まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1679回 軍師 黒田官兵衛伝 3巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「軍師 黒田官兵衛伝」3巻

 春に3巻が出ていたのね。知らなかった。

 天正十年三月。秀吉勢は毛利攻略に出陣。備前国岡山城から備中国毛利領「境目七城」を攻める。
 黒田家嫡男・黒田長政初陣。冠山城、宮路山城を落し、備中高松城を包囲した。
 水攻めによる備中高松城攻略のさなかに届いた「本能寺の変」の知らせ。
 毛利の増援五万と対峙する中、黒田官兵衛はこれを好機ととらえた。
 織田信長、信忠が死んだ以上、織田家はまとまりを失う。
 ここで主である秀吉に天下を取らせれば、閉ざされていた「日本一の軍師」の道が再び開かれる。

 備中高松城城主・清水宗治の自害により毛利との和睦は成立した。
 しかし、退却前に官兵衛にはまだやることが残っていた。
              軍師 黒田官兵衛伝 3

 本巻は「中国大返し」までで、「山崎の合戦」「賤ヶ岳の戦い」は次巻ですね。
 「小牧・長久手の戦い」はまだ先か。
 四国の長宗我部、九州の島津との戦いもあるな。
 黒田官兵衛っていつまで生きてたんだっけ?
 え? 「関ヶ原の戦い」以降まで?
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1682-7d050c7d