まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1374回 見知らぬ海へ

Posted by ヒッター7777 on   5 comments   0 trackback

隆慶一郎 「見知らぬ海へ」

 隆慶一郎の作品で最後に文庫化されたものだ。

 天正七年(1579年)9月19日。
 ひとりの若者が城を抜け出し、濃霧の中、沖合で釣りをしていた。
 この日、向井一族の守る、駿河と東遠州を望む持舟城は徳川軍の猛攻を受け燃え落ちた。

 釣りをしていたため一族を失いながらも生き延びてしまった向井正綱は、23歳にして武田水軍の一角を担う向井水軍の長となる。
 「魚釣り侍」と揶揄され、残った一族は母と姉とふたりの甥だけ。
 郎党で生き延びたのは海坊主と異名をとる野尻久兵衛と100名の水夫たち。そして5艘の関船であった。

 北条は武田との同盟を反故にし、織田・徳川と結んで包囲網を敷いている。
 武田勝頼は北条水軍に手を焼き、清水湊の武田水軍のの出陣を命ずるがすぐには誰も動こうとしなかった。
 清水湊の海賊戦力は 
 旧・今川水軍の海賊奉行小浜景隆 40丁櫓安宅船(戦艦)1隻、関船(巡洋艦)15隻
 旧・北条水軍船大将 間宮兄弟 関船15隻
 向井水軍大将 向井正綱 関船5隻
 伊丹大隅守 関船5隻
 岡部忠兵衛の遺児が率いる関船5隻

 対する北条水軍は
 50丁櫓の安宅船(戦艦)10隻、関船(巡洋艦)50余隻、小早(駆逐艦)10余隻。

 とても勝ち目がないと判断した武田水軍の海賊たちは動かなかったが、ひとり、向井正綱は50人のいくさ人を雇い、たった5艘の関船で夜襲をかけた。
 
 駿河沖海戦を経て一族の仇である徳川家にスカウトされた若き海賊奉行・向井正綱。
 北条包囲網、関白・秀吉の朝鮮進出、ウィリアム・アダムスの邂逅までが書かれています。
 隆慶一郎氏が存命ならば、この続きはきっと書かれていたでしょうね。すごく残念です。

 原哲夫さんの「いくさの子」に大きく影響を与えているのは間違いないと確信しますねえ。
 海坊主・野尻久兵衛というキャラは「花の慶次」の岩兵衛の元ネタのようです。
               見知らぬ海へ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

an says... ""
つい先ほど、この本を読み終わったばかりです(u_u)〜最後、ウィリアム アダムスと徳川家康は〜云々で…唐突に終わった感があったので、最後の作品であったと言う記事を読んで、なるほどと納得しました(u_u)〜残念です。
2016.01.10 17:11 | URL | #- [edit]
ヒッター7777 says... "Re: タイトルなし"
ご訪問、ありがとうございます(^^

ちょっと訂正すると、文庫化された最後の作品ですね。
最後の作品は新潮文庫「死ぬことと見つけたり」上・下巻になります。

隆慶一郎さんはデビューが遅かったので、多くの作品は残されませんでしたが、どれも非常に濃い内容の小説を私たちに残してくれました。
私もまだ半分くらいしか読んでいません。
これからも少しずつ読んだものをレビューしていくつもりです。

コメントを頂いたので、次は買い置きの山に眠っている「花と火の帝」にチャレンジしたいと思います(^^)
2016.01.10 19:48 | URL | #- [edit]
an says... ""
なるほど〜最後の文庫本でしたか(u_u)〜「見知らぬ海へ」が大変面白かったので、一昨日と昨日で「捨て童子」をKindle版で一気に読んでしまいました( ^ ^ )/□徳川家康の第六男、忠耀のお話でした。
2016.01.12 09:09 | URL | #- [edit]
ヒッター7777 says... "Re: タイトルなし"
「捨て童子・松平忠輝」ですな!

私が読んだのは
一夢庵風流記
鬼麿斬人剣
影武者 徳川家康
捨て童子・松平忠輝
吉原御免状
かくれさと苦界行
死ぬことと見つけたり
柳生刺客状
柳生非情剣
見知らぬ海へ
の順で、現在「花と火の帝」を読む準備をしています。

隆慶一郎氏の死去により、なるべく完結しているものをと思って読んできました。
「花と火の帝」はどうやら「見知らぬ海へ」のように未完的な作品ということで保留してきましたが、この機会に読んでしまおうと思います。

時代小説では去年読んだ「光國伝」「天地明察」が秀逸でしたねえ。
2016.01.12 09:35 | URL | #- [edit]
an says... ""
わあ(u_u)〜みんな読んでいらっしゃるんですね。私は時代小説と言うと司馬遼太郎が好きなので、繰り返し読んでいたため〜織田信長や斎藤道三が好きで、徳川家康や武田信玄は嫌いな武将だったのです。ところが、たまたま買っておいた「武田信玄」を読んで、今度はすっかり武田信玄ファンになりまして(u_u)〜単純ですね(笑)そして、最強と言われた武田軍団が、なぜ?あんなに今川家や北条家と同盟を結ばないといけなかったのか?不思議でならなかったのです。今回、この「見知らぬ海へ」を読んで、陸上だけでなく海上から戦況も変わるし、軍団の配置や何もかもが、全然違う意味で見えた気持ちになりました。
また、「捨て童子」で、今まで不明だった〜大阪城陥落までの紆余曲折も少しわかってきたように思われます(u_u)
江戸時代も、徳川家康が嫌いだったため、よく知らないので、オススメの「光圀伝」を読んでみます( ^ ^ )/□〜楽しみです〜( ^ ^ )/□ありがとうございます💕
2016.01.12 10:48 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1377-889fd410