まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1528回 ログ・ホライズン(17)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON
 Ep11 クラスティ;タイクーン・ロード

       ログホラ メガネ
 画像に意味はありません。(笑)
 ネタバレあらすじです。

 〈狼君山〉の魔物の出没する長い迷宮〈天狼洞〉を抜けた先にある雲の上の仙郷〈白桃廟〉。
 クラスティは中国サーバで〈天狼洞〉を攻略中だった《冒険者》朱垣(ジュホワン) に《古来種》の〈仙君〉に間違えられて運び込まれた。ちなみに《冒険者》のレベル90の壁が解放されているのはヤマトサーバーしかない。
 〈魂冥呪〉と呼ばれるバッドステータスにより《冒険者》としてのHP自然回復は停止し、回復呪文、アイテムなどの手段よるHPの回復も不可能。最大HPは最大時の半分のままだ。
 念話も使えず、記憶もいくらか失われている。
 〈天狼洞〉はレベル80~90の《冒険者》が4~6人のパーティで通り抜けられる設定で、クラスティはこの山から単独で降りることはできない。

 〈列柱遺跡トーンズグレイブ〉での戦いから3ヶ月後。
 カナミ、レオナルド、エリアス、コッペリア、春翠(チュンルウ)の一行はヤマトサーバーを目指していたが、途中で〈仙女〉葉蓮から依頼を受ける。
 仙郷〈白桃廟〉が魔人に占拠されたので助けて欲しいというものだった。
 依頼を受けた一行を阻んだのは迷宮〈天狼洞〉の入口の青銅の大扉。レベル80~90の《冒険者》が4~6人という設定の攻略ダンジョンに、レベル100の《古来種》のエリアスは弾かれたのだ。
 お留守番に残されたエリアスの前に、再び〈仙女〉葉蓮が現れる。〈天狼洞〉が通れないなら山肌を登っていくしかない。
 通常の《大地人》には不可能だが、《古来種》のエリアスになら可能だ。
 そして、同じ考えで山を下ってきたクラスティと、登っていくエリアスの遭遇戦が勃発する。
 悪魔のような笑みを浮かべ、戦闘に歓喜するクラスティと、強敵《藍鋼の魔人》を〈典災(ジーニアス)〉と思い込んでいるエリアスの激闘は山肌を削り、〈天狼洞〉を崩壊させる。
      クラスティ02
 気絶から目覚めたクラスティの前にいたのは、かつてスペシャリスト集団「放蕩者の茶会(ディボーチェリ・ティーパーティ)」を率いた伝説の女傑〈七陸走破(ツーリスト・オブ・セブンコンチネント)〉の異名を持つカナミだった。
 エリアスを精神支配してカナミ、クラスティたちを抹殺しようとする〈仙女〉葉蓮に狙いはなんなのか。
 クラスティが目覚めてからずっと寄り添っていた〈犬狼〉の求問(グモン)、〈守護戦士〉クラスティ、〈武闘家〉カナミVS〈十二人戦闘(ハーフ・レイド)級〉モンスターの鵺(ヌエ)、〈仙女〉葉蓮、〈刀剣術師〉エリアスの3対3の戦いが始まる。

 〈仙女〉葉蓮=〈治癒の典災〉パプスとの激闘の中で、自らの記憶の一部をMPエネルギーに変換する口伝〈追憶の断裁(ムネモシュネー・タブー)〉を使用するクラスティ。
 だが目覚めてからずっと寄り添っていた〈犬狼〉の求問がその命を散らす。求問が消えたあとに残されたのは、〈D.D.D〉の制服の一部に包まれたまま、肩先に近い場所から切り落とされたほっそりした指先を持つ女性の腕だ。
 クラスティは思う。あれは     の腕だ。

 レベル150の〈魔女の典災〉ブカフィ。それが〈仙女〉西王母の正体。
 クラスティに〈魂冥呪〉と呼ばれる呪いを与えたもの。
 〈災厄(カラミティ・ハーツ)〉の暴走に巻き込まれたクラスティは《崑崙》に飛ばされ、西王母に隷属を求められたが断り、呪いを受けて放逐された。
 だが、今、クラスティはかつてシロエが従軍天幕の中で説明した〈契約術式〉と呼んだ技術を思い出していた。「呪い」とは一種の契約である。プカフィとの契約はそのレベル差のMPによってクラスティ側の不利な条件となった。
 それならばレベル150の西王母と同じだけのMP(エンパシオム)を持てば、対等の条件に持ち込める。
 そしてクラスティの幻想級両手斧〈鮮血の魔人斧(デモンアックス)〉は現存する装備では最大級の威力とHP吸収能力を備えている。
 クラスティが”呪いの契約”に追加条項を加えていき、〈治癒の典災〉パプスを撃破した時、カナミたちの戦闘も終了していた。
      クラスティ01

 と、まあ大雑把なまとめでした。レオナルドvsエリアスの激闘もすごかったです。
 レイネシアと一緒に社交界デビューした二人は既に婚約者が! お姫様は一人だけおいてけぼりを食ってしまいました。
 クラスティの本名が鴻池晴明ということが判明しました。名家の妾腹の子で、エール大学卒の優秀ながらも肩身が狭い放蕩者(ボヘミアン)。
 《崑崙》はやはり月にあるようですね。クラスティは月に飛ばされたんじゃないかというヒッターの予想は当たっていました。(笑)
 この後、カナミたちは「電視台」でヤマトサーバーのシロエたちとの通信の場面へ移っていきます。

 このつづきはEp「コッペリア;ティアード・アイランド」になるようで、次はシロエたちのターンのEp12「円卓崩壊」である。
 すごいタイトルだな。楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1531-4546c7c8