まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1444回 【θ/シータ】 11番ホームの妖精 2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

籘真千歳 「【θ/シータ】 11番ホームの妖精 アクアリウムの人魚たち」
           A FEARY AT 11TH PLATHOME OF TOKYO STATION Vol.2

           θ 11番ホームの妖精 2

 Ticket04:本と機雷とコンピューターの流儀
 峨東流派第7世代人工知能《アリス》のシステム・バージョンアップ中を狙った飽和サイバー攻撃。
 果たして《アリス》に喧嘩を売ったのは誰なのか?
 T・Bの疑問に対して《アリス》が明かした秘密とは。

 落ち込む人工知能って見てみたいですよね(笑)
 やられたらやり返すという「流儀」について学んだ《アリス》さんでした。

 Ticket05:ツバクラメと幸せの王子様と夏の扉
 ほう、11番ホームの《アリス》さんの型式番号は“Alice2-077B”。
 2077年設計Lキャロル型アリス・シリーズ第7世代人工知能、二式後期改良乙型。
 個体識別名「断罪斧(アックスコード)」さんでしたか。

 今回、11番ホームに訪れた災厄の正体。
 “Alice-007A”。2077年設計Lキャロル型アリス・シリーズ第7世代人工知能、量産型一式甲型。個体識別名「夢紡ぎ(ドリームペインター)」。
 ローカルネットワーク・ハブを介して創造された「夢紡ぎ(ドリームペインター)」の仮想空間『水槽世界(アクアリウム)』にはある秘密があった。
 外部との完全オフラインで運用されたため、21世紀の「情報セキュリティ危機」の影響を受けなかった一式《アリス》の『水槽世界(アクアリウム)』で行われていた研究。
 22世紀に入って完成した高性能な新型人工知能にもできなかったシミュレートを成し遂げた一式《アリス》を狙って、またもや11番ホームに危機が訪れる。


 いよいよ《スワロウテイル》シリーズとの関わり合いが深くなってきましたね~
 さて、本書で言及された“正体の無い怪物(ジャバウォック)”とは如何なる存在なのか。
 T・Bと義経の《元御霊》とはなんなのか。
 『コガ写本』に記された《プロジェクト・シータ》の三種の神器。
 1024の鏡状門を支配する東の《鏡》の妖精・Tinker Bell/紡防躑躅子。
 拡張された1025から1028までも支配する西の《鏡》・多々良美波。
 西の《剣》・スーパーカミオカンデ集中ターミナル駅の管理人工知能《アリス・ソードコード》。
 Ticket04でその能力を発揮した11番ホームの管理人工知能《アリス・アックスコード》。
 Ticket03で発見された《勾玉》・電脳妖精(ロ-レライ)鍔目十三月。
 この後の展開に興味津々です。
 次巻はあまり待たせないで欲しいものです。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1447-5b52e9ee