まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1792回 蔵書管理2017年 1月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.01

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。1月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年1月31日で22,533冊(先月増+31冊)となった。 
 ペースは若干持ち直したな。40冊台に持っていきたい。

  内訳は
 小説  7,206冊
 コミックス 14,882冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年2月の予定
 「竜との舞踏」下巻がまだ残っている。
 航空宇宙軍史も2巻、3巻が手付かず。
 森岡浩之「突変」は買ったまま読んでない・・・
 
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第42回

 ドナルド・モフィット 「創世伝説」「第二創世記」

 1.創世伝説 THE GENESIS QUEST
 2.第二創世記 SECOND GENESIS


 かつて人類は膨大なメッセージとともに、自分たちの遺伝子情報を宇宙に向けて発信した。
 全てを送信するのに50年かかるデータを繰り返し送信したのだ。
 地球から3700万光年離れた渦状銀河M51で3700万年後にそれを受信、解析した十肢生物ナーの文明は、人類文明の科学知識によりは大きく発展させた。
 だが、突然データの受信は途絶し、以後、受信されることはなかった。
 生命科学の発展によりナーたちは人類の再生を行う。
 
 数百年後、1万人ほどに増えた再生人類たちは、人類文明のデータから芸術や文化を復興し、やがて独自の政治活動を始めてナーからの独立を図る。
 主人公のプラムは人類独立の革命に巻き込まれていくが、この時すでに渦状銀河M51に重大な危機が訪れようとしていた。
 ナーたちがかつて受信した人類の遺伝子データに隠されていた不死化ウィルス。
 ブラムたちは外見は若いまま500年以上過ごし、事故死以外で死ぬことはなく、生殖能力はそのままなので徐々に人口は増加していく。
 バサード型ラムジェットエンジン搭載の生きている樹木型宇宙船《イグドラシル》で主観時間500年が経過する間に、外部では3700万年が過ぎていた。

 なぜ人類からの送信が突然切れてしまったのか。M51を襲う危機とは。
 この二つは重要な関係があったのですね。
 上巻は再生人類とナーたちの生き残りが銀河中心ブラックホールを利用したスイング・バイで、3700万光年離れた人類の故郷銀河を目指すことになるお話でした。

 やっとたどり着いた銀河系で彼らが見たものとは。
 人類は本当に滅びてしまったのか。
 ついに発見した地球で、人類文明が終わった後に地球を支配し生物とは?

 創世伝説 上 創世伝説 下
 第二創世記 上 第二創世記 下

 これを読んだとき、ものすごい興奮した記憶がある。
 ともかくSFといえば超光速航法とかワープとかでバンバン宇宙を駆け回るものだが、亜光速飛行のウラシマ効果を利用するものは久々に読んだからだろう。
 最初に読んだのは、豊田有恒さんの短編小説集だっけ? なんだっけな?「サイボーグ王女」?

 こういう名作を早川書房さんは復刻してくれないかな。
 

関連記事
スポンサーサイト

第1791回 アニメ 有頂天家族2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「有頂天家族2」

 森見登美彦さんのたぬき三部作の第二作「有頂天家族 二代目の帰朝」がアニメ化される。
 原作が文庫化されるのを待っているのだが、アニメ放映前に出してくれるだろうか。
 出版されたのがちょうど2年前なので、良いタイミングだと思うのだが。

 

 今年は「夜は短し歩けよ乙女」も劇場版アニメが公開されるので楽しみである。

関連記事

第1790回 Decapitation

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ISIOISIN 「Decapitation: Kubikiri Cycle 」(Zaregoto Series)

 たしか10年くらい前に北米版が出たんだが、2巻あたりで売れなくて中止になったんだよな。
 アニメ化の影響で新規発売か。続けて出すのかな?
 物語シリーズは「BAKEMONOGATARI」のPART1、PART2が発売中。PART3が発売予告中。
 「NISEMONOGATARI」PART1、PART2の発売予告がでているが、月火とのパンツ談義や、火憐ちゃんとの歯磨きごっこがどう訳されるのか、読みたいものだ。
                KUBIKIRI SAIKURU

 戯言使いシリーズの中国語版タイトルが微妙だ。
 1.斬首循環
 2.絞首浪漫派
 3.懸樑高校
 4.絕妙邏輯(上)
 5.絕妙邏輯(下)
 6.食人魔法(上/下)
 7.完全過激(上)
 8.完全過激(中)
 9.完全過激(下)

 物語シリーズならそのまま中国語でもいいのだろうが、「幼女戦記」はまずかったらしい。
 「譚雅(ターニャ)戦記」に変えられたようだ。 

関連記事

第1789回 商人道(あきんロード)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

細野不二彦 「商人道(あきんロード)」全3巻

 やっと揃ったので読み始める。
 商人道(あきんロード)1 商人道(あきんロード)2

 世界を股にかける総合商社「ヒノマル物産」。
 入社7年目になる生活産業部門営業担当・大佛晃人(おさらぎあきひと)は社内の派閥争いに巻き込まれ、熊代常務の中国のシュールガス開発計画チームに引き抜かれる。
 汚職・賄賂の横行する中国政府高官とそれを追う国家保安部。
 利権を狙う同業他社、日本資源エネルギー庁。
 中国国内のシュールガス開発反対派。
 熊代常務の失脚を狙う亀和田専務。
 
 果たして大佛晃人はヒノマル伝説(レジェンド)で名を残せるのか。
 商人道(あきんロード)3

 うむ、陰謀あり、裏切りありの熱い(暑苦しい)ビジネスマンたちの闘いの物語ですねえ。
 3冊という長さが丁度いい読みやすさです。
 「ギャラリーフェイク」や「ヒメタク」のような1話完結ものもいいですが、細野先生は長編物のストーリー組立も上手いな。
 次の作品がまとまるのを待っています。
 

関連記事

第1788回 幼女戦記(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 1 Deus lo vult」

 アニメが面白いので原作を読もうと1巻を購入。
 アニメは1クールだから3冊分くらいかな。

                 幼女戦記 1 
 第零章 プロローグ      Prologue
 西暦2○13年2月22日。
 ひとりの無神論者の日本人サラリーマンが創造主の怒りを買った。
 というか、オーバーワークに疲れたオーバーロードの八つ当たりