まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1341回 大宇宙を継ぐ者(29)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

第39サイクル「時の彼方の国々 Die Jenzeitigen Lande 」 2800-2899巻
新銀河歴1515年―

 http://www.perrypedia.proc.org/wiki/Die_Jenzeitigen_Lande_%28Zyklus%29

 序盤の2800巻~2815巻までをまとめる。

 極秘作戦「ウルティマ・マルゴ(最後の境界)」。
 新銀河暦1515年11月17日、ローダンたちは裁判官船《アトランク》で〈導体〉=《コスモグローブ》への突入した。
 この時代で唯一の〈時間転移ドライバー Trans-Chronalen Treiber〉を備えた《アトランク》は、一度、《物質の泉》の彼岸へ渡った者にしか操縦できない。
 スーパーノヴァ級万能空母《ラス・ツバイ》を格納した《アトランク》は〈共時性の通路 durch die Synchronie〉を抜けて「時の彼方の国々」を目指す。
 だが、ペリー・ローダンとアトランに同行した、ペリーの孫娘ファリエ・セフェロア、ハルト人アヴァン・タクロル、ネズミビーバーのグッキー、ラルハトーン銀河のラール人たち一行は、〈共時性の通路〉の裂け目〈時割れ Zeitriss〉から紀元前2010万3191年の時点に出てしまう。
 超知性体アルケティムが銀河系を救ったのは紀元前2006万4820年のこと。ローダンたちにとって、この時代は未知のものだ。
 どうやら「七種族の公会議」を叩き潰したテラナーの存在を抹消すべく、時間改変をもくろんだラール人抵抗勢力のテロ行為により〈共時性の通路〉から弾き出されたらしい。
 この時代、銀河系ではティウフォル人(Tiuphorenwacht)の侵略艦隊と、それに対抗する銀河系種族同盟〈法典 Kodex〉との闘いが起きていた。そして謎の存在〈時代の守護者 Hüter der Zeiten〉。第1文明期のラール人はソル太陽系で〈時代の守護者〉の養成を行っていた。
 焦点となったのは2010万年前のソル太陽系第5惑星ツォイトの《PEW金属》である。
    nr2800.jpg
 
 現在時間でも《アトランク》の引き起こした〈時割れ〉は銀河系平面からM13球状星団まで影響を及ぼしていた。
 ただでさえ《アトピック法廷》の出現やテフローダー国家〈新タマニウム〉の台頭で混乱している中に、ティウフォル人艦隊が〈時割れ〉から出現したのである。
 この本来の歴史にはない事件は《アトピック法廷》を狼狽させた。《アトプ》の裁判官マタン・アダル・ジャバリムはジュリアン・ティフラーを〈時の彼方の国〉へ派遣する。
 Nr1808.jpg

 新銀河暦2577年11月。元は星系アルコンだった〈導体〉=《コスモグローブ》のあった場所に設置された〈時間封鎖帯  Chronohermetische Intervall〉。
 ここに《アトランク》の発見のため超空間に仕掛けられたネットに反応があった。そして約1千年ぶりに裁判官船《アトランク》が〈導体〉から出現する。
 この時代の銀河を支配しているのはレムール人の子孫テラナーやテフローダーの諸種族が建設した新星間国家《タマニウム》。その頂点に君臨するのは《アトプ》の裁判官マタン・アダル・ジャバリム。
 銀河中から追われるアトランと《アトランク》は核爆弾で廃墟と化した旧都テラニアの「ローダンの霊廟」を訪れる。
 
 そう、これは可能性の未来。
 2010万年前から《ラス=ツバイ》で帰還したローダンは、新銀河暦1542年12月14日にアルコン帝国皇帝ボスティク1世のロボット艦隊に襲撃され、ローダンは死んだ。
 ボスティク1世もその後処刑された。
 レジナルド・ブルはラール人艦隊を引きいて銀河系に侵攻したが、反乱者として処刑。
 グッキーは自ら指導者マタンと融合。
 「超越知性体 Es」は放浪惑星《ワンダラー》ごと消滅。
 ホーマー・G・アダムズはテラニア破壊時に死亡。
 ロワ・ダントンは《ソル》と共に行方不明。
 ハルト種族は疫病で95人しか生き残っていない。イホ=トロトも犠牲になった。
 ジュリアン・ティフラーは〈時の彼方の国〉へ行ったまま帰ってきていない。

 アトランと《アトランク》は二人目の裁判官ヴェイルダンディの裁判官船《ツァイトヴァイデ》と共に、ローダン暗殺阻止のため、〈導体〉に改造された金星から〈共時性の通路〉へ飛び込む。
 Nr2814.jpg


 うーむ、3つの時代での話が錯綜していくなあ。
 少なくとも4つの勢力が自分たちが有利になるように時間改変を行っている、まだこのサイクルの序盤だが、どうなるのだろうか?


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1344-eb069f77