まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1579回 大宇宙を継ぐ者(38)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

第39サイクル「時の彼方の国々 Die Jenzeitigen Lande 」 2800-2874巻

 2833巻から2842巻までをまとめる。

 紀元前2010万3191年。ペリー・ローダンはラール人抵抗組織のSVE艦《ラルハトーン(dem Raumschiff VERNYS-VERC / LARHATOON)》を追ってノウラルハトーン(Noularhatoon)銀河までやってきた。
 この時代の原ラール人(Ur-Laren )は《公会議》に所属しておらずSVE艦は持っていない。そしてティウフォル人(Die Tiuphoren)の侵略を受けるのがローダンたちの歴史であった。
 原ラール人にSVE艦建造の技術情報を渡して大きな時間改変を見過ごすことはできないが、原ラール人が滅ぼされるのを放っておくわけにもいかない。
 ここで原ラール人が滅んだら未来の銀河系への《公会議》侵攻がなくなり、人類の歴史の変わってしまう。
 《ラス=ツバイ》と《ラルハトーン》は再び銀河系へ取って返し、《法典》同盟の技術〈紫深(Die Purpur-Teufe)〉のブイ(die Purpur-Bojen)6基積んで戻ってきます。
 だが2100万光年の距離を往復する旅の間にティウフォル人の攻撃は原ラール人の首惑星ノウラルにも及び、残っているのはブラックホール《トオラジャ》(des Schwarzen Loches Toorasha)を周回する研究ステーション《ヴィアスヴァアト》(ForschungsstationVIASVAAT)の2万人の研究者と残存艦隊のみ。
 迫り来るティウフォル人の要塞艦艦隊。
 ローダンの《ラス=ツバイ》は「アーゲンフェルトの雷( des Aagenfelt-Blitzes)」で応戦するが、〈紫深ブイ〉にエネルギー供給をしていた《ラルハトーン》の方が持たなくなった。
 ブラックホールから勝手にハイパーエネルギーを吸おうとした〈紫深ブイ〉は次元トンネル(Purpur-Tunnel)を開く。
 次々に現れる要塞艦艦隊を支えきれす、《ラス=ツバイ》と研究ステーション《ヴィアスヴァアト》は次元トンネルに飛び込む。
 彼らが現れたのは紀元前9万9781年(99.781 v. Chr.)の世界だった。
 ここから新ラール人の歴史が始まる、
 Nr2836.jpg
 2836巻「Die Zeitrevolution(時間革命)」でなんとかパラドックスを起こさないようにまとめたようですが、《ラルハトーン》の運命はどうなったのであろうか。


 新銀河暦1518年5月。かつて《公会議》の第一ヘトランだった超重族レティクロンの意識が宿ったPEW金属の柱に生じた異常。
 《アトピック法廷》の過去にある銀河系と、現在の銀河系の時空が変わり始めている《ディス=クロン・ドリフト(der dys-chronen Drift)》と言われる現象。
 そして、銀河系の暗黒惑星メデューサでハイパー氷(Hypereis)に包まれた《ラス=ツバイ》が発見された。
 〈時割れ(Zeitriss)〉は暗黒惑星メデューサに引き寄せられるように近づいてくる。
 《ラス=ツバイ》は別の時間線(einer anderen Zeitlinie)もしくは異なる時間(einer anderen Art von Zeit)に接触したと推測される。
 自由テラナー同盟(LFT)とオンリョン人艦隊は協力して《ラス=ツバイ》を救出しようとするが、まったく歯が立たない。
 一方で〈時割れ〉から侵攻してきたティウフォル人の要塞艦艦隊に、新兵器《エクストラクター(Der Extraktor)》が投入され、成果を上げ始めていた。
 Nr2838.jpg

 アトランの操縦する裁判官船《アトランク》の船内時計、新銀河暦2271年1月9日。
 アトランは「時の彼方の国(Die Jenzeitigen Lande)」を取り巻く「嵐の国(das Sturmland)」に到達した。
 《アトランク》で進めるのはここまでで、あとは自力で進むしかないようだ。
 アトランが出会ったアイヴ(Aiv)という女性は《天秤を持つ者(Waaghalter)》の一員であり、数世紀もの間100の種族からなり、500の銀河を支配する《メンタル型コンソーシアム(Konsortium der Mentalen Schablonen)》 と「罪領域(die Transgressionszone)」で戦い続けているという。
 アトランを《天秤を持つ者》の勢力に引き入れ、《アトランク》を奪取しようとするアイヴ。
 だが、テズ(Thez)の介入によりアトランは解放され、ジュリアン・ティフラーと再会する。
 Nr2841.jpg

 ひい、読むの大変だよ。時間が錯綜していてるし、なんか《ラス=ツバイ》が紀元前9万9781年から出発して、なんでハイパー氷に埋まったのかは、これから話してくれるんだろうな。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1582-a4f33ab5