まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1536回 アルスラーン戦記 15

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹 アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

              アルスラーン戦記 15

 ええええ!? いきなり重大な事実が判明!
 前パルス王アンドラゴラス三世と王妃タハミーネの間に生まれ、アルスラーンと入れ替えられた王女の行方が!
 やはりこの人でしたか。なんとなく、そうではないかと思ってましたが。
 (でも、まだどんでん返しがありそうな?)

 パルス国の西方のミスル国を掌握したテュニブを篭絡し、水軍5万がパルス国の港町ギランを目指し、10万の軍が動き出す。

 ミスル国で失脚したヒルメスは、再び、ルシタニア人ギスカールの治めるマルヤム国へ潜入する。
 ギスカールを焚きつけたヒルメスは、ルシタニア・マルヤム軍15万を動かし、東のパルス国へ侵攻を開始する。

 北方のチュルク国ではパルス前王アンドラゴラス三世の遺体に宿り、蛇王ザッハークが復活。
 5万の騎兵がパルス国に迫る。
 国内ではデマヴァント山が噴火し、四方からの包囲攻撃にアルスラーンも絶体絶命に・・

 いや~、弓矢で戦車を破壊するファランギースさんは、どこぞのジェノサイド・アーチャーですか?(笑) 

 あああ、アルスラーンの《十六翼将》も残り十人。
 まさかあのふたりが退場するとは、田中先生、非道すぎます。
 読んでて涙が出ました。
 
 次が最終巻ですが、まだ減るんでしょうか?
 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1539-85a27660