まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1653回 大宇宙を継ぐ者(42)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ペリー・ローダン

 Nr.1045~1048
 523巻「ロボット探偵シャーロック」
 In den Höhlen von Lokvorth/Terra im Schußfeld
 524巻「アトランの帰還」
 Sklaven der Superintelligenz/Atlans Rückkehr
 ロボット探偵シャーロック アトランの帰還

 異人キウープのヴィールス研究所がある惑星ロクヴォルトに到着したスリマヴォ、アラスカ=シェーデレーア、ジェイコブ・エルマーの3人。
 だが、キウープは姿を晦ましていた。そして研究所からは何者かが物資を盗んでいる。
 キウープの所在が判るかのように、ロクヴォルトのジャングルを進むスリマヴォとエルマー。
 アラスカは“シャーロック”と名付けられたロボット(den Roboter Sherlock)と盗難事件を調査する。

 キウープの秘密研究所に親友したスリマヴォは、エネルギーフィールドに包まれた《ヴィールス・インンペリウム》の断片を発見し、それを奪おうとする。
 キウープは阻止しようとするが、見る者に“黒い炎”を想像させるスリマヴォの不思議な力に太刀打ち出来ない。
 盗難物資のシュプールを追ってきたアラスカたちの目の前で、《ヴィールス・インンペリウム》の断片の中に消えていくスリマヴォ。

 キウープが単独行動を取っていたのは「ヴィシュナ成分(Vishna-Komponente)」の影響を極力減らすためだったのだが、資材の供給には研究所に協力者がいたはずだ。
 シャーロックが指摘した協力者の名前は?
 (なんでタイトルが「ロボット探偵シャーロック」なんだ。「ロクヴォルトの洞窟で」でいいじゃないか。)
 PR1045.jpg

  ハンザ商館(das HQ-Hanse)を狙った《時間転轍機(Die Zeitweiche)》は既に5基が発見された。
 《セト=アポフィス》が次に狙ったのは、太陽系から27光年しか離れていないヴェガ星系だった。
 現在のところ、《時間転轍機》への攻撃はすべて失敗している。
 ローダンとミュータント部隊は、直径1500mのネヴュラ級戦艦(die NEBULAR-Klasse Superschlachtschiffe )《ミルキーウェイ(MILKY WAY)》でヴェガ星系に向かう。
 設置実験中の《時間転轍機》にテレポートしたグッキーとラス・ツバイは、生命の痕跡の無い並行世界の地球の姿を見る。
 グッキーは《セト=アポフィス》の従属種族サウパン人(die Sawpanen)のひとりを捕虜として、《時間転轍機》の秘密を聞き出そうとする。
 PR1046.jpg

 《ミルキーウェイ》はポスビ世界に駐留するコズミック・バザール《ロストック》(den Kosmischen Basar ROSTOCK)に到着した。
 様々な形の鎧に身を包むサウパン人との意思疎通は、トランスレイターでもテレパシーでも不能であった。
 一方で《バジス》乗っ取りに失敗たイホ・トロトとブルーク・トーセンも、《セト=アポフィス》の指令で《ロストック》へ向かった。
 イホ・トロトの手には《バジス》に残してきたはずの黒い“手袋”がある。
 “手袋”の目的は捕虜になったサウパン人の抹殺だった。
 PR1047.jpg

 なんか、あんまり話が進んでいないな。
 Nr.1948 Atlans Rückkehrは次回に。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1656-f240114d