まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1851回 蔵書管理2017年 3月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.03

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。3月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年3月31日で22,597冊(先月増+33冊)となった。 
 相変わらずのペースだ。

 内訳は
 小説  7,238冊
 コミックス 14,909冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

2017年4月の予定
 3月の予定がほとんど消化されていないので先月と同じだな。
 ローダンがどんどん溜まっている(´;ω;`) 
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第44回

 神坂一「日帰りクエスト」
 「スレイヤーズ」の作者として有名な神坂一さんのシリーズ全4巻。

 1.日帰りクエスト なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)
 2.日帰りクエスト2 困ったもんだの囚われ人(プリズナー)
 3.日帰りクエスト3 見物気分の旅行人(トラベラー)
 4.日帰りクエスト4 間違いだらけの仲裁人(メディエター)
 なりゆきまかせの異邦人 こまったもんだの囚われ人
 見物気分の旅行人 間違いだらけの仲裁人

 “「どうでもいい当たり障りのない奴を実験台”として選ばれた女子高生・村瀬栄理は突然異世界に召喚される。
 ファインネル王国の魔道士レックスに丸め込まれ、毎週日曜日午前10時に異世界に召喚されることを承諾してしまった。

 ファインネル王国は竜人の国家ギオラム・バスカーに攻め込まれ、城は奪われ人間はギオラムの奴隷にされている。
 旅行気分でやってくる栄理を快く思わないクルーガー王子だったが、香辛料や塩を持ち込める栄理に、毎回、買い付けを頼むほど頼られていく。
 また竜人の国ギオラム・バスカーにもファインネル王国に攻め込む理由があった。
、白輝帝(ライラ・ギオラム)ゾムドと出会った栄理は、人間と竜人の共存策を模索するのだが。


 イラストは「ARIEL」の鈴木雅久さんですね。
 ライトノベルという名称が知れ渡り始めた時期の作品。
 異世界召喚モノの奔りですな。
 今読んでも面白いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

第1850回 レッド・クイーン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ヴィクトリア・エイヴヤード「レッド・クイーン」 Red Queen

 この世界には二種類の人間がいる。
 赤い血の流れるレッドと、銀色の血を持つシルバー。
 シルバーは強靭な肉体を持つ〈ストロングアーム〉、超スピードで動く〈スイフト〉、皮膚を硬化させる〈ストーンスキン〉、治癒能力を持つ〈ヒーラー〉、念動力を持つ〈テルキー〉、心を読み精神を支配をする〈ウィスパー〉、水を操る〈ニンフ〉など特殊能力を持ち、レッドたちの上に君臨する超人たちである。

 スリで家族への生計を補助している少女メア・モリー・バーロウの住むノルタ王国は、隣国レイクランド王国と100年以上に渡って戦争を行っている。
 メアももうすぐ18歳になり、3人の兄と同様に徴兵される運命だった。
 運命を変えたのはシルバーへの反抗を掲げる組織〈スカーレット・ガード〉の宮殿爆破テロ。
 そして懐を狙って失敗した青年カルとの出会い。

 熱と炎を操る〈バーナー〉能力者。ノルタ国王タイペリアス・カロア六世。
 その第1王子カルに王宮へ召し上げられたメアは、彼の配偶者を選抜する《クイーンズトライアル》を目撃する。
 各有力ハウスから選出された妙齢の少女たち。手に触れた物を爆破する〈オブリビオン〉、大地と植物を操る〈グリーニー〉、動物を操る〈アニモス〉、金属と磁力を操る〈マグネトロン〉。
 次々と少女たちが能力を披露する中、メアは崩壊するアリーナで生命の危機に見舞われて電気を操る能力を目覚めさせる。

 レッドには絶対に不可能な〈能力〉の使用。その謎を解くために、捕らえられたメアは殺すわけには行かない。しかし諸ハウスの面々の前で行われたメアの〈能力〉の行使への説明が必要だった。
 戦争で失われたハイ-ハウス・タイタノスの遺児で、レッドに育てられた王女レディ・メアリーナ・タイタノス。タイペリアス・カロア六世の第2王子メイヴンの婚約者。
 家族と友人を人質に取られたメアは、この新しい身分を受け入れるしかなかった。
 
 複数の分身を作る〈クローナー〉、光を操る〈シャドウ〉、天候を操る〈ストーム〉、ネコ科の動物の特性を持つ〈シルク〉、少し先の未来を予見する〈アイズ)、シルバーの能力を封じる〈サイレンス〉、催眠応力を持つ〈シンガー〉。
 シルバーの〈能力〉はすべて事象を操作する事に限られている。
 だがメア/メアリーナの〈能力〉は電気を操作するのではなく、電気を生み出すダイナモのような力だ。
 そしてメアのような突然変異は彼女一人だけではない。
 王宮と言う蛇の巣穴でおこる裏切りの数々。
 メアは生き延びることが出来るのだろうか。
              RED QUEEN

 2015年発表の本作に、2016年の第2作「Glass Sword」。そして2017年発表の第3作「King's Cage」で三部作完結のようです。
 かなり米国産超能力映画に影響されてますね。(笑)
 レッドとしてシルバーを憎みながら、第1王子と第2王子の間で揺れ動く女心。
 レッドでもなくシルバーでもないメアの力。まだまだ謎を置く残して次巻に続きます。早く出してくれい。

関連記事

第1849回 けものフレンズ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「けものフレンズ」

 ヒッター的に今期のダークホースだったアニメ。
 最初はあまり期待せず観ていたのだが、いつの間にか毎週欠かせない存在となっていった。
 サーバルキャットと出会った、なんの動物だかわからないかばんちゃんの正体を求めて旅を続けるロードストーリー。

 かばんちゃん
 かばんちゃん
 サーバルキャット
 サーバルキャット

 考察サイトでおもしろい書き込みがあったな。
 このアニメは人類の進化と文明を組み込んでいる。
 サバンナ、熱帯雨林、砂漠、高山、湖畔、平原、森、雪山への拡散と、火の発明、道具の使用、住居の建築、争いの調停、音楽の演奏、歌、踊りの発明など各話に盛り込まれているという深読みともいえる考察ですね。(笑)
 ぺぱぷ

 富士山と思しき山は五合目から上が吹き飛んでいるし、遠くには某国のステルス爆撃機が墜落している。
 果たしてこの世界には何が起こったのか?
 その謎は残されたまま終了しましたが、とても感動的な最終回でした。
 けものフレンズ 11

 外の世界へ旅立つかばんちゃんたち。
 2期はやらんのかなあ。
 

関連記事

第1848回 ブラインドサイト(下)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ピーター ワッツ 「ブラインドサイト(下)」 BLINDSIGHT

 調査宇宙船〈テーセウス〉のメンバーが巨大構造物〈ロールシャッハ〉の内部で遭遇した異星体《スクランブラー》。
 遺伝子も神経節も持たない単純な構造で、コミュニケーションが可能な知性があるかも予測できない生物。
 だが、余分なものを捨て去ったがために、その反応速度と欺瞞能力は人類を凌駕する。

 人間の〈意識〉とは進化に不要なものなのか。本来ならその過程で淘汰されているべきだったのか。
 再生されたホモ・サピエンス=ヴァンピリス。〈吸血鬼〉はそれを行ったために人類を凌駕する能力を手に入れた。
 進化の自然選択は動機を気にしない。自己認識すらせず、そうあるべきだからそうなっただけだ。

 《盲視(ブラインドサイト)》。
 脳を半分機械に置き換えたアンデッドの〈人間もどき〉。
 人間とは異なる思考形態を持つ〈吸血鬼〉。
 意思疎通すらできない異星の構造物〈ロールシャッハ〉。
 すべてを操っていたのは〈機械知性〉だったのか。
 見えているのに認識できないモノ。見えないのに知覚してしまうモノ。
 知性には認識は必要ないのか。認識には知性は必要ないのか。
                  ブラインドサイト 下

 後半を咀嚼するのに時間が掛かりました。
 人間の「意識」というのはSFの中でも難解なテーマです。
 まあ、自己意識なんて持っているのは人類ぐらいですから、比較検討のしようがないですね。
 動物にあるのは生存本能であって、意識ではなく反射で行動しているんですから。

この作品の設定の緻密さがすごい。
 「吸血鬼の生物学の概略」
 「心のまやかし」
 「まだ着かないの?」
 「ゲーム盤」
 「スクランブラーの構造と生理」
 「意識/知性」
 「その他の情報(背景の詳細、間違った記録、人間の条件)」
 参考文献144冊が作品背景として書かれていたが、こちらのほうが本文より面白かった。(笑)
 この作品は続編「エコープラクシア」へと続きます。
 

関連記事

第1847回 D坂の美少年

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 美少年シリーズ6「D坂の美少年」

 指輪学園中等部3年A組。1年生の時から3期連続で当選したという現生徒会長・咲口長広。
 「美少年探偵団」のサブリーダー《美声のナガヒロ》である彼も、中等部卒業を目の前にして自分の席を預ける後継者を擁立していた。
 2年A組の現生徒会副会長・長縄和菜。通称《雪女》と呼ばれるクールビューティーだが、生徒会選挙を目前に交通事故で立候補を取り下げざるを得なくなる。
 指輪学園に通ずる四つの登校路の中で、最も人気のない「D坂」でおこった轢き逃げ事件。
 これは咲口政権の後継者を引きずり起こすために起こったのか?

