まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1798回 螺旋のエンペロイダー(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上遠野浩平 「螺旋のエンペロイダー Spin1」 The Emperoider Spin1 "Wormy Empire"

 『ブギーポップ』のスピンオフ第3シリーズ。先月、最終巻が出たので買っておいた1巻を読み始める。
 前作の「ヴァルプルギスの後悔」を出る度に買って読んでいたら、途中で話が解らなくなったので、今回は一気読みのタイミングを図っていた。

 Introduction
 『統和機構』最強の戦闘用合成人間フォルテッシモの腕の中に降ってきた少女・才牙そら。
 “虚無の王(エンペロイダー)”の物語は、この半年後から始まる。

 異能の力を持つ少年少女たちをスカウト、もしくは狩られて集めた塾「NPスクール」。
 人類より、より進化した存在《MPLS》を狩りだし、抹殺するために作られた『統和機構』の末端組織。
 集められた子供たちは監視され、教育され、研究され、利用されるが、抹殺されるほどの強い能力は持っていない。
 もし、その能力が危険と判定されれば、容赦なく抹殺される。

 室井梢:能力名は《アロガンス・アロー》
 日高迅八郎:能力名は《サルタン・オブ・スイング》
  箕山晶子:能力名は《クェーサースフィア》
 御堂璃央:能力名は《ホワイター・シェイド》
 志邑咲桜:能力名は《ティピカル・コラプス》
 風洞楓:能力名は《ウィンド・チャイム》
 反町碧:能力名は《ストレート・ノー・チェイサー》
 三谷文:能力名は《*****》
 虹上みのり:能力名は《ミューズ・トゥ・ファラオ》
 才牙虚宇介:能力名は《ヴィオランツァ・ドメスティカ》
 才牙そら:能力名は《ナイトフォール》

 『統和機構』の中でも一部の者が追い求める《エンペロイド》。
 螺旋の支配者《エンペロイダー》はいったい誰なのか。
 そして未来の“枢機王”流刃昴夕とは何者なのだろう。
              螺旋のエンペロイダー Spin1
 turn 1 "The Eraser"
 turn 2 "Hunting Unplugged"
 turn 3 "Hunging Girl"
 turn 4 "Paint It Black"
 turn 5 "Bitten by Fang"
 turn 6 "In Ruins"


 御堂璃央、《奇蹟使い》のフェイ・リスキィ博士も引き続き登場です。
 三谷文という少女がジィドに連絡を取り、ジィドがハールと呼んでいたということは、三谷文=パールなんでしょうか。
 キーアイテムの《エンペロイド金貨》は『酸素は鏡に映らない』、『ブギーポップ』シリーズ、『ソウルドロップ』シリーズにも登場しますね。
 起・承・転・結の「起」のパートでした。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1801-6699d280