まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1900回 小説 四畳半神話大系

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

森見登美彦 「四畳半神話大系」

 アニメ「四畳半神話大系」の時に書いたが、注文していつもの如くそのうち読む本の山に積み置きしていた。
 このところ森見登美彦ブームがヒッターの元に再来したようで読み始める。

 アニメは全11話で10のパラレルワールドに話を広げていたが、原作の世界は4つである。

 第一話 四畳半恋ノ邪魔者
 映画サークル「みそぎ」に入った私

 第二話 四畳半自虐的代理代理戦争

 樋口師匠の弟子になった私

 第三話 四畳半の甘い生活
 ソフトボールサークル「ほんわか」に入った私

 第四話 八十日間四畳半一周
 秘密機関〈福猫飯店〉に入った私

              四畳半神話大系

 森見ワールド共通設定の世界観に、ワープロのコピー・ペースト機能を悪用しまくったパラレルワールド。(笑)
 これはアニメから入っても良し、原作から入っても良しの作品だな。
 もう一度、アニメ版を見直したいのだが、なかなか時間が取れない。
 ヒッターも4人くらいに増えないだろうか?

関連記事
スポンサーサイト