよ。ご本人が恐怖を感じないもんだから。」

 さらなる問題はクリスの傲慢なる秘書コンピュータ《ネリィ》が翻訳した通信は、相手がイティーチ帝国の皇帝代理人で、クリスティン・アン・ロングナイフ王女との会見を望んでいるということだった。
 もっとまずいことに進化し続ける《ネリィ》は人間の悪癖であるユーモアのセンスを磨き始めている。
 異性種族由来のデータチップの解析が原因らしい。
 さて、イティーチ皇帝がレイ王に宛てたメッセージとはなんなのか?
                   クリスロングナイフ7 
 UNDAUNTED:恐れない,臆(おく)しない,剛胆な,不屈の

 イティーチ族も人類も、先の戦争で自分たちの種族は滅亡の危機に陥ったと退役軍人から教えられてきた。
 クリスと皇帝代理人ロンのチームは、この不可思議な戦争の記録を突き合わせていくうちに、80年前の戦争の真実を知る。
 コルテス大佐、あなたはもう悪魔の一族のプリンセスと契約してしまったんです。刑務所にいたほうが楽だったなんて言っても、もう逃げられませんよ。(笑)

 《クリス・ロングナイフ》シリーズの前に書かれた「人類統一戦争」の時代、若き日のレイモンド・ロングナイフの《人類協会》設立の物語を描く三部作が復刻されたようです。
 1. The First Casualty
 2. The Prince of Peace
 3. They Also Serve

 そしてクリスのもうひとりの曽祖父トラブルの「人類=イティーチ戦争」時代の執筆が行われているとか。
 1. To Do or Die

 前回、紹介した《ビクトリア・ピーターウォルド》シリーズを含めて、全体を《ジャンプ・ユニバース》と呼ばれるようです。
 KL07.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1843-2887b8b3