まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1471回 探偵の鑑定Ⅰ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「探偵の鑑定Ⅰ」 Detective versus Appraiser PART1

 鑑定業を再開した《万能鑑定士》凜田莉子のもとへ持ち込まれた詐欺被害者たちの証拠品。
 同じくスマ・リサーチを含む複数の探偵事務所にも、犯人の特定依頼があった。
 いままで莉子は警察に協力しているが、それは探偵業法にぎりぎり抵触するかどうかの微妙な協力方法だった。民事専門の探偵の枠を超えて、刑事事件にまで手を出している。
 しかも、捜査ではなく友人の雑誌記者の取材という「隠れ蓑」をまとっている。
 かくしてスマ・リサーチの対探偵課に、凜田莉子への内定が行われることになる。

 だが、尾行中に命を狙われた莉子を、玲奈と琴葉は救ってしまう。
 謎の女詐欺師の容貌に、なにか見覚えのある須磨社長。
 合法、非合法に明るい社長の過去には何があったのか。
                 探偵の鑑定1

 角川文庫のシリーズと講談社文庫のコンボですか。
 ついに莉子を襲う悲劇。
 両シリーズの完結編は「探偵の鑑定Ⅱ」を待て!
 というところで前編が終わりです。
 どうせなら2冊一緒に出してくれよ!
 小笠原記者もここが人生の岐路のようです。

 来月が待ち遠しいのでAmazonに予約注文をいれておきました。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1474-7fc70897