まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1529回 血涙(上)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

北方謙三「血涙 新・楊家将(上)」

                血涙 上
 宋遼戦争から二年。
 宋へ戻ってきたのは六郎延昭と七郎延嗣だけだった。三万を有した楊家軍も一割ほどに減っていた。
 父・楊業が自ら鍛えた「吹毛剣」を携え、楊家総領となった六郎と七郎は、楊家軍を裏切った宋という国への不信を抱きながら、九妹瑛花を加えて楊家軍再建を目指す。

 宋遼戦争の戦いのさなか、「白き狼」耶律休哥に敗れた四郎延朗は負傷した際に記憶を失っていた。
 しかし、その才能を認めた耶律休哥に石幻果という名を与えられ、遼王の伯母である瓊峨姫を娶るほどの軍功を上げた。
 遼国の蕭太后は孫に蕭英材の名を与える。

 宿命の楊家の兄弟たちの闘いが始まる。
 血涙 地図

 ほほう、こうなってくるのですね。
 前作「楊家将」の最後で楊延朗の行方が気になっていたのですが、この辺は京劇「四郎探母」というのがベースとして取り入れられているようです。
 このまま後編を読んでいこう。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1532-ba076beb