まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1811回  幼女戦記(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem.」 後半

 ネタバレあらすじです。

 第肆章 再編       Reorganization
 統一歴一九二六年四月十日。
 最高統帥部の政治的なゴリ押しによる参謀本部主導の茶番劇の査問会議は、ターニャ・フォン・デグレチャフ魔導少佐に懸けられた疑義は晴らした。
 最高統帥部の意向を参謀本部が思い切り蹴り飛ばしたのだが、それなりに最高統帥部の面子への「配慮」というものがある。
 レルゲン大佐がターニャ本人から聴取した希望転属先はゼートゥーア中将を激怒させた。
 ここまで育てた虎の子が前線勤務を拒否したのである。だが中将は連邦との早期講和は不可能であると言うターニャの恐るべき戦略眼を手元から失うのを恐れた。
 新たな任地は西方戦線である。「戦略」という観点で2ヶ月以内に戦技研究レポートを上げなければならない。 

 首都を直接蹂躙された政治委員達は、内務人民委員部長官ロリヤによる粛清に恐々としていた。
 だがロリヤの発言は最高指導者ヨセフ・ジュガシヴィリにとっても意外な事だった。なんと収容所やシルドベリヤにいる魔導師や反逆者を解放し、帝国軍に当てるというなりふり構わない方策である。
 ロリヤの主張に反対する者はなく、全会一致で可決される。

 メアリ・スー訓練生は「派遣義勇軍」に参加し、連合王国にいた。
 厳しい訓練を受ける中、近隣の国境魔導師中隊が帝国のネームドに手痛くやられたという噂を聞く。


 第伍章 ドードーバード航空戦       Battle of Dodobird
 統一歴一九二六年四月ニ十八日。
 教導隊と実戦部隊を兼ねた調査研究部隊となった第二0三航空魔導大隊は、旧共和国領で連合王国へのハラスメント出撃をしていた。
 最近になって連合王国の魔導師部隊に合衆国の「義勇軍」が参加したという。
 国際法的には国籍は中立国の合衆国でも、所属部隊が連合王国なら撃墜もやむ無し。
 しかし各国の魔導師の運用の仕方は違うし、陸軍、海軍でも違う。合衆国の魔道士部隊の運用の仕方は如何なるものか。
 調査研究部隊としては、遭遇戦闘は望むところである。

 暴風雨の中、敵地で撃墜不時着した航空機の戦闘捜索救難任務。
 時間とともに連合王国軍の部隊もやって来る。
 防空ラインの奥深くまで入り込まれた連合王国軍は、即座に迎撃部隊を発進させた。

 第一0三航空戦闘団の支援を受けた第二0三航空魔導大隊と、それを追う迎撃部隊は二個魔導大隊。それは初期訓練を終えたばかりの新兵を含む「義勇軍」だった。
 連合王国魔道師部隊の連絡将校ドレイク中佐が、どれほど口を酸っぱくしても、ネームド“ラインの悪魔”の恐ろしさを理解してくれない。
 救出任務に三個中隊を出したターニャ・フォン・デグレチャフ魔導少佐は、ただ一個中隊のみで二個魔導大隊に挑む。
 「義勇軍」の中には初陣となるメアリ・スーがいた。交戦の中、ターニャの持つA.Sのイニシャル入りの短機関銃に気付き、これが父の仇だと知る。
 父へ贈った短機関銃の掃射で撃墜されたメアリ・スーは「私にあの悪魔を殺す力をください」と“神”に祈る。
 ターニャ&メアリ

 第陸章 ドアノッカー作戦       Operation Door Knocker
 統一歴一九二六年六月ニ十五日。 
 南方での機動遊撃戦、東方での初期対応活動、西方での航空戦で培った『今次大戦における部隊運用と作戦機動』の論文は、ターニャ・フォン・デグレチャフを魔導中佐に昇進させ、同時に参謀本部の戦務と作戦が共同で新設する戦略研究室への参画がゼートゥーア中将から内示される。

 しかし、その論文が失敗だった。“戦闘団は臨時編成なので速やかな編成が望まれる”の実地検証から始まるスピード結成。
 新設された「サラマンダー戦闘団」。中核となる第二0三航空魔導大隊は次席指揮官だったヴァイス大尉が指揮を執る。
 精鋭と評される第二親衛師団から引き抜いた(強奪した)降下猟兵一個大隊。
 南方戦線のロメール将軍から燃料とバーターしたG型装甲車両を配備した機甲一個中隊。
 西方戦線で鹵獲した装甲車両を改造、自走化した砲兵一個中隊。
 ゼートゥーア中将からぶん取った予備の魔道師一個中隊。

 実践検証として東部戦線へ配属された「サラマンダー戦闘団」に、連邦内務人民委員部長官ロリヤの罠が待ち受ける。

 ターニャ&ヴィーシャ

 ターニャのライバルとなる少女魔導師メアリ・スーは、今後、どう関わってえ来るのでしょうか。
 彼我損耗率が1:7(大部分が捕虜)という連邦は、広大な領土と物量で帝国軍を内陸部へ引き寄せようと画策しています。
 美味しい餌もぶら下げなければなりません。ロリヤ長官の目的はどんな犠牲を払おうともターニャちゃんを捕虜にすることです。
 泥沼の東部戦線の展開が楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1814-4c965c9d