まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1835回 静粛に、天才只今勉強中! 2巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

倉田 江美「静粛に、天才只今勉強中! 新装版」 2巻

 貴族、僧侶、第三身分(平民)からなる国民議会(三部会)招集を求める高等法院(パルルマン)と、高等法院抜きで財政改革を推し進めようとする国王側。
 軍隊を出して司法制度改革を強行すると、高等法院議員を守ろうとするグルノーブル市民が衝突する。
 フランス王国はほぼ国庫が底を尽き、国に金を貸していた貴族たちも連鎖して破産していった。
 離婚した夫から贈られた宝石類の返還を求められたボアルネ子爵夫人ジョセフィーヌも、娘を連れて故郷のマルティニック島へ戻る。

 国民議会(三部会)にはそれぞれの階層から同数の議員を出さねばならない。
 アルトワ州では8人の第三身分代表にマクシミリアン・ロベスピエール、チフス・ド・ラ・ブルトンヌも選出された、
 ヴェルサイユで開催された三部会は、まず評決方法ぼ選定から揉める。
 ロベスピエールは第三身分の部会の演説で、英国風の国民代表議会設立を標榜した。
 コティは特権身分がのさばる僧侶階級の中で、平民僧たちを糾合して僧侶部会と第三身分部会の協同を呼びかける。

 王政改革を認めないルイ16世はヴェルサイユを2万の軍隊で固め、外人傭兵部隊を雇い始める。
 議会に扇動されたパリ市民はバスティーユ要塞を攻撃、占拠して収監されていた政治犯を解放。虐殺した司令官の首を槍の先に付けて行進したという。
              静粛に、天才只今勉強中 2
 さあ、いよいよ本格的にフランス革命が始まりました。
 コティはまだ様子見の段階で議会に参加していません。アラスの修道院を追い出されたコティは、どこでフランスの運命と関わっていくのでしょうか?
 2巻にはナポレオン・ボナパーテが出てこなかったな。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1838-94ff792e