まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1591回 大宇宙を継ぐ者(39)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ペリー・ローダン

 Nr.1037~1041
 518巻「少女スフィンクス」後半「スプーディ船」
 Das Spoodie-Schiff
 519巻「クランの裏切り者」
 Gefangene der SOL/Der Verräter von Kran
 520巻「兄弟団の声」
 Die Stimme der Bruderschaft/Unheil über Kran
 521巻「水宮殿の賢人」
 DAS ORAKEL/Gefahr aus M19
 クランの裏切り者 兄弟団の声 水宮殿の賢人

 3人のベッチデ人マラガン、スカウティ、ファドンが乗り込むように指示された《スプーディ船(das Spoodie-Schiff)》。
 これがベッチデ人の祖先が乗っていた巨大宇宙船《SOL》なのだろうか?
 惑星クラントラップ(Kranenfalle)にあった難破船には、司令室にベッチデ人特有のバーロ痣のある死体があった。
 そして《スプーディ船》にはどう見てもベッチデ人にしか見えない乗員たちが乗っている。
 ついにこの宇宙船が《SOL》の一部で、乗員はソラナー(der Solaner)だと知らされたスカウティたち。
 船は老朽化しており、艦載インポトロニクス脳《セネカ》(die Hyperinpotronik SENECA)もよく誤動作を起こしている。 
 かつての《SOL》は二つの球形艦と中央本体の3隻で構成されていたが、やはり惑星クラントラップの難破船はその1艦だったようだ。
 中央本体部にはスプーディの採取チームがいるらしい。
 「兄弟団(der Bruderschaft)」の手でスプーディの四重保持者となったマラガンは、《セネカ》の制御を乗っ取りクランドル星系(das Krandhor-System)へ《SOL》を向かわせる。
 さらに姿を表したのは惑星キルクールの《山の老人》ドウク・ラングル(der Alte vom Berg, Douc Langur)だった。
 Nr1037.jpg

 マラガンに支配された《SOL》の中で、スカウティとファドンはスプーディの採取チームを探す。
 それはベッチデ人も持つバーロ痣(Buhrlo-Narbe)に全身を覆われたガラス人間、バーロ人(Die Buhrlos)であった。
 ソラナーから発生したバーロ人は真空の宇宙空間でも生存可能はガラス皮膚を持って生まれ、定期的に宇宙空間で負荷をかけないと命取りになる。
 《クランドホル公国》は《SOL》で採取される共生体スプーディに頼っており、その採取者であるバーロ人を人質にとったマラガンの精神失調はさらに悪化していく。
 マラガンに対抗すべくスカウティとファドンも《セネカ》と交渉すべく四重保持者となる決意をした。
 だが《セネカ》はマラガンがドウク・ラングルの出現で精神的混乱を起こした隙に、そのコントロール下を離れた。
 裏切った《セネカ》により数百体のスプーディ凝集体(dem Spoodiepulk)がマラガンに接続される。
 《セネカ》の下僕にされ、「兄弟団」のヒュプノ暗示下にあるマラガンを救ったのは、惑星クランで200年の間、水宮殿(dem Wasserpalast)に君臨する《賢人(DAS ORAKEL)》の声だった。
 Nr1039.jpg

 《賢人》は共生体スプーディを使ってクラン人文明を拡張政策に載せ、多くの種族を公国に組み入れてきた。
 だが《賢人》のクラン人へ助言はクラン人の利益が目的ではない。
 ヴェイクオスト銀河(Die Galaxie Vayquost)における《クランドホル公国》は、宇宙の巨大な二つの勢力の中立地帯となるように急速に発展させられてきた非常に危険なポジションにある。
 《秩序》の勢力(die Mächte der Ordnung )に属する超越知性体(der Superintelligenzen)〈Es〉と《混沌》の勢力(den Mächten des Chaos )に属する超越知性体〈ゼト=アポフィス〉の「力の球形体(Die Mächtigkeitsballung)」の衝突は、いままで局所的なものだったが、それが両陣営に属するすべての宇宙航行種族による全面対決に移行しようとしている。
 直径250万光年の〈Es〉の支配宙域と、5つの巨大銀河を含む〈ゼト=アポフィス〉の統治宙域。この両者の緩衝地帯《リンボ(Limbus)》にはヴェイクオスト銀河、エランテルノーレ銀河(Die Galaxie Erranternohre)、多数の小銀河がある。
 いま3人のベッチデ人は《賢人》の正体を知る。
 Nr1041.jpg


 まあ予想はついていましたが、まだ謎が残ってます。
 そのへんは後からまた判明するでしょう。
 521巻後半からは再びローダン側のターンですね。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1594-ae261bc7