まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1432回 吸血鬼ハンターD(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 菊地秀行 「吸血鬼ハンターD」シリーズ

 シリーズ30.D-美兇人

 “D”が死に逝く貴族の領主から受けた依頼は、領民へ暴虐を尽くす長男と擬似貴族となったその一党の抹殺。
 同行するのは父である領主を斃した長女ジェストだった。
 《神祖》によって陽光の下を歩けるようなり、流れ水の中でも、血を吸わなくても活動できる吸血鬼ジェスト。
 可能性はすべて成功例に成りうるのか?

 《御神祖》様はあちこちでいろんな研究を続行中のようです。
 しかし、風邪をひかなくても済む身体になれるのなら、ヒッターも血を吸ってもらいたいものだ。
 どうせ夜行性だし、昼間は石の柩で眠ってますよ。

 本作中で触れたものに、吸血鬼の弱点のひとつが人間への記憶操作で封印されているのですね。
 そういえば今までのシリーズ中に出てこなかったような気がする。
 30作目でしたが、まだまだ続くんだろうな~

                D-美兇人

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1435-5ab2ddac