まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1757回 炎路を行く者

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上橋 菜穂子「炎路を行く者 守り人作品集」

 文庫化を待っていました!
 タイトルは「炎路を行く者」ですが、目次には「炎路の旅人」となっています。
 タルシュの〈鷹(ターク)>アラユタン・ヒュウゴの数奇な運命。
 彼は如何にして〈鷹(ターク)〉になる道を歩んだのか。

 そしてバルサが15歳の時の短編「十五の我には」。
 17歳になったチャグムがカンバル王国の槍騎兵を率いて新ヨゴ皇国へ向かう前夜。
 バルサは少女時代のことを思い返す。
              炎路を行く者


 ヒッターも今になって考えれば、子供の頃は何も考えず馬鹿ばっかりやっていたなと思います。
 また十数年すれば、今現在のヒッターも子供の頃と大して変わってないなと思うのでしょう。(笑)
 
 これで新作が書かれなければ、タンダとバルサのその後を書いた短篇「春の光」は読むことができないですねえ。
 文庫版に特別収録して欲しかったな。

 あ、ドラマのシーズン2が始まるのね。
 シーズン1のラストがアレだったので続きが気になります!!

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1760-6ecb38a9