 新たに咲口先輩の後押しで立候補すれば、ふたたび、轢き逃げに遭う怖れのある危険に身を晒す《美観のマユミ》。
 他の立候補者で最有力なのは、2年B組の同級生の沃野禁止郎だった。
 なんの変哲もない普通の目立たない中学生の彼が、なぜ有力候補第1位に上がっているのか。
 秘密結社「美少年探偵団」は事故の謎解きとともに、眉美を当選させるべく動き出す。 
 さらなる後押しを得るため、長広と眉美はかつて中等部の「伝説の生徒会長」と呼ばれ、「美少年探偵団」を創設した《美談のオドル》こと、現団長の兄である指輪学園高等部2年・双頭院踊に会いにいったのだが・・・。
                    D坂の美少年

 さてさて、意外な真相が暴かれました。
 物語の登場人物、特に主役クラスが巻が進むにつれて徐々に人間的に成長していく、というのは王道パターンですが、主役が周囲の人間も作者さえも認めるクズ人間になっていくという逆パターンはあまり見かけません。(笑)
 パタリロのように最初からクズ人間キャラを通していくのも大変ですがね。

 次巻「美少年椅子」は今秋発売とのこと。

関連記事

第1846回 幼女戦記(9)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 6 Nil admirari 」 後半

 ネタバレあらすじです。

 第肆章 外交取引       Diplomatic deal

 統一歴一九二七年二月。
 協商連合、共和国、おまけでダキア大公国まで戦線を拡張しいた帝国は、その長大な防衛線で連邦、連合王国、自由共和国と対峙している。
 現状では戦争を止めることもできず疲弊していくばかりだ。チェスで言えば「ステイルメイト」である。
 そもそも帝国は国境線防御を想定した戦略を立てていたので、これだけ外征が続けば膨らんだ風船が破裂するのを待っているようなものだ。
 ここで動きを見せたのは帝国と同盟関係にありながら、対外的には中立国を標榜するイルドア王国。
 密かに参謀本部のレルゲン大佐に各方面への「講和交渉」の心積もりがあると接触してくる。

 その頃、連邦と手を結んだ連合王国は、元・共和国西海岸への第二戦線形成への作戦が立案されていた。

 第伍章 前兆      Portent
 統一歴一九二七年三月末。
 旧・協商連合領への陽動である「ティー・パーティー作戦」。帝国が揚陸作戦を行ったオース・フィヨルドへの潜水艦による侵入と、航空魔導大隊の投射による奇襲攻撃は、帝国の戦術をお手本に模倣したものだ。
 現地のパルチザンとの協同によるゲリラ戦に魔導師部隊が支援に入り、優秀な人員を東部戦線に持って行かれた北部方面軍では手に負えない。これは帝国の軍事力がいよいよ磨り減っていることを意味する。
 かくして予備軍として帝都にいた「サラマンダー戦闘団」に出撃命令が下る。

 第陸章 構造的問題       Structural Problem
 統一歴一九二七年四月。
 「サラマンダー戦闘団」は現地パルチザンの出没に手を焼いていた。
 元・協商連合の一部は他国へ逃げ出したが、ここに居るのは様々な事情で逃げられず、ここに居残った市民たちだ。
 ある程度の存在アピールのための出没だが、自分らの住む都市部での戦闘は好まず、遠隔地で悪さをする。
 戦闘団としては非常に非効率なモグラ叩きである。

 一方でパルチザンに支援をする連邦・連合王国の部隊も、現地の人間にとっては少々有益な邪魔者でしかない。
 メアリ・スー中尉は祖国を救援に来たつもりなのだが、それは手酷い拒否をうけた。
 生活している市街地を巻き込むなという彼らに、祖国解放を願うメアリは承服できないものを感ずる。

 帝国の四面楚歌状態を打破する案は、未だ見つからない。
 イルドア王国の講和案は、多くの血を流しすぎた帝国としては受け入れがたい。
 南部のイルドア王国国境にも戦線を形成せざるを得なくなった帝国に、連邦軍春季攻勢の報がもたらされる。
             ようじしぇんき06-2
 イルドア王国の二股外交は吉と出るか凶と出るか。
 いよいよ合衆国も自国の利益のために動き出しそうです。

 さて、アニメは残り1話ですね。
 アンソン・ズー大佐の役割がよく解りませんでした。
 最終回がどういうエンディングを迎えるのでしょうか。
 落としどころが気になります。

関連記事

第1845回 アニメ「終物語」続編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「終物語」続編

 遂に来ましたねー!ようやく夏から続きが見れるようです。
 終物語 2017 2

 終物語  / AnimeJapan 2017 解禁PV
 
 終物語 2017

 「終物語 下」だけだと1クール持たないと思うのだが、タイトルは3本だけだな。
 どうなるんだろうか?
 続報を待つ。

関連記事

第1844回 ヒストリエ 10巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

岩明均 「ヒストリエ 10巻」
 
 紀元前338年。
 ボイオティアのカイロネイアで行われた、マケドニア王国対アテナイ・テーバイ連合軍の会戦。
 マケドニア王フィリッポス2世率いるマケドニア軍は斜線陣(ロクセ・ファランクス)を敷く。
 先鋒はスキタイ流くさび陣形を組んだアレクサンドロス王子だが、彼にはほんの僅かだが「先が見える」能力があった。

 いやいや、アレクサンドロス王子の一騎駆けは怖すぎます。バケモノですな。(笑)

 書記官エウメネスくんも、なかなか奇抜な発想をします。
 さて、失恋したエウメネスくんは「王の左腕」になってしまうのか。
 次巻が待ち遠しい。
               ヒストリエ10

 Twitterで椎名高志さんがアレクサンドロスとエウメネスを描いておられましたね。
 カッコイイです。
 https://twitter.com/Takashi_Shiina/status/844788041658990593

関連記事

第1843回 シン・ゴジラ クライマックスver.

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

「シン・ゴジラ」ムービーモンスターシリーズ
ゴジラ2016 クライマックスver.

