まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1647回 銀河帝国興亡史2

Posted by ヒッター7777 on   3 comments   0 trackback

Seldon Project (著), サイドランチ (編集), 久間月慧太郎 (イラスト), アイザック・アシモフ (原作)
「銀河帝国興亡史2 ファウンデーション」


 原作第1巻の第四部「貿易商人」、第五部「豪商」が本巻に収められている。

 第四部「貿易商人」
 伝説に残る貿易商人リマー・ポエニッツ。
 この時代、ファウンデーション周辺の国家は、科学技術の衰退により、ファウンデーションによる原子力施設の供与と宗教的コントロールを受けていた。
 これは「セルダン・プロジェクト」に予言されていたことである。
 その中で惑星国家アスコーンは原子力技術を受け入れない頑迷な国家であった。
 商人を装って原子力布教活動を行ったとして投獄された友をっ救出するため、リマーはアスコーンに乗り込む。
 
 第五部「豪商」
 アスコーンがファウンデーションに飲み込まれてから20年。宗教活動によって拡大してきたファウンデーション。
 だがまだ原子力技術を残しているらしいコレル共和国との接触は、ファウンデーションに新たなる敵が現れたことを意味する。
 そしてファウンデーション内部にも貿易商人の台頭による政治的権力闘争が起きていた。
 第2次セルダン危機をサルヴァー・ハーディンが解決してから75年。
 内と外に同時に驚異が訪れたのは、第3次セルダン危機の予兆なのか。
 コレル共和国に潜入した貿易商人ホバー・マロウは、そこで銀河帝国の残滓を見る。

 ファウンデーションは銀河の端に設置された。
 では銀河帝国が滅びてから1世紀半の間、帝国中枢部はどうなったのだろうか。
 マロウは一路、帝国へ向かう。
 科学技術による宗教的拡大が限界に来たファウンデーションの、次なる武器は?
               銀河帝国興亡史2

 うーん、面白い。ほとんど忘れているのでコミックで読み返せて楽しかった。
 これ、3巻は出るのかな?

関連記事
スポンサーサイト

Comment

本が好き!運営担当 says... "書評投稿サイト「本が好き!」のご案内"
突然のコメント、失礼いたします。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にも書評を投稿していただきたいと思いコメントいたしました。

本が好き!URL: http://www.honzuki.jp/

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

ご自身の書評サイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。(info@honzuki.jp)

どうぞよろしくお願いいたします。
2016.09.10 17:37 | URL | #- [edit]
ヒッター7777 says... "Re: 書評投稿サイト「本が好き!」のご案内"
拙い感想をだらだら書いているブログの閲覧、光栄に存じます。

「本が好き!」、機会を見つけて寄稿させていただきます。

ご紹介、ありがとうございました~
2016.09.11 03:24 | URL | #- [edit]
本が好き!運営担当 says... "Re:re: 書評投稿サイト「本が好き!」のご案内""
ヒッター7777様

ご返信いただき誠にありがとうございます。
本が好き!の和氣です。

ヒッター777様のご投稿を楽しみにお待ちしております。

今後とも本が好き!をどうぞよろしくお願いいたします。
2016.09.15 15:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1650-dd53839b