まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1761回 蔵書管理2016年12月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2016.12

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。12月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2016年12月31日で22,502冊(先月増+26冊)となった。 
 先月よりペースが落ちてるじゃないか。ゲームのやりすぎだな。

 2016年1月からの合計は411冊。2015年の429冊には及ばなかった。

 内訳は
 小説  7,197冊
 コミックス 14,855冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年1月の予定
 「竜との舞踏」下巻を読むべし。
 航空宇宙軍史も2巻と3巻が溜まってしまった。早く読まねば4巻が出てしまう。
 ローダンの本家の方も片付得ねば。
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第41回

 安田均(原案)、友野詳(著) 「ファイブリア・シリーズ」


 創造神によって下から支えられる形で宇宙に浮かんでいる伏せた皿状の平面的な世界ファイブリア。
 そこには人間を含めた様々な種族が暮らしている。
 他作品のパロディが多く、RPGものが好きだったヒッターのツボにはまった作品。

 コクーン・ワールド
 地底世界《クリュオ》を舞台とした小説第一シリーズ。
 地底大空洞《クリュオ》に引きずり込まれた冒険者パーティーが、地上へ帰還する道を探して旅をする。
 1.黄昏に踊る冒険者
 2.真夜中に騒ぐ冒険者
 3.夜明けに笑う冒険者
 黄昏に踊る冒険者 真夜中に騒ぐ冒険者
 夜明けに笑う冒険者

 ティルト・ワールド
 地上の《アレクファースト大陸》を舞台とした小説第二シリーズ。
 第一シリーズの直後、地上へ帰還した冒険者たちが、新たな仲間を加えて「傾いた世界」の謎に挑む。
 1.天下無敵の冒険者
 2.縦横無尽の冒険者
 3.天地無用の冒険者
 天下無敵の冒険者 縦横無尽の冒険者
 天地無用の冒険者

 アビス・ワールド
 《暗黒界》を舞台にした小説第三シリーズ。
 第一シリーズの十数年後、クリュオに残った冒険者たちとその子供たちが《暗黒界》の陰謀に巻き込まれる。
 1.魔界に夢見る冒険者
 2.冥土に羽ばたく冒険者
 3.奈落にときめく冒険者
 魔界に夢見る冒険者 冥土に羽ばたく冒険者
 奈落にときめく冒険者

 小説シリーズ完結編。
 ふたたび一堂に会した各シリーズの登場人物たちが、ファイブリア滅亡の危機に立ち向かう。

 かくも偉大な冒険者 -ザ・ラスト・オブ・ファイブリア-
 ザ・ラスト・オブ・ファイブリア

 新装版が出てたんだね。
 また読みたいな。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1764-7a504a7d