 
 シンゴジラ01

 迫力があるじゃないですか!
 しかし、ソフビならこの2倍のサイズが欲しいところである。
 
 シンゴジラ02
 シンゴジラ03

 第2形態、第3形態、凍結Verとこれで4種類ですね。
 背ビレはクリアパーツです。
 昔のゴジラの尻尾って、もっとトゲトゲがあったような気がするなあ。
 シンゴジラ04
 シンゴジラ05

 全高17cmではちょっとサイズが小さい感があるので見送りかな。

関連記事

第1842回 ブラインドサイト(上)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ピーター・ ワッツ 「ブラインドサイト(上)」 BLINDSIGHT

『SFが読みたい! 2014年版』で「ベストSF2013 海外篇」第2位。第45回星雲賞海外長編部門を受賞作。

 グリニッジ標準時間2082年2月13日、午前10時35分。
 地球を覆った65,536個の“ホタル”のような光を放つブローブにより、地球は1m単位でスキャンされた。
 2ヶ月後、“ホタル”が発信した信号を追跡した結果、カイパー・ベルトのバ-ンズ=コールフィールド彗星と交信していることが判明する。
 コンタクトを求めた人類は人工知能を船長とする有人宇宙船〈テーセウス〉を送りだした。
 
 ・語り手のシリ・キートンは子供の頃にウィルス性脳炎のため脳の半分を切り取ったサヴァン。
 この時代のコンピュータが設計した次世代コンピュータは、生みの親でもある前世代コンピュータにとっても理解不能な存在になっていた。
 この理解できないものを判りやすく説明する能力を持った《統合者》がシリ・キートンである。
 ・調査隊の指揮官ユッカ・サラスティ。人類から50万~80万年前に分岐したホモ・サピエンス=ヴァンピリスの再生体。
 いわゆる〈吸血鬼〉である。
 〈テーセウス〉号の搭乗員は遺伝子コードに〈吸血鬼〉のサブルーチンを追加し、航行時の大部分を《棺》の中でアンデッド状態で不活性化して過ごす。
 ・スーザン・ジェームズ。四重人格の言語学者。ミシェル、サーシャ、クランチャーという交代人格を持つ。
 〈四人組〉の並行作業は高速解析を可能とする。
 ・アイザック・スピンデル。大部分の感覚器官をマシン・インターフェイスに置き換えた生物学者。
 ・アマンダ・ベイツ少佐。調査隊の軍事面を担当する将校。

 銀河系外からやって来たと推測される超木星級暗黒天体〈ビッグ・ベン〉。
 40万個の自己複製マシン〈ダイバー〉が軌道上と大気圏を飛び回り、惑星改造を行っている。
 〈テーセウス〉が接触したのは都市並みの巨大構造物〈ロールシャッハ〉と名乗る存在。だがその応答は知性ある存在と見せかけたプログラムのようだ。
 調査隊は〈ロールシャッハ〉の外殻に取り付き、内部に侵入していくのだが、そこで見たものは?
               ブラインドサイト 上

 先日、続編の「エコーアラクシア」が発売されていたので、前作を読まねばと購入。
 概略は『SFが読みたい! 2014年版』で読んだ記憶がある。
 面白いのは蘇った〈吸血鬼〉のメンタルと、その行動に関する考察ですね。〈吸血鬼〉はサイコパスだというのは、まあ当然ですが(笑)、なぜ十字架を恐るのかという生物学的見地にも及んでいます。
 下巻に続く。

関連記事

第1841回 絶対可憐チルドレン(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

椎名高志 「絶対可憐 チルドレン」48巻 ZETTAI KAREN CHILDREN

 《黒い幽霊(ブラックゴースト)》のギリアムが仕掛けた精神汚染は徐々に《B.A.B.E.L.》内にも浸透していく。
 隔離された観測所を脱出した皆本と賢木たちは、『蕾見文書』の助言(アドバイス)と、真木を取り返そうとする兵部の力を借りて反撃にでる。
 だが、それすらもギリアムの見越していた罠であった。
                   絶対可憐チルドレン48
 蕾見管理官、貴女は暗殺者に追われながら、何をしていたんですか。(笑)
 それが内務省特務機関超能力支援研究局《B.A.B.E.L.》設立の原因だったとは。

 次巻で驚愕の決着ですか?
 

関連記事

第1840回 海軍士官クリス・ロングナイフ 7

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

マイク・シェパード 海軍士官クリス・ロングナイフ 7「勅命臨時大使、就任!」
 Kris Longknife:UNDAUNTED


 前巻でクリスと死闘を行なったコルテス大佐は、そのままクリスに雇われてしまいました。(笑)

 クリスたち偽装調査船ワスプ号御一行は人類宇宙の辺縁リム星域を越え、未踏査領域の使えるジャンプ・ポイントを調査していた。
 既に滅んだらしい複数の種族が百万年~二百万年前に作り上げたジャンプ・ポイント網は、跳んでみるまでどこに出るかわからない。。
 人類=イティーチ戦争終結後の両者の緩衝宙域で新たに発見されたJPに探査ブイを投入したクリスは、宿敵グリーンフェルド連盟の巡洋艦とイティーチ族の《死の球(デスボーール)》艦の戦闘を目撃する。
 クリスの曽祖父レイが80年前に講和条約を結んだイティーチ族相手の戦闘行為はまずい。

 クリス「何を怖がっているの、兵曹長?」
 兵曹長「そりゃあ、恐怖を感じますよ。ご本人が恐怖を感じないもんだから。」

 さらなる問題はクリスの傲慢なる秘書コンピュータ《ネリィ》が翻訳した通信は、相手がイティーチ帝国の皇帝代理人で、クリスティン・アン・ロングナイフ王女との会見を望んでいるということだった。
 もっとまずいことに進化し続ける《ネリィ》は人間の悪癖であるユーモアのセンスを磨き始めている。
 異性種族由来のデータチップの解析が原因らしい。
 さて、イティーチ皇帝がレイ王に宛てたメッセージとはなんなのか?
                   クリスロングナイフ7 
 UNDAUNTED:恐れない,臆(おく)しない,剛胆な,不屈の

 イティーチ族も人類も、先の戦争で自分たちの種族は滅亡の危機に陥ったと退役軍人から教えられてきた。
 クリスと皇帝代理人ロンのチームは、この不可思議な戦争の記録を突き合わせていくうちに、80年前の戦争の真実を知る。
 コルテス大佐、あなたはもう悪魔の一族のプリンセスと契約してしまったんです。刑務所にいたほうが楽だったなんて言っても、もう逃げられませんよ。(笑)

 《クリス・ロングナイフ》シリーズの前に書かれた「人類統一戦争」の時代、若き日のレイモンド・ロングナイフの《人類協会》設立の物語を描く三部作が復刻されたようです。
 1. The First Casualty
 2. The Prince of Peace
 3. They Also Serve

 そしてクリスのもうひとりの曽祖父トラブルの「人類=イティーチ戦争」時代の執筆が行われているとか。
 1. To Do or Die

 前回、紹介した《ビクトリア・ピーターウォルド》シリーズを含めて、全体を《ジャンプ・ユニバース》と呼ばれるようです。
 KL07.jpg

関連記事

第1839回 北条早雲/豪談 後藤又兵衛

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

永井豪「北条早雲/豪談 後藤又兵衛」

 これも未読だった作品を1冊に纏めてくれました。ありがたや。
 
 ・北条早雲
 北条早雲ってヒッターはよく知らなかったんですが、応仁・文明の乱(1467年-1477年)の頃ですか。
 日本の戦国時代の幕開けですな。
 「下剋上」というのはこの人から始まったようなもので、室町幕府の申次衆(奏聞を取次ぐ役目)であった伊勢新九郎盛時は、戦乱に明け暮れる京を離れ、6人の仲間と共に東国鎌倉を目指す。
 この時代では鎌倉時代に栄えた北条氏は滅びており、伊勢新九郎が新たに開祖となった小田原北条氏の誕生までの物語です。

 ・豪談 後藤又兵衛
 豪談シリーズはコンビニ本で集めていたが、これは初見である。

 十三歳で戦場に立った後藤甚太郎は、播磨国別所長治の家臣であった。
 羽柴秀吉の三木城攻めの際、黒田官兵衛の手勢《黒田十虎組》に捕らえられた甚太郎は、官兵衛の人柄の下に留まり、名を又兵衛と改める。
 秀吉の朝鮮出兵の際、豪談流の後藤又兵衛の虎退治で名槍《日本号》(実在する)を手に入れる。
 「関ヶ原の戦い」後、主君・黒田長政の下を離れ、諸国を放浪した後、「大阪夏の陣」に参戦する。
               北条 後藤
 この本には「戦国時代」の始まりと終わりが対となって収録されているんですね。
 やはり、永井豪さんは面白い。「激マン」が気になっているのだが、購入するかどうか悩むなあ。

関連記事

第1838回 幼女戦記(8)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 6 Nil admirari 」 前半

