まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1681回 エルフを狩るモノたち2 8巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

矢上 裕「エルフを狩るモノたち2」第8巻 
     Those Who Hunt Elves Two


                エルフを狩るモノたち2 8

 悪魔サキュバスのリリアをめぐって戦う二つのグループ。
 サキュバスの心臓を食べると不老不死になると言う「サキュバスを狩るモノ」たち。
 サキュバスを脱がしたため、生命吸収(エナジードレイン)された淳平と「エルフを狩るモノ」たち。
 よぼよぼの淳平に勝ち目はあるのか?
 前・中・後編となった「生命を吸い取るモノたち」

 魔法の帽子で7人に分身した淳平。
 それぞれ性格の違う淳平の世話をする律子だが、特に嫌ではなかった。(最初は)
 だが一週間もすると・・・
 「律子と7人の淳平」

 銅像に乗り移ったら出られなくなった「料理の女神」。
 あらゆる料理を作り出せるが、自分では食べることができない。
 カレーを知っているなら作ってみろと挑発した淳平は、カレーを作ってもらうと同時に鋳造の魔法をかけられてしまった。
 女神はそのカレーを食べられたら魔法は解けるというのだが?
 「ブロンズ製の苦悩」


 一個も呪文のかけらが見つからなかった8巻。(笑)
 アンハッピーエンドかと思った「生命を吸い取るモノたち」もラストで安心しました。
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1684-7913b845