まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1311回 掟上今日子の遺言状

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 忘却探偵シリーズ4「掟上今日子の遺言状」

                 掟上今日子の遺言状

 表紙は中学生の制服着用の今日子さん。なんか犯罪っぽい(笑)。
 今回は第1巻に登場の隠館厄介くんが語り手です。

 ヒッターはリアルでビルの7階から人が落ちて地面に激突するのを見たことがある。
 見たくて見たわけではないのだが、悲鳴を聞いて振り向いたら片側2車線の道路の向こう側に人間が落ちてきたのだ。
 この本の冒頭の話にはマジで血の気が引く。

 免罪体質というのは「Psycho-Pass」に」登場したが、冤罪体質というのも面白い。
 空から降ってきた飛び降り自殺の女子中学生と激突したいつも不幸な厄助くんは被害者なのになぜかその中学生殺害未遂犯に!
 イラスト入り遺書状も残っている事件解決に乗り出す今日子さん。
 今回も役得があった厄助くんの見たセーラー服の今日子さんの内太腿に書かれていた消し忘れメモとは。
 (いったい、前日に何があったのか?)

 今回の事件は「罪悪館殺人事件」と厄助くんの手記には書かれました。
 次巻は12月発売の「掟上今日子の退職願」ですね。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1314-f95450df