 ネタバレあらすじです。

 第壱章 冬季作戦「限定攻勢プラン」  Winter Operation,"Limited Offensive"
 統一歴一九二六年十一月末。冬将軍という敵が現れた。
 「自治評議会」と「帝国軍」の合同部隊は、連邦のゲリラ討伐に成果を上げ始めていた。
 しかし、不凍液の不足により戦闘車両は半数以上が動かなくなり、歩兵大隊の火器は凍結する。
 「サラマンダー戦闘団」としては半身不随の状態だ。
 そもそも帝国内では人員の不足により、あらゆる物資、工業製品の生産量が激減している。
 ここでターニャ・フォン・デグレチャフ魔導中佐は、ある疑問を抱く。こちらの武器は使えないのに、なぜ連邦の武器は動くのか。
 鹵獲した連邦制火器を調べた結果、精密性を追求した帝国製のものより、酔っ払っていても分解/清掃が可能な単純/堅牢なものだった。
 国際法には敵の国有財産の“鹵獲”は許容されている。
 法律とは破るものではなく、潜り抜けるものなのだ。画して特殊観察・鎮定(物資略奪)任務が発動する。

 第弐章 矛盾  Paradox
 統一歴一九二六年十二月下旬。
 連邦軍と連合王国軍、多国籍連合軍による「自治評議会」領への威力攻撃。
 その結果は共産党本部を驚愕させた。
 政治的状況把握のための威力偵察だったのだが、占領された連邦領民たちは帝国軍と共に防衛陣地を作り、反撃してきたのだ。
 彼らは「党」のためにではなく、「祖国」のために戦っている。
 帝国の投げた「民族自決」という餌は共産主義とは相容れないものだが、内務人民委員ロリヤはナショナリズムを逆手に取ることも可能だと考える。
 
 限定攻勢で連合王国軍の名に投降した捕虜を、無断で連邦の政治将校リリーヤ・イヴァノヴァ・タネーチカ中尉に引き渡したメアリ・スー中尉。
 連合王国の法では捕虜に最高で銃殺刑が課せられるが、連邦には死刑制度はないから収容所に入れてあげたほうが良いと本気で信じている彼女に頭を抱えるドレイク中佐。
 この頭にお花の咲いた部下を、いったいどう扱えばいいのだろうか。

 第参章 小康状態  Lull in the Wind
 統一歴一九二七年一月中旬。
 連邦軍への「自治評議会」と帝国軍の共闘による強固な抵抗は、共産党本部だけでなく諸外国にも影響を及ぼした。
 帝国からすれば役に立たない同盟国であるイルドア王国軍の、大規模演習と称する国境線集結である。
 参謀本部としては看過できない事態だが、もう帝国は度重なる出兵で労働人口が激減し、徴兵にも限度がある。余剰兵力がないのだ。
 先の限定攻勢を跳ね返して小康状態にある東方戦線から、涙を飲んで虎の子の「サラマンダー戦闘団」を引き抜くゼートゥーア中将。
 ターニャには帝都への緊急動員が命ぜられる。
                   幼女戦記6
 前半はあまり動きはなかったですが、東部戦線が膠着したと思ったらイルドア王国が怪しい動きを。
 『存在X』は手を休める気はないようです。
 アニメはいよいよオリジナル展開が始まりました。
 あと2話でどう決着をつけるのか。
 分割2クールという噂も出ていますが?

関連記事

第1837回 ムダヅモ無き改革

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

大和田秀樹「ムダヅモ無き改革」

 前から気になっていたのだが、市内の古書店で発見して即購入。
ムダヅモ
 ・ムダヅモ無き改革 全16巻
 ・ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録
 ・アンソロジーコミック ムダヅモ無き第二次改革

 なんと18冊セット2千円であった。
 
 すべての国際問題を麻雀で決着をつけるという各国首脳の熱い闘い。(すいません、まだ本編、読んでません(笑))
 「ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録」から
 第1章日本編の主な登場人物
 豪運、技術(イカサマ)、ケンカですべてを制する宰相博徒・小泉ジュンイチロー。 指先で劣化ウラン牌を削り取り白牌を作るなど技術(イカサマ)大国日本を象徴する首相。
 胆力、雀力、政治力。すべてを兼ね揃えたスナイパー御曹司・麻生タロー。
 元「伝説のニート」。小泉チルドレン・杉村タイゾー。
 小泉を慕う美しき女性参議院議員。第13独立麻雀部隊・ゆかりタン。
 ホンダ技研開発。0.12秒で理牌する七大麻雀兵器を搭載した二足歩行ロボット・アシモ。
 小泉ジュンイチローの血を継ぐ男。海自の暴れ馬・真田二佐。
 
 自由民主党対民主党、社民党、国民新党との闘いが描かれる。

 第2章世界編
 荒鷲の如く勝利を掴み取る剛力・巨漢の最強武人。テキサスの荒鷲ジョージ・H・W・ブッシュ。
 パパの威光にすがりつくヘタレの類人猿大統領ジョージ・W・ブッシュ
 元・史上最強のKBG長官。ロイアの冷徹大統領。灰色の枢機卿ウラジミール・プーチン。
 ウクライナに君臨するガスの魔女ユリア・ティモシェンコ。
 ローマ教皇にして地球最強の雀豪ベネディクト16世。
 裏工作全開で勝負に挑むワガママ将軍様。偉大なる首領・金将軍。

 世界各国の首脳を相手に日本国の発言権を高めるために闘う小泉ジュンイチロー。

 第3章神々の黄昏(ラグナロク)大戦編 
 月に建国された「第四帝国」。スーパーアーリア人。21世紀最大の破壊者アドルフ・ヒトラー。
 第一打からアガる帝国電撃戦(ライヒブリッツクリーク)、八連荘(エイトセンシズ)、字一色大三元(グングニル)、門混七対子(ミョルニル)など異次元の強さを持つ魔神。
 対する各国首脳から構成される「地球防衛軍」は次々と倒されていく。
 小泉ジュンイチローのイカサマ技「神盲牌(ゴッドもうぱい)」は魔神を倒すことが出来るのか!?
 
 アンソロジーコミック ムダヅモ無き第二次改革 ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録
 
 いまなら竹島問題とか、南シナ海の中国進出など、すべて麻雀外交で解決されるだろう。
 技の名前がすごいですね。
 国士無双十三面(ライジングサン)
 地獄の黙示録(アポカリプス・ナウ)ロン
 裸単騎大四喜(サウザンドウインド)
 天地創世(ビギニングオブザコスモス)
 四槓子(リングオブニーベルング)
 九蓮宝燈(シベリアンエクスプレス)
 一気通貫(ノーズダイブボンバー)
 嶺上開花(キューティーブロッサム)
 三色三暗刻ドラ3(スリーストライクアウト)
 燕返し262(メッサーシュミットシュヴァルベ)
 大粛清(ポリティカルパージ)
 光学イカサマ(アシモビジョン)
 ちゃぶ台返し(イッテツバスター)

 どんなネーミング・センスなのだろうか。(笑)


関連記事

第1836回 子供たちは狼のように吠える 2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

地本草子「子供たちは狼のように吠える 2」

 朝倉セナ、19歳。
 軍警察という表の勢力と、ヤクザという裏の勢力を相手に、相棒の狼(ヴォルグ)・ニカと共に戦った少年。
 ふたりの噂はサハリン島の混血の少年たちの憧れとなり、未成年の子供で作られる北サハリン最大の犯罪組織『少年団(ピオネール)』設立の礎となった。
 中華系、ロシア系マフィアやヤクザたちとの抗争を繰り返し、4年後、セナは一流の殺し屋となっていた。
 『少年団(ピオネール)』は高品質のMMD(マイクロマシン・ドラッグ)の製造/売買を主なシノギにして成長した。
 特殊なレシピで作られるピオネール製MMDを使用した者は、もう、他の麻薬では満足できなくなる。
 少年少女ばかりで構成される犯罪組織の重要な収入源だ。

 だが、ソフィア・ドストエフスカヤというMMD技師を手に入れた『少年団(ピオネール)』は、破滅への第1歩を踏んだ。
 サハリン島の緯度50度線を境界とした『北狼会』との縄張りを破り、MMD利権を狙う新進のヤクザ・コトヒラ。
 セナと同じ境遇で家族を殺され、「学校」で同じような道を辿り、正反対の道を歩んだ男の仕組んだ罠。
 その右腕の不死身の殺戮狂・カネウチ。
 そして「学校」でセナを最初に犯した同輩・ケンゴ。
 死亡したとされて抹消された元の身分を戻すと言う民警の刑事と通じたセナは、裏切り者としてニカに別れを告げられる。
 ふたりの歩む道はもう交わらないのか。
                  子どもたちは狼のように吠える 2

