まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1546回 深紅の碑文(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上田早夕里「深紅の碑文(下)」The Ocean Chronicles Ⅱ

 前作「華竜の宮」で語られなかった空白の40年。

 第三部
 承前

 ストーリーメモは結構長くなりましたので割愛します。(笑)
 下巻の終盤では青澄さんは70歳を越えています。
 彼の〈アシスタント知性体〉マキのコピーを乗せたアキーリ号が、25光年先の惑星へ200年かかる旅に出発する場面をベッドの上から見送ります。
 青澄誠司、星野ユイ、鴻野マリエ、アルビィ・グラント、アニス司祭、ザフィールらが選んだ道は所々で交わり、そして離れていきました。
 青澄はついに第二次プルーム上昇の災害を見ることなく逝きましたが、彼の残した計画が、今後どのように展開していくのか、続きを書かれるのを待ちたいですね。

 巻末の解説では《The Ocean Chronicles》シリーズの長編は「華竜の宮」と本作で終わるようで、予定としては
 ・宇宙船アキーリ号が到達した〈惑星マイーシャ〉での〈アシスタント知性体〉たちの物語。
 ・〈大異変〉を生き延びた人類と、深海型改造種ルーシィたちの物語。
 ・時代を遡って〈魚舟〉開発の物語や登場人物たちのサブ・エピソードなどの短編。
 ・《プルームの冬》の時代の物語。

 を中短編の連作で紡いでいくようです。
 楽しみに待っています。
                  深紅の碑文 下

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1549-96026c8d