まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1445回 GATE(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

柳内たくみ 「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
  外伝+.特地迷宮攻略編

           ゲート 外伝+

 さて、これで現在発売されている書籍版は最後となる。
 
 特地迷宮攻略編
 これはもうWEB版でコミカライズが終了してしまった。
 第3部「動乱編」の学都ロンデルへの道行中の話なので突っ込んだのだろう。
 ヤオの“疫病神”スキル全開である。(笑)

 栗林志乃 特地にて、斯く戦えり編
 アマゾネス栗林二等陸佐が特地深部情報偵察隊への配属命令を受けるところから始まる。
 ハーツ&マインズを含む作戦といえな合衆国陸軍特殊部隊群グリーンベレーのように、かなりエリートの配属される部隊である。
 かねてから「特戦群」転属希望を出していたが、女性だという理由で叶わなかったが、この機会を逃す手はない。
 
 しかし“門(ゲート)”をくぐって陣地設営中であった基地で、曲がり角でぶつかった30過ぎの大量の猥褻な薄い本を持った男が上司になる「二重橋の英雄」とは夢にも思わなかった。(笑)

 黒川さん、趣味は注射だったんですか?

 帝国の薔薇騎士団 グレイ・コ・アルド編
 名前はグレイ、家名はアルド。“コ”は主君に終生忠誠を誓ったというコモドー神の頭名である。
 農家の三男坊として食うために帝国軍兵士となったグレイは、20年後、ひょんな手柄から帝国騎士に推挙されてしまった。
 馴染めない宮廷儀礼に辟易していたグレイは、推挙した貴族からビニャ・コ・ラーダ皇女(12歳)を紹介される。
 軍事教練を所望された皇女殿下の説得に失敗したグレイは、姫殿下が絶対に引き受けられない条件を突きつけ、この話をぶち壊そうとするのだが?

 
 原作WEB版には書籍にできない外伝もあったのだが、「帝国の薔薇騎士団編」は面白かった。
 コミックで「ゲート 帝国の薔薇騎士団ピニャ・コ・ラーダ14歳」というのが出ているが、買ってみるかな?
 なにやらグレイが薔薇騎士団創設でハゲる話らしい。(笑) 「かみよ、さらば」の部分が詳しく描かれているのだろうか。
 ついでながら文庫版の外伝4も買ってしまった。コレクターの性である。
  
  ゲート 外伝4 上 ゲート 外伝4 下

 

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1448-2d7da9d5