 狼(ヴォルク)と犬(ライカ)の物語はこれでお仕舞いです。
 『少年団(ピオネール)』は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の『鉄華団』の凶悪バージョンですね。
 両手を血に染めた彼らは大人になることを拒否しました。
 吉田秋生さんの「BANANA FISH」も少し入ってるかな?
 ハードBL系SFという新しいジャンルが出来たようです。(笑)
               子どもたちは狼のように吠える 2b

関連記事

第1835回 静粛に、天才只今勉強中! 2巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

倉田 江美「静粛に、天才只今勉強中! 新装版」 2巻

 貴族、僧侶、第三身分(平民)からなる国民議会(三部会)招集を求める高等法院(パルルマン)と、高等法院抜きで財政改革を推し進めようとする国王側。
 軍隊を出して司法制度改革を強行すると、高等法院議員を守ろうとするグルノーブル市民が衝突する。
 フランス王国はほぼ国庫が底を尽き、国に金を貸していた貴族たちも連鎖して破産していった。
 離婚した夫から贈られた宝石類の返還を求められたボアルネ子爵夫人ジョセフィーヌも、娘を連れて故郷のマルティニック島へ戻る。

 国民議会(三部会)にはそれぞれの階層から同数の議員を出さねばならない。
 アルトワ州では8人の第三身分代表にマクシミリアン・ロベスピエール、チフス・ド・ラ・ブルトンヌも選出された、
 ヴェルサイユで開催された三部会は、まず評決方法ぼ選定から揉める。
 ロベスピエールは第三身分の部会の演説で、英国風の国民代表議会設立を標榜した。
 コティは特権身分がのさばる僧侶階級の中で、平民僧たちを糾合して僧侶部会と第三身分部会の協同を呼びかける。

 王政改革を認めないルイ16世はヴェルサイユを2万の軍隊で固め、外人傭兵部隊を雇い始める。
 議会に扇動されたパリ市民はバスティーユ要塞を攻撃、占拠して収監されていた政治犯を解放。虐殺した司令官の首を槍の先に付けて行進したという。
              静粛に、天才只今勉強中 2
 さあ、いよいよ本格的にフランス革命が始まりました。
 コティはまだ様子見の段階で議会に参加していません。アラスの修道院を追い出されたコティは、どこでフランスの運命と関わっていくのでしょうか?
 2巻にはナポレオン・ボナパーテが出てこなかったな。

関連記事

第1834回 子供たちは狼のように吠える 1

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

地本草子「子供たちは狼のように吠える 1」 

 朝倉セナ、14歳。北海道の最北端、宗谷岬から40km離れたサハリン(樺太)島のユジノサハリンスク(豊原市)郊外、日本人居住区に暮らす少年。
 人口の8割が外国人労働者で占められ、年間の犯罪件数も世界トップクラスになる危険地帯・日本領サハリン島。
 その島で経済的実力者である父を持つ少年は、まだこの先の自分の運命を知らない。

 近未来のもうひとつの歴史。サハリン島がずっと日本の領土である世界の物語。
 ナノマシン塗料が壁面をデュしプレイに変え、高層ビル建築群は鉄筋コンクリートではなく、石油精製時に排出される二酸化炭素で硬化するCO2構造体で建てられ、日本人は生体居住者証を発行された特権階級として生活している一方、移民や不法滞在者の生活は困窮の極みに達していた。
 運良くセナの家のメイド職に就けたウクライナ系ロシア人アーニャのように、ウラジオストクのロシア民族主義運動の暴虐から逃れてきた者も大勢いいた。

 両親を殺され、「学校」という場所に攫われてきたセナを襲う陵辱。
 ジャパニーズ・マフィア(ヤクザ)が他の組織と戦うため、射撃や近接格闘訓練を課せられる「学校」。
 “犬(ライカ)”と呼ばれながら脱走の道を探すセナは、ウクライナ系マフィアのボスの息子として人質に捕らえられている少年ニカと出会う。
 “狼(ヴォルク)”を自称するニカは最初は日本人のセナに不信感を抱いていが、やがて義兄弟の契りを結んだセナとともに脱出を決行するのだが・・・
               子どもたちは狼のように吠える 1
 アレクサンドロフスク・サハリンスキー(亜港)。ウラジオストクとサハリンを隔てるネヴェリスコイ(間宮)海峡を挟んだ樺太側の港町。
 腐敗した軍警察と手を結んだヤクザ組織に追われながら、ニカは殺された叔父の仇と組織の奪還を。セナは両親の仇と行方不明の妹・サラを探す。
 命を賭した罠と裏切りの果ての悲しすぎる結末。
 
 えー、BL系近未来SF小説ですね。ふたりの未来に救いが見えません。(´;ω;`)
 狼と犬の犯罪組織『пионер(ピオネール)』は大人たちを殺し続け、各国のマフィアを敵に回して死体を量産していきます。
 ラストに登場した若い女性刑事は、彼らとどう拘っていくのか。
            子どもたちは狼のように吠える 1b
 第2巻に続く。

関連記事

第1833回 コミック版 ゴブリンスレイヤー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蝸牛くも×黒瀬浩介「ゴブリンスレイヤー」1,2巻

 1巻が出たとき、買うかどうか迷って保留していたのだが、2巻が出たので購入することにした。
 ちょうど原作小説1巻分ですね。

 おお、原作の内容に忠実ですねえ。
 あんな場面やこんな場面はシフトにしているかと思いきや、陵辱シーンはそのまんまです。
 これはアニメ化時に厳しいですね。(笑)
 妖精弓手さんにゴブリンのハラワタをこすりつける時の女神官さんの目が怖いです。(笑)
 GS01.jpg GS02.jpg

 1巻には掌編小説「間章 雨の日のお話」。2巻にも「間章 野営の時のお話」を収録。

関連記事

第1832回 瑠璃と料理の王様と 4巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

きくち正太「瑠璃と料理の王様と」4巻 

 前巻からの続きの鯛めしのお茶漬け。
 夏の冷やし茶漬けは是非食してみたい。

 続いて秋刀魚の七輪焼きと魳の干し焼き。
 そしてメインの豚の角煮ですね。

 どれも非常に美味しそうです。
 川反女子のお茶目な面が見れました。
               瑠璃と料理の王様と4

 次巻予告がとても楽しみな内容なので待ち遠しいっす!

関連記事

第1831回 幼女戦記(7)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 CD買いました!
 JINGO JUNGLE
 毎晩、聴きながら寝るのだが、ヒッターは寝つきがよすぎて最後まで聴けない。(笑)

カルロ・ゼン「幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat」 後半

 ネタバレあらすじです。

 第肆章 長距離侵攻作戦       Long Range Assault Operation
 統一歴一九二六年十月七日。
 一度に十名もの隊員の損失を出した第二0三航空魔導大隊は、補充もままならないまま、無為の日々を送っていた。
 しかし、航空艦隊の回してくれた航空写真が状況を動かす。
 先の攻撃で《RMSクイーン・オブ・アンジュー》も航行装置に損傷を受けていたのだ。あまりにも巨大な高速貨客船は専用ドックでもなければ修理できない。
 かろうじて連邦の北洋軍港にたどり着いた修理中の敵への、リベンジの機会が訪れたのだ。

 前体制に忠誠を誓っていた連邦の魔導師たちは、収容所(ラーゲリ)から監視付きながら解放されていた。
 いまさら出されたということは連邦は劣勢なのだ。
 一個大隊規模の魔導師部隊はなんとか編成されたが、その最初の任務は軍港で修理している連合王国艦の護衛だった。
 そこで彼らは信じられないものと遭遇する。

 連邦北洋軍港へ潜水艦で接近した第二0三航空魔導大隊は、潜水艦搭載の空中発射式魚雷のように《RMSクイーン・オブ・アンジュー》へ向かう。
 連隊規模の連合王国海兵魔導師部隊と、同数規模の連邦魔導師部隊を相手に陽動に出たターニャ・フォン・デグレチャフ魔導中佐は、ほぼ一人で敵を引っ掻き回した。
 フル稼働させた九五式演算宝殊に“神”を讃える言葉を紡ぎ、クスクスと嗤いながら死を振りまいていく。
 
