まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1782回 ゴーストケース

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

柴田勝家 「ゴーストケース 心霊科学捜査官」

 幽霊というものの存在/現象が科学的に解明され、霊子を工学的に取り扱う技術が実現された。
 死んだ人間の声が聞ける「霊子ラジオ」など霊子機器メーカー、事故物件の幽霊駆除業者、幽霊との遺産相続や示談交渉をする弁護士が出現する一方、警察にも死後犯罪と超常犯罪を専門に扱う部署が作られた。
 警視庁捜査零課と附属機関である、霊子科学、宗教化学、外道陰陽術を駆使して捜査に協力する心霊科学捜査研究所(霊捜研)である。

 警視庁刑事部捜査零課・音名井高潔警部補と霊捜研の新人心霊科学捜査官・御陵清太郎は、「聞くと自殺するCD」による連続自殺事件を追う。
                  ゴーストケース

 ヒッターはあまり「心霊もの」は読まないのですが、前回、「クロニスタ――戦争人類学者」が面白かったので購入した。
 霊素工学というのは「屍者の帝国」でも使われたものだが、それを現代社会ではどう利用されるのか。
 元・野良陰陽師の御陵(みささぎ)くんしかクローズアップされませんでしたが、霊捜研の面々もひと癖ありそうです。
 シリーズ化されるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1785-a66340d4