まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1632回 掟上今日子の家計簿

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 忘却探偵シリーズ7「掟上今日子の家計簿」

 今回は3巻、5巻と同じ「今日子さんと警部さん」ものですね。

 第一話 掟上今日子の誰がために(クイボノ)
 吹雪に閉ざされたペンションで起こった殺人事件。
 依頼を受けた今日子さんに与えられたタイムリミットは1時間。
 時給数万円のお仕事とは効率がいいですね~。しかも割増料金を請求するんですか? そこの交渉でさらに残り時間が・・・

 「クイボノ」って普通のミステリ好きでも、あまり知らないですよね。

 第二話 掟上今日子の叙述トリック
 まあ、これは説明しないほうがいいだろう。(笑)

 第三話 掟上今日子の心理実験
 「心理試験」というと江戸川乱歩の作品ですが、これはあれとは関係ないですね。
 これもいわゆる「叙述トリック」ですが、仕掛けが大げさ過ぎますな。(笑)

 第四話 掟上今日子の筆跡鑑定
 忘却探偵と仕事を共にする上での《二大タブー》なんてものが警察にはあったのですね。(笑)
 今日子さんは初っ端から敵意むき出しです。
 今回のタイムリミットも1時間です。
 まあ、ヒッターはあるアイテムを持っていないので、この謎は解けませんね。(笑)
                 掟上今日子の家計簿

 次巻は10月発売の「掟上今日子の旅行記」です。
 早すぎるんじゃね?

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1635-af978819