 第伍章 時間切れ      Time Out
 甚大な被害を被った《RMSクイーン・オブ・アンジュー》と護衛部隊。
 二度目の“ラインの悪魔”の襲撃で合衆国義勇魔導大隊の生き残りは、メアリ・スー中尉を含めてただの一小隊まで減っていた。
 その彼女に連邦の政治将校リリーヤ・イヴァノヴァ・タネーチカ中尉が近づく。
 多くの仲間を失い、連合王国軍とはいまひとつ気が合わないメアリは、好意的な配慮を示してくれたリリーヤに気を許していく。
 アンソン・スー中尉

 統一歴一九二六年十月十七日。
 如何なる“天の配剤”か、帝国の気象予測を大幅に前倒しして東部戦線は雪に覆われた。
 まだ冬季戦の準備をしていない前線は、越冬の準備をするか撤退にかかるかの瀬戸際に立たされる。
 参謀本部戦務参謀次長ゼートゥーア中将の腹は決まっていた。
 疲弊した国力での冬季戦は不可能に近い。だが、そのまま撤退することもできない。
 地獄は地獄を呼ぶ。
 ここはデグレチャフ中佐が提案し、ゼートゥーア中将がレルゲン大佐をこき使って進めてきた計画を実行に移す時だ。

 第陸章 『解放者』       Liberator
 統一歴一九二六年十一月二十四日。
 「連邦の民の中に“友人”を作る。」
 ターニャの提言は実行に移された。
 共産党からの分離主義者に占領地域を任せ、民政移管とする。
 帝国にとっては体のいい盾のようなものであるが、言語さえ違う多民族国家である連邦にとっては民族蜂起は悪夢でしかない。
 一八0度転換した『善隣友好政策』により、占領地に赴いたぜートゥーア中将の嘘泣きを交えた演説は民衆の心を捕らえられるのか。

 アニメの方は9話まで進みましたが、あと3話でどこまで終わらせるのか?
 ちょうど3巻の第1章に入ったとこですね。
 秘匿兵器V1

 最終回までにアンソン・スー大佐はどこで再登場するのだろう。連合王国の病院にいましたね。
 アニメオリジナルで終わるのか、2期を見越してのエンディングへ持っていくのか。
 2期があれば同士ロリヤさんには是非ご登場願いたいものです。
 
 

関連記事

第1830回 螺旋のエンペロイダー(2)

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

上遠野浩平 「螺旋のエンペロイダー Spin2」 The Emperoider Spin2 "Gravelly Empire"


 謎の能力を持つ才牙虚宇介、才牙そら兄妹と、姉・志邑咲桜の能力《ティピカル・コラプス》を引き継いだ志邑詩歌を狙う『統和機構』の合成人間たち。
 だが、その勢力は複数組あるらしい。
 
 虚宇介の能力の底を測る戦闘用合成人間ブルムベア&パンター。

 どこからかのの指令で兄妹調査命令を出した久嵐舞惟(ホルニッセ)。
 能力名は《アハト・アハト》

 志邑詩歌の力を危険視する特別製(スーパービルド)合成人間マキシム・G(ゴーリキー)。
 能力は制圧用巨人《ジェントル・ジャイアント》。

 マキシム・Gを狙うカチューシャ一派。
 能力は殲滅用無差別攻撃能力《粛清者のオルガン》

 なんだかんだで巻き込まれる《奇蹟使い》フェイ・リスキィ博士。
 特殊技能〈おせっかい〉。

 対戦闘用合成人間を広範囲無力化する6人チーム。
 能力名は《イグノーブル・イグニッション》。

 “吸血”の《奇蹟使い》流刃昴夕のいう“天敵波動”とはなんなのか。
 《能力》を強めていく風洞楓《ウィンド・チャイム》と御堂璃央《ホワイター・シェイド》、室井梢《アロガンス・アロー》。
 どれも他者を支配する能力へと強化されていく。
 《サルタン・オブ・スイング》の日高迅八郎も《支配者》の世界へと誘導されていく。

                  螺旋のエンペロイダー Spin2
 turn 7 "Under Her Voice"
 turn 8 "Giant & Organ"
 turn 9 "Ignoble Ignition"
 turn 10 "Scholer & Boy"
 turn 11 "Arrogance Arrow"
 turn 12 "Before Nightfall"


 少しずつ才牙兄妹の関係が見えてきました。しかし、使命を果たすためにこの地球(ほし)に生まれ落ちたというのはどういう意味なのだろう。
 兄妹の母親・才牙真幌も『統和機構』のメンバーなんですね。
 《最強》フォルテッシモがこの兄妹と仲がいいのが、また不思議なことです。パリパリ皮の焼き鮭が好きなんですね。目視できないスピードでご飯をよそう高速おかわりには笑いました。
 起・承・転・結の「承」のパートでした。

関連記事

第1829回 カレーの基本

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

枻出版社「カレーの基本」

 書店を彷徨いていたら目に入って即買い。
 ヒッターも昔は各種スパイスを調合してルウを作ったり、肉を長時間煮込んだり、市販のルウのブレンドをしたり、カレーには目がない。
 けっこうコダワリがある方で「北インド風」「南インド風」よりは「欧風」カレーが好きだ。「タイ風」はスープとしては良いが、やはりご飯と一緒に味わいたい。
 ナンはあんまり好きではない。

 しかし、掲載されているカレーはどれも美味そうである。レシピも掲載されているので、ひとつずつ作ってみようか。
 市販カレーのブレンド例も参考になる。
                カレーの基本

関連記事

第1828回 信長の忍び 11巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「信長の忍び」11巻

 アニメ2期決定、おめでとうございます!

 本編の方は10巻で朝倉・浅井が滅びましたが、まだまだ難敵の本願寺勢と武田勝頼が残ってます。
 朝倉義景の娘・三位(さんみ)殿が腹黒すぎますねえ。(笑)
 千鳥の宿敵、武田くノ一の千代女も健在です。
 11巻のメインは長島一向一揆です。
 ここから「長篠の戦い」に時代は向かっていきます。
                 信長の忍び11

 アニメ1期は2巻の京への上洛までがキリがいいので、制作はそこまでで考えていたのだろうが、2期となるとどこまでやるかが問題だな。
 3巻は松永弾正久秀の登場。伊勢国平定。
 4巻は朝倉攻め、金ケ崎の戦い。(ここで終わると敗戦エンドだな)
 5巻は姉川の戦い、本願寺との敵対、と連戦なので、最終回を何処に持ってくるかですね。
 

関連記事

第1827回 前田利家

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

永井豪「前田利家」上下巻

 前にSPコミックス全3巻で出されたものの新編集版ですな。買っていなかったので丁度良かった。

 前田利家 上 天下無敵!槍の又左
 前田利家 下 決戦!本能寺
 前田利家 上 前田利家 下

 幼名・犬千代と呼ばれ、猿と言われた秀吉とともに織田信長を支えた武将。
 本作は「本能寺の変」の後の「末森城の戦い」までを描いています。
 同年代の甥、前田慶次郎利益も登場。

 永井豪さんの戦国ものコンビニ本は結構買っていたのだが、コミックスで買うのはこれが初めてだったりする。
 豪談 霧隠才蔵
 豪談 猿飛佐助
 豪談 真田軍記
 豪談 武蔵坊弁慶
 豪談 荒木又右衛門
 戦国武将秘録 戦群(吉川英治原作)全3巻 

 原作付き以外は永井豪さんの独自解釈を交えて描いているのだが、結構面白い。
 最近は「激マン」と「デビルマン・サーガ」がメインだが、むかしながらのエッチな漫画も書いてほしいな。

関連記事

第1826回 大宇宙を継ぐ者(49)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ペリー・ローダン

 Nr.1065~1068
 533巻「超ヴィールス」
 Die Superviren/Gesils Punkt
 534巻「回転海綿との邂逅」
 Am Rand des Nichts/Rückkehr in die Hölle
 ローダン533 ローダン534

 惑星ロクヴォルトで異人キウープと謎の少女スリマヴォが戦ってから4ヶ月。スリマヴォは姿を消したままで、キウープは研究を再開していた。
 《ヴィールス・インペリウム》の再構築は進んでるらしい。
 ある日、新たな要求がキウープから出された。直径約5mの生きている実験球を宇宙空間に運び出さないと危険だというのだ。
 ローダンとともに自分の私財を《ヴィールス・インペリウム》再建に投資しているレジナルド・ブルは、この任務を不死者のひとり、《感情エンジニア(Gefühlsmechaniker)》ガルプレイス・デイトンに依頼した。
 
