まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1785回 ラインの虜囚

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹「ラインの虜囚」 The Prisoner of Rhine

 1821年。元フランス皇帝、ナポレオン・ボナパルトは南大西洋のど真ん中にある流刑地セントヘレナ島で死去した。
 しかし、それから9年。ナポレオンは実は生きていて、とある場所に幽閉されているという噂が流れる。

 カナダ生まれの少女コリンヌは、父親の死を祖父に伝えるためパリにやってきた。
 祖父と父は仲違いして疎遠となったが、孫娘としては祖父に直接会って父親のことを伝えたかったのである。
 5千万フランの財産を持つというギイ・ド・ブリクール伯爵は、コリンヌに一つの課題を与えた。
 ライン川を越えたある場所に立つ〈双角獣(ツヴァイホルン)の塔〉を探し出し、ナポレオンの存在の是非を確かめろと言う。
 期限は50日間。12月25日の降誕祭(ノルン)の正午まで。
 16歳の少女コリンヌは旅の同行者に、世界一の天才作家、世界一の海賊、世界一の剣士を選んだ。
                 ラインの虜囚

 いや~、出てくる出てくる。
 誰でも耳にしたことのある人物オンパレードですね。

 フランスは七月革命が起こった年。
 この時代はドイツという国はなく、300以上に別れていた小国家が40ほどに纏まった時代。
 ブリクール伯爵の遺産を狙う〈暁の四人組(パトロン・ミネット)〉の追撃を躱しながら、コリンヌと三人のお供はナポレオンの謎を確かめられるのか。
 ヒッターが小学生の頃に読んだシャーロック・ホーームズやアルセーヌ・ルパンのようなジュブナイル作品として、たいへん面白く読めました。
 「ヴィクトリア朝怪奇冒険譚」三部作(既刊2巻)も文庫化してくれないだろうか。
  

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1788-9f0c4eaf