まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1821回 銀河帝国興亡史3

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

Seldon Project (著), サイドランチ (編集), 久間月慧太郎 (イラスト), アイザック・アシモフ (原作)
「銀河帝国興亡史3 ファウンデーション対帝国」


 3巻を出してくれました。最後までやってくれそうですね。
 本巻は第2部「ファウンデーション対帝国」の前半「将軍 The General」です。

 豪商ホバー・マロウの時代から40年。
 帝国最後の名将ベル・リオーズ将軍は帝国辺境の惑星シエナに伝わる“暗殺者”と“魔法使い”の噂に興味を持つ。
 若くして頭角を現してきた軍人は、常勝不敗の功績を上げるにつれ、諸侯からは“金髪の若造”と疎まれていた。

 “暗殺者”ドゥーセム・バーがベル・リオーズに語る“ある貿易商人”の不思議な話。
 まるで“魔法”にしか思えない科学技術を持った男は何処から来たのか?
 ドゥーセム・バーは長年の研究の中で、このシエナ出身の科学者ハリ・セルダンに行き当たる。
 『心理歴史学』という学問を確立し、銀河帝国の崩壊を予言して流刑地テルミナスに送られた男。
 その流刑地で彼は『ファウンデーション』を設立した。
 ベル・リオーズはその“魔法使い”の星へ向かう。

 発足後、200年経ったファウンデーションは《ビッグ・フォー》と呼ばれる4人の豪商が実権を握っていた。
 テルミナスに潜入したベル・リオーズは、この星の住民は子供に至るまで、いずれファウンデーションが第二銀河帝国を創ることになると信じている事を知る。
 そして銀河帝国は既に滅びさっていることになっていることも。
 しかも《ビッグ・フォー》はベル・リオーズに商売まで持ちかけてきたのだ。
 ベル・リオーズは今のうちにファウンデーションを叩き潰さなければならないと確信する。

 貴族ドゥーセム・バーはベル・リオーズ将軍がどんな手段を使おうと敗れるだろうと言う。ファウンデーションは『心理歴史学』という“魔法”で護られているのだと。
 ベル・リオーズ将軍は”死者の手”より”生者の意志”が勝ると言い、ドゥーセム・バーの挑戦を受けた。

 いまだに力を残している帝国艦隊の前に陥落するファウンデーション。
 はたして”セルダン・プロジェクト”は敗れ去ったのか。
                銀河帝国興亡史3

 コミック版では4度目のセルダン霊廟のホログラムは描かれませんでしたね。
 『心理歴史学』はすでにこの危機を予測していました。
 次はいよいよ「ザ・ミュール」ですね。
 ”セルダン・プロジェクト”最大の危機が訪れます。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1824-33817d0c