 この時代の《自由テラナー連盟(LFT)》の艦隊は4つの艦隊で構成されている。
 各艦隊旗艦は直径2500mのギャラクシス級。その下に直径1500mの星雲級が各40隻。その他はほとんどが直径200mのスター級である。
 この新型スター級は従来の“赤道環”の代わりに“赤道ユニット帯”が装備され、超光速エンジンは艦内中心部から下極部にかけて収納された。
 テレスコープ着陸脚も廃止され、重力ベースで作動する係留機構が追加されている。
 新銀河暦425年6月24日。デイトンは、このスター級4隻で惑星ロクヴォルトに向かう。

 しかし、デイトンが到着する前にスリマヴォの干渉が始まる。亀裂の入ったプラズマ球からこぼれ落ちた断片。それは小さな虫のような形態をしたマイクロマシン集合体。
 テラナーたちの頭皮に潜り込んだ《超ヴィールス(Die Superviren)》は、共生主の知力、判断力を向上させた。
 自分に至る道を探すと言う《黒い炎》を瞳に宿す少女は再び姿を消す。

 
 超長距離世代型宇宙船《ソル》は故郷銀河を探していた。艦載ポジトロニクス《セネカ》には故郷銀河を含む局所銀河群の座標しか残されていなかったのだ。
 《ソル》の中で、見る者に《黒い炎》を喚起させる30代の女性、ゲシールは積荷のスプーディを観察していた。
 彼女はアトランに、スプーディと自分は同じところから来たと語る。確かに彼女はアステロイド《スプーディの燃え殻》の中で発見された。
 しかし、なぜあのアステロイドに居たのかは覚えていない。
 やがて艦内で発見された1枚の男の顔写真にゲシールは執着を示す。その写真に写っているのはペリー・ローダンだった。
 艦載ポジトロニクス《セネカ》はアトランの反対を無視して、彼女の指し示した座標《ゲシール・ポイント(Gesils Punkt)》の小惑星群へ《ソル》を進める。
 そこには《コスモクラート》の代理人の宇宙ステーションが隠されていた。
 PR1066.jpg

 超越知性体《ゼト=アポフィス》の工作員となったイホ・トロトとブルーク・トーセンの宇宙船は、《ゼト=アポフィス》の基地へと誘導された。
 おそらく銀河間の虚空にあると思われる基地には、すでに4種族の宇宙船が着陸していたが、何故か戦闘状態にあるらしい。
 ロボットとと戦っていた鳥類型生物と樽型の胴体を持つ種族フィゴ人(Die Phygos)は、失神するほどの“メンタル・ショック”を受けて《ゼト=アポフィス》から解放されたというのだ。
 しかしイホ・トロトは未だ《ゼト=アポフィス》の影響下にある。
 次の任務は今まで生還者のいない《虚無の渦(Rotierendes Nichts)》へ侵入し、残骸片のサンプルを持ち帰る事だった。
 イホ・トロト自身も不可能と考えた任務は、謎の《黒い手袋》が独力でやってのけた。
 だが、ブルーク・トーセンを襲った“メンタル・ショック”は何だったのだろう。
 PR1067.jpg

 惑星EMシェン(EMschen)でローダンたちは《ポルレイター》の地下施設を探していた。
 《細胞活性装置》の誤動作は一旦、装置を外すことで回復するが、再び装着すると3日ほどで誤動作が始まる。
 調査はなるべく短時間で済ませたいが、海綿状の原生生物(EM-Schwämmen)の妨害を受けた。
 球状星団M3全体が《ポルレイター》の存在を隠す防御装置になっている。
 だが1つの方法がそれを解除することが解った。
 ローダンが自分は《深淵の騎士(Ritter der Tiefe )》であるという意志を発することである。
 PR1068.jpg

 さあ、アトランが関わっていたスプーディの正体と、キウープが研究している《ヴィールス・インペリウム》が繋がってきました。
 宇宙の各地で再建計画が進んでいるようで、ゲシールさんもスリマヴォちゃんも完成体を目指しているようです。
 ゲシールさんは将来、ローダンの嫁さんになるのが判っているのでしょうか?
 アトランが妬いていますね、(笑)

関連記事

第1825回 鬼平犯科帳

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

池波正太郎原作・さいとうたかを作画・久保田千太郎脚色 「鬼平犯科帳」100巻

 いつの間にか100巻になっていた。
 これでヒッターの蔵書で100冊を超えたのは

 ・こちら亀有公園前派出所 200巻
 ・ゴルゴ13  183巻
 ・ミナミの帝王 140巻+ヤング編9巻
 ・刃牙シリーズ 128巻
 ・ジョジョの奇妙な冒険シリーズ 118巻
 ・はじめの一歩 116巻
 ・美味しんぼ  110巻(なぜか111巻「福島の真実」編下巻を買っていない)
 ・弐十手物語  110巻
 ・静かなるドン 108巻
 ・超人ロックシリーズ 102巻
 ・鬼平犯科帳  100巻
 
 となった。
              鬼平犯科帳 100

 最初に数十冊まとめ買いして、あとは淡々と買い足していったものだが、塵も積もれば山となるだな。
 「クッキングパパ」も85巻あたりまで持っているので、続きをまた買おうかな。139巻まで出ているようだ。(笑)

 やはり書庫を作って全部並べたいな~

関連記事

第1824回 幼女戦記(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat」 前半

 ネタバレあらすじです。

 第零章 手紙   Letter to the Home
 メアリ・スーが実家に送った手紙。
 何処にいるのか。何を食べているのか。内容は全て検閲され、一部は黒く塗られている。
 彼女は今、何処にいるのだろうか。

 第壱章 快進撃      Rapid advance
 統一歴一九二六年八月二十八日。
 東部方面最前線に配置されていた「サラマンダー戦闘団」に新たな任務が下る。
 出口の見えない泥沼の消耗戦を、冬が来る前になんとかしたいというのが参謀本部の考えだが、その方策の目処が立たない。
 しかし、世論がそろそろ騒ぎ出し、最高統帥府からの圧力も増している。
 「サラマンダー戦闘団」に任務は敵勢力圏内の突出部にある、戦略的に意味のない町の防衛だ。増援も補給もギリギリ届くかどうかという突出部に襲いかかってくるのは、いつ終わるのかもわからないゲリラコマンドと正規部隊の散発的攻撃だった。

 統一歴一九二六年九月十二日。
 元ルーシー連邦からの亡命者で、連邦語を解するヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ中尉の捕虜尋問はひとつの天啓を与えた。
 数人の捕虜の下士官や兵は、『現共産党』への不支持を表明している。
 ターニャを含めた帝国軍人は、敵が共産主義者であり、党のために戦っているのだと思い込んでいた。
 だが連邦軍内に『共産主義』への隔意があるのに崩壊していないのは、『祖国』を守るためだからだ。
 だから帝国軍が勝つほど連邦軍は団結していく。『共産主義』ではなく『祖国』のために。

 第弐章 奇妙な友情  Strange Friendship
 統一歴一九二六年九月十二日。
 参謀本部に出頭したターニャ・フォン・デグレチャフ魔導中佐と、ハンス・フォン・ゼートゥーア中将の討議は続く。
 対連邦戦略の大幅な見直し。無慈悲な共産党と粗暴な帝国軍の板ばさみになっている連邦の民の中に“友人”を作る。
 それは多民族国家である『連邦』の弱点を突くことでもある。
 敵の敵は友人たり得る。

 西方で行われている帝国軍と連合王国軍の戦いにおいて、連合王国軍は航空戦力の損耗率が激しすぎた。
 ベテランの損耗を新兵の補充でなんとか数を保っている状態である。
 四月に第二0三航空魔導大隊が行なったパイロット救難任務がいまだに尾を引いている。
 海軍艦隊も帝国軍潜水艦に叩かれて、多数の駆逐艦が海の泡となった、
 なんとか帝国軍と戦っている“友人”に頑張って欲しいが、大規模な粛清人事が組織を停滞させ、数的優位を生かしきれていない。
 連合王国としては共闘したいところだが、本土防衛で手一杯の状況だ、植民地国家に至っては世論が断固参戦拒否を叫んでいる。
 とりあえず時間稼ぎをして帝国と連邦の共倒れを願う間、ひとつの作戦と、ある取引が行われようとしていた。

