まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1779回 竜との舞踏 (5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジョージ・R・R・マーティン 氷と炎の歌 第5部「竜との舞踏(下)」
A SONG OF ICE AND FIRE Ⅴ:A Dance with Dragons Part 3


             竜との舞踏3

 下巻前半。

① ヒズダール・ゾ・ロラクとの結婚による共同統治で、デナーリスは支配権を失いつつあった。
 復活した奴隷闘技の会場で、偶然にもライオンの餌になるところであったティリオンを救う。
 だが、舞い戻った黒龍ドロゴンは闘技場をめちゃくちゃにし、デナーリスはドロゴンと共に空の彼方に消える。

 一方、ティリオンは赤痢の蔓延する野営地で、サー・ジョラー・モーモントと共に脱出の策を練る。

② 鉄諸島を旅立ったヴィクタリオン・グレイジョイ率いる99隻の船は、その半数を失いながらもミーリーンを目指す。
 途中の島々で略奪を重ねながら航行してきたつけで、負傷していたヴィクタリオンは、ティリオンと同じ船に乗っていて嵐で遭難していた〈赤の祭司〉を拾い上げる。
 秘儀による治療を受けたヴィクタリオンは、デナーリスを求めて進発する。
 ヴァリリア 5-3-1

③ ジョン・スノウは迫る〈異形(ジ・アザー)〉との戦いに備え、〈野人〉と手を組むと決めた。
 憎みあい戦った〈野人〉と〈鴉〉だが、共通の敵は〈異形(ジ・アザー)〉であり、《壁》はそのためにある。
 数千人の〈野人〉は《壁》えお通り抜け、その幾ばくかは黒衣を着る戦士となる。

④ 偽物と知らずウィンターフェル城からサンサ・スタークを逃がそうとする吟遊詩人たち。
 ボルトン公の手から逃れるためにはシオン・グレイジョイも、その計画に乗るしかなかった。
 そしてウィンターフェル城から3日の距離に、スタニス・バラシオンの軍勢が迫る。
 北部 5-3-1

⑤ 数々の罪で告発されたサーセイは独房に閉じ込められていた。罪を告解するまで自由はない。
 いくつかの罪を認めることで待遇は改善されたが、未だ幽閉のの身である。
 双子の弟のジェイミーは行方知れず。ドーンに嫁いだ娘のミアセラは刺客に襲われたと知り、脱出の策を練る。
 南部 5-3-1

 ジョン・スノウ総帥の決断は吉と出るか、凶と出るか。
 ドロゴンと共に飛び立ったデナーリスは何処に?
 シオンはスタニスの元へ逃げ切れるのか。
 サーセイの起死回生の策は。

 後半に向けて動きが気になるところですが、どうせこの巻では終わらないので、第6巻が出るのを待つことになるんだろうな。
 絶対に第7巻で終わるとは思わない。(笑)
 とりあえず、本書を読み終わることを優先しよう。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1782-6ccf7936