まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1411回 レベレーション

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山岸凉子「レベレーション ー啓示-」1巻

 イギリスとフランスの百年戦争に終止符を打った「オルレアンの乙女」ジャンヌ・ダルク。
 彼女はいかに神の啓示を受け、フランスのために立ち上がったのか。

 ヒッターは西欧史ものが好きですが、この「百年戦争」というのがものすごく家系が入り乱れていてめんどくさくて、よく覚えられない。
 概略だけ知っているという感じで、このあとのイギリスの「薔薇戦争」の方に興味が行っていました。
 ざっとおさらいをしようかと資料を探したが、良い物が見つからなかったのでそのまま本書を読み進めるしかないか。
 まだ世間というものを知らない農家の娘が、男社会の軍隊で信奉を得ていくのか。
 ジャンヌ・ダルクものの作品は多いが、山岸凉子さんがいかにこの素材を使っていくかに興味があります。

                 レベレーション 1

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1414-1d437fcc