まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1695回  彷徨える艦隊11

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジャック・キャンベル 「彷徨える艦隊11 巡航戦艦レビヤタン」
The Lost Fleet:Beyond the Frontier:LEVIATHAN


 ジョン・ギアリーの戦闘経験を解析し、人工知能として搭載した無人の《黒い艦隊》。
 初戦は切り抜けたものの、自分相手にチェスをしているような戦闘に戸惑うギアリー元帥。
 100年に渡ったアライアンスーシンディック戦争が集結した今、誰がこのような新造艦隊を造ったのか。

 再び戦争の火種になりかねない《黒い艦隊》は、同盟艦隊本部からのワーム・プログラムで通常は感知されない。
 無人のため機動力と火力、防御力は、戦争末期の粗製濫造艦ばかりの同盟艦隊より数段上回る。
 敵の本拠地は何処にあるのか?

 ダンサー族が残した謎のメッセージ。
 いくつもの星系を巡って帰ってきた彼らの歪な球を描く航跡の中心には、ワープポイントがないため人類が到達できていない連星系があった。
 ギアリーたちが拿捕したベア=カウ族の巨大戦艦《インビンシブル》は何処へ運ばれたのか?
                   彷徨える艦隊 11

 戦力を大幅に上回り、戦うたびにギアリーの戦術に対応していく無人AI艦隊との死闘。
 蘇る巨大戦艦。
 「彷徨える艦隊」第2部は本巻で終わり、第3部はしばらく書かれないようです。
 代わりにアライアンスーシンディック戦争が始まった時代の三部作「The First Stars」が書かれるとのこと。

 「戦争が悲惨なもので良かった。そうでなければ人類は戦争が大好きになっていただろう。」と言った昔の司令官は誰だったのだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1698-dbe14849