 第参章 北方作戦  Northern Operation
 統一歴一九二六年九月二十八日。
 帝都に帰還した「サラマンダー戦闘団」とターニャ・フォン・デグレチャフ魔導中佐。
 参謀本部に呼び出されたターニャにルーデンドルフ中将が満面の笑みで渡したのは、参謀本部軍事諜報局の推薦による《白翼大鉄十字章》。
 そして悪寒を感じるターニャに下されたのは、「サラマンダー戦闘団」の解散命令だった。試験運用期間の終了ということである。
 人的摩耗が多いこの戦争で、今後はこのドクトリンを参謀本部が拡大継続していかなければならないと言われれば抗弁もできない。
 原隊である第二0三航空魔導大隊だけがターニャに残され、参謀本部が新編成する新「戦闘団」が完成するまで臨時任務が与えられた。
 あちこちで情報収集に失敗してきた肩身の狭い諜報局肝入りの作戦は、連合王国海軍の切り札《RMSクイーン・オブ・アンジュー》への襲撃。
 見事にクズネタを拾ってきた諜報局のおかげで、第二0三航空魔導大隊は護衛の海兵魔導師部隊二個連隊との死闘に入る。
 「派遣義勇軍」所属のメアリ・スー中尉を再び撃破したものの、死亡者を含めて十名もの戦友を失った憤りに、ターニャは《白翼大鉄十字章》に銃を向ける。
              幼女戦記 5
 アニメは第8話ラストで、オリジナルエンドに向けて舵を切ったようです。
 5巻前半では第二0三航空魔導大隊は大幅に戦力を失いました。損害率25%とは大きな痛手です。
 日付を見て気がつきましたが、ターニャちゃんは誕生日を過ぎてますね。いま、一二歳ですか。
 早く立ち直ってね。

関連記事

第1823回 ビブリア古書堂の事件手帖(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」

 プロローグ
 第一章「喜び以外の思いは」
 第二章「わたしはわたしではない」
 第三章「覚悟以外は」
 エピローグ


  『人肉人質裁判」ってすごいタイトルですね。(笑)
 次々と明かされていく、栞子も知らなかった母方の祖父母の事情。。
 ウィリアム・シェイクスピアのファースト・フォリオから作られたファクシミリ(複製)を廻る物語。
 なぜ篠川智恵子は10年前、家族を捨てて世界中を駆け巡ったのか。
 母と娘の鑑定眼は、400年間受け継がれてきた本物のファースト・フォリオを見抜けるのか。
              ビブリア古書堂の事件手帳7

 「ビブリア古書堂の事件手帖」の本編はこの巻で終了です。
 智恵子ママはなにかシンジケートでも作ってるんですか?(笑)
 栞子さんと大輔くんは新たな第一歩を踏み出します。
 このあとは登場人物の書かれなかった番外編、スピンオフが書かれるということで、ちょっと安心しました。
 文香ちゃんメインの話も読んでみたいですね。
 映画化は全然期待しませんが、アニメの方は成功して欲しいです。

関連記事

第1822回 幽霊なんて怖くない

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本 弘 BISビブリオバトル部 2「幽霊なんて怖くない」 Who's afraid of Ghosts

 表紙はメールマガジン部の流冥弐久寿。
 本編も空ちゃんと武人くんの交互の視点で語られていきます。
 今回のテーマは〈恐怖〉と〈戦争〉です。

 1.「少しでもお祖父さんの気持ちに近づけるんじゃないかって」
 夏休み合宿という定番のシチュエーションが行われたのは、造り酒屋の広大なお屋敷を持つ埋火武人(うずみひ たけと)の実家。
 あいかわらず空ちゃんはSFの話になるとブレーキが効きません。
 《宇宙世紀》って1960年が始まりなんですか、(笑)
 〈戦争〉という巨大なテーマへの切り口を模索する6人。ここで『艦これ』問題が論争に火を点けます。
 そして空ちゃんにはSF禁止令が。

 2.「だから実在の人間で掛け算をしないでください」
 午後10時。大広間でロウソクの灯りだけで行うビブリアバトル。テーマは〈恐怖〉。
 参加者は発表者である部員6名、埋火家の祖母と両親、そしてメルマガ部の流冥弐久寿(ルメイ・ニクス)の10名。
 
 1番手・伏木空   ジョン・ウィンダム「強いものだけが生き残る」
 2番手・小金井ミーナ  小野不由美「魔性の子」
 3番手・安土 聡 コンビニ本「死ぬほど怖い噂100の真相」
 4番手・埋火武人 今野晴貴「生活保護^-知られざる恐怖の現場」
 5番手・輿水 銀 久正人「ライアーランド王国公認 びっくりモンスター大図鑑 知識の泉へようこそ」
 トリ・菊池明日香 藤野恵美「七時間目の怪談授業」 

 さて、チャンプ本は誰の推薦本だったのか。
 とても個性的な選択ばかりです。

 3.「もしも幽霊がいるなら私のところへ来なさい!」

 深夜になっても安土部長と武人の昼間の論争は尾を引いていますが、さすがに部長は年長者として矛を収めます。
 そして〈戦争〉をテーマにした発表本に悩む空ちゃんに不思議な現象が。
 眠れぬ空ちゃんが見た幽霊の指し示す本とは?

 4.「大和が沈んだ時、何人死んだか知ってるか?」
 空ちゃんがどうしても解明できない『ウルトラセブン』の謎。
 安土部長が武人に観せた『艦これ』MMDは、ヒッターの好きな「【第12回MMD杯本選】艦隊これくしょん 序章~Overture~ 」でしょう。(ヒッターもこれで泣きました)
 人は数字で泣くんじゃない。キャラクターで泣くんだというのはよく理解できます。
 不謹慎で悪いか?事実の羅列だけで、人は泣けるか? 心を揺さぶるドラマが必要なんだ、という発言に、ノンフィクションしか認めないという武人くんには反論する術がありません。

 弐久寿ちゃんの二つ名が判明。《虚空の冥姫(ダーク・プリンセスオブ・ザ・ヴォイド)》だそうです。(笑)

 5.「だからこそ現実にしたいんじゃない。本当はきれいごとがいいんだもん。」
 副部長:菊池明日香が好敵手と認める真鶴高校ミステリ研究会会長・早乙女寿美歌。二つ名は《迷宮の女王(クイーン・オブ・ザ・ラビリンス)》。
 明日香さんはHカップだそうですが、胸の方もライバルのよう。
 SFオタクの空ちゃんの向こうを張るミステリオタクの寿美歌さんは、巨乳好きの武人くんですら恐怖を感じる論客のようです。

 1番手・輿水 銀 宗田理「ぼくらの太平洋戦争」
 2番手・菊池明日香 デーブ・グロスマン「戦場における〈人殺し〉の心理学」
 3番手・安土 聡 マクスウェル・テイラー・ケネディ「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」
 4番手・伏木空 筒井康隆「馬の首風雲録」
 5番手・埋火武人 山本美香「戦争を取材する -子どもたちは何を体験したのか」
 トリ・小金井ミーナ 中島三千恒「軍靴のバルツァー」
                 ビブリオバトル部2

 バトルを観戦していた世界史の朝比奈先生が新顧問を引き受けてくれました。
 「ビブリオバトルは自分の思想を伝えたり、論破することが目的ではない。著者の言葉を伝えることだ。」
 これは大事なことですね。
 先生は空ちゃんに1票入れていました。
 「我々がしなければならなかったのは戦うことじゃない。愛し合うことだった。」は名言です。
 朝比奈先生は山本弘さんの代弁者であり、ヒッターよりも少し上の世代ですね。
 やはりリメイクの「宇宙戦艦ヤマト2199」でカットされた部分に言及してきましたか。
 ヒッター的にも「2102」を観に行く気にならないのは、押井守監督が降板したのと同じだと思います。(笑)

 3巻の文庫化は来年かな。
 次はライバル校の真鶴高校ミステリ研究会会長・早乙女寿美歌との対戦のようです。

関連記事