まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1338回 推理小説

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

秦 建日子 刑事 雪平夏見シリーズ「推理小説」

 普段、TVドラマなど見ないヒッターが友人の勧めでDVDを見たのはもう7~8年前になる、
 その後、映画化などされたやつは見ていないが、気になって原作本を3冊ほど買ったのだが、いつものように買い置きの山に埋まっていた。
 奥付を見ると2011年ものらしい(笑)
 何か最終章がどうのと本屋さんで宣伝しているので、読んでみようかと掘り出す。

 雪平夏見(女)、30代後半、大酒飲み、バツイチ、娘あり、ゴミ部屋に住み酔うと全裸で寝ている。警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査四係主任 警部補、検挙率No.1。無駄に美人。

 ふたりの犠牲者を出した殺人現場に落ちていた1枚の栞。それに書かれていたのは
 「アンフェアなのはだれか」

 続いて起こる殺人事件は、ある小説の内容に沿って行われていた。
 雪平とペアを組まされた安藤刑事 は「予告型殺人事件」を追う。

 
 うむ、これはDVDで何話かに分けて放映された内容と同じなんだな。
 記憶があやふやだが、多少脚色されて作られていたはずだ。
 どうも主人公に感情移入しにくい。なぜだろう?
 先にドラマ版を見てしまったからだろうか。
 あと2冊あるのだが、読むかどうか迷うな~

               推理小説

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1341-1edd3f9e