まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1806回 ログ・ホライズン(19)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON
 Ep12 円卓崩壊(後編)


 ネタバレあらすじです。

 予想もしていなかった事態にシロエはギルドハウスに引き篭って2日が経った。
 〈円卓会議〉は失敗したのだ。
 所詮、大学生や若手の社会人が作った互助組織的なもので、政治的組織運営のプロがいたわけではない。
 〈大地人〉との付き合い方も手探りでやっていたのだ。
 そもそも〈円卓会議〉には責任者というものがなかった。各ギルドのギルマスが頭を寄せ合っていただけで、クラスティが居ればアキバの街全体を代表する人物だという名目も押し通せただろうが、今は叶わぬこと。
 西の《プラント・ フロウデン》の指導者たちには多くの〈大地人〉が含まれている。〈大地人〉と〈冒険者〉が一緒に暮らしていくのなら、そういう組織を作るべきだったのだ。
 アインスの方が正しかった。〈円卓会議〉は失敗するべくしてそうなったのだ。

 レイネシアが訪れた1500人を超える最大の戦闘ギルド〈D.D.D〉は解散に向けて準備に大忙しだった。
 クラスティとはユーレッド大陸でバッドステータスによる足止めをくっていると連絡は着いたのだが、残っているリーゼや高山三佐だけでは巨大な組織の運営を、クラスティの不在のまま行うのは難しい。
 大隊規模ほどの小ギルドに分割して、それぞれ独立採算と連携を図るギルド連合方針をとったのだ。
 メンバーには〈大地人〉も受け入れるという。
 クラスティは大陸で大事なものを奪った敵を滅ぼすまで帰らないと伝えてきたらしい。盗られて悔しくないのなら、最初めから自分のものではなかったという理屈のようだ。
 そのため自分のギルドはリーゼや三佐に押し付けて、『盗られて悔しいもの』を取り返す方が大事だと言ったのだ。
 あの妖怪心覗きは、遠くにいてもレイネシアの心を見透かすように言い当てる。
 レイネシアにとって『盗られて悔しいもの』はこのアキバの街で自分がやっている仕事だ。〈水楓の館〉で様々な人と出会い、話に耳を傾け、応援するのが好きなのだ。
 今、それが奪われそうになり、悔しさの涙を流してやっと気がついた。
 そんなレイネシアをリーゼたちは優しく抱きしめる。
   レイネシア18
 アキバ中央の城壁型遺跡(中央線ホーム)で行われたシロエとアインスの会談。
 〈大地人〉が認めた統治組織〈アキバ統治府〉からの〈円卓会議〉への牽制なのか。
 戦闘ギルド〈黒剣騎士団〉は独自路線を行くと傍観を宣言、商業ギルド〈第八商店街〉は流通安定重視を発表し、中小ギルドに幅広いネットワークを持つ〈グランデール〉は公式に〈円卓会議〉離脱を決定した。
 既に半減した〈円卓会議〉を、さらに切り崩そうというのか。
 だがシロエの問いにアインスは〈円卓会議〉はもうどうでもいいと答える。
 実際に〈大災害〉直後の混乱を鎮めるため、シロエが作り上げた〈円卓会議〉は有効だった。
 〈大地人〉との友好条約を結ぶという新しい関係を築いたのはシロエだった。
 〈供贄一族〉から無限とも言える政治資金を供出させたのもシロエだった。
 すべての〈円卓会議〉の施策の曲がり角にシロエがいる。
 アインスの〈アキバ統治府〉にはシロエのような参謀が必要なのだ。〈円卓会議〉はそのまま残してもいい。アインスの理想を継いでくれるなら、シロエに〈アキバ統治府〉の全権を委託しても構わない。
 アインスの言葉にシロエの意思は揺れる。
 だが、アインスと共にやってきた青年の意向はどこにあるのか?
 シロエはアインスの傍らに立つ青年・ウテナ=斎宮=トウリに話しかける。

 決して無視し得ない存在感は、クラスティにも匹敵するヤマト最後の皇族・斎宮トウリ。
 なぜ〈斎宮家〉は今回の〈アキバ統治府〉の設立を立ち上げたのか?
 トウリはその真意をシロエに語る。
 それはKRが警告してきた鉄鋼車両の戦闘実験と符合する。すでに《プラント・ フロウデン》の濡羽は、インデックスとの政争に入った。
 アキバが幸福な時間を過ごしている間に、ヤマトに戦火が上がろうとしている。
 トウリは戦争を起こそうとしている〈元老院〉に立ち向かうつもりなのだ。

  さて、1万人の〈冒険者〉と6万人の〈大地人〉の住むアキバの街周辺エリアを二つに割った選挙戦の結果と、レイネシア姫の運命は?

     
 EP11「クラスティ;タイクーン・ロード」の書籍化が遅れていますが、このEP12「円卓崩壊」はいつになったら発売されるのだろう。
 斎宮トウリのイラストを早く見みたいですね。
 マルヴェス卿がけっこう面白い人物であることもわかりました。(笑)
  マルヴェス卿
 果たして《腹黒メガネ》はどこまで見越して手を打っていたのか? ”東の外記(げき)”って、ここで名付けられるんだっけ?
 〈都市間転移門〉の再起動によりエッゾとの行き来もできるようになったアキバの街。
 次のエピソードは「夜啼鳥(ナイチンゲール)の唄」です。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1809-c83f5689