まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1378回 バビロンⅠ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

野崎まど 「バビロン Ⅰ -女-」

 《大バビロン。淫婦と地上と悪事の母》

 東京地検特捜部による糖尿病治療薬『アグラス』の「研究不正と虚偽誇大広告による詐欺事件」の強制捜査に端を発する事件。
 不可解な死に方をした医科大助教授。
 「第二東京」となるべく新設された一大都市圏”新域”の最初の選挙が行われようとしている中、最有力候補の個人秘書を追う検察官。
 裏の選挙活動に関わっていると思われる3人の女。
 東京都西部と神奈川県北部に東京23区と同等の面積で作られた、新たなる都(バビロン)の《空中庭園の王(ギルガメシュ)》誕生に関わる陰謀。
                 バビロン Ⅰ

 今までの野崎まど作品と一線を画する小説ですな。
 こういう社会派サスペンスものも面白い。
 第1巻ということで次巻が楽しみである。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1381-a0edb58d