まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1740回 アクセル・ワールド(13)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」
 ネタバレです。

 白のレギオン《オシトラリ・ユニヴァース》の支配する港区第三エリアに侵攻した第三次黒のレギオン《ネガ・ネヴュラス》。
 第一次からのメンバー《四元素(エレメンツ)》のスカイ・レイカー、アーダー・メイデン、アクア・カレント。
 第二次からのメンバー シルバー・クロウ、シアン・パイル、ライム・ベル。
 元・赤のレギオンの《三獣士(トリプレックス)》ブラッド・レパード、カシス・ムース、シスル・ポーキュパイン。
 元・《プチ・パケ》のショコラ・パペッター、ミント・ミトン、プラム・フリッパー。
 緑のレギオン《グレート・ウォール》からの増援 アッシュ・ローラー、ブッシュ・ウータン、オリーブ・グラブ。
 新規参加のマゼンダ・シザーと「隠し玉」のトリリード・テトラオキサイドの計17名。
 そして急遽、防衛側から侵攻側に加わった員数外の《黒の王》ブラック・ロータスと《赤の王》スカーレット・レイン。

 だが突然現れた謎のバーストリンカーの広範囲心意技《パラダイム・ブレイクダウン》により、30分制限の領土戦が突然、無制限フィールドに切り替わる。
 そして待ち受けていた《白》の幹部集団《七連矮星(セブン・ドワーフス)》。
 第二位 《眠り屋(スリーピー)》スノー・フェアリーの即死性心意技《白の終局(ブライニクル)》。
 第四位 《王》の全権代理人 アイボリー・タワーの心意技キャンセラー《虚数時間(イマジナリー・タイム)》。
 第七位 《くしゃみ屋(スニージー)》グレイシャー・ビヒモスの心意氷壁《最終氷期(ラスト・グレイシャル・ピリオド)》。
 三つの心意技の重ね掛けに、《黒》の侵攻組はほぼ殲滅され、死亡マーカーから復活する事に、抹殺を繰り返してバーストポイントを全損させるつもりだ。

 周到な罠をからくも脱出したシルバー・クロウとライム・ベル。
 だが《白》の勢力が知らないイレギュラーが今回は参加していた。
 「隠し玉」のトリリード・テトラオキサイドと《四聖》大天使メタトロン。
 そして半径2kmの心意技効果範囲の中には最高難易度ダンジョン「芝公園地下迷宮(コントラリー・カセドラル)」があり、その最深部には《四聖》大天使メタトロン第一形態の本体である、《神獣級エネミー》ビーイング・メタトロンが存在していた。

                  アクセルワールド21

 《白》の二重三重の罠に苦戦する《黒》。
 ついに登場した《七星外装(セブン・アークス)》「《天権》 -ザ・ルミナリー」。
 《七連矮星》第三位 《怒りんぼ(グランビー)》ローズ・ミレディが護る謎のデュエルアバターの正体。
 そしてブラック・バイスの正体も判明しました。
 これで「白のレギオン編」は終わりですね。

 次巻予告は「ソードアート・オンライン 19」だが、これは未完の外伝7「月の揺りかご」のようだ。第5章開始ではないのね。
 まあ、空白の2百年の話は完結させて欲しいのでOKです。
 アクセル・ワールド21 -雪の妖精-

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1743-f81a3468