まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1291回 河原町ルヴォワール

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

円居 挽 「河原町ルヴォワール」

 ルヴォワール・シリーズ四部作の第四部。とうとう完結です。

 落花流水(フェアウェル・マイラブリー)
 龍師・“白澤”城坂論語の離反により、大きく戦力を削られた龍樹家。
 さらに当主・“紅龍弁天”龍樹落花の死が衝撃を与える。

 “好ましからざる龍師(ドラゴン・ノングラータ)”龍樹大和。
 四年前、父である先代当主・龍樹山風の死と共に出奔し、行方知れずだった龍樹家の龍師。
 今は青蓮院所属の大和が姉の落花の死に関与しているらしい。
 姉の死を乗り越えられぬまま、撫子は龍師の最大勢力である黄昏卿の青蓮院に挑む。

 黄龍師として龍壇に上がる龍樹撫子。御贖(みあがない)は龍樹大和。青龍師として立つ城坂論語。鳥官は瓶賀流。
 禁断の同門対決となった「双竜会」。


 さて、帯にある「どんでん返しに次ぐ、どんでん返し」は伊達ではありません。どんでん返しが5、6回ありましたね~
 龍樹山風を殺したのは誰だったのか。
 龍樹落花を殺したのは誰だったのか。
 龍樹家の遺伝病「落龍疫」。龍樹一族の人間に長命の者はいない。
 一千年を生き、「現実を改変する」力を持つという黄昏卿は何者なのか。

 途中で「え? これなに? SFなの?」って、すっかり騙されてしまいました(笑) 
 新作にも挑んでほしい。
                河原町ルヴォワール
 孔子のライバルって陽虎っていうんだね。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hitter7777.blog.fc2.com/tb.php/1294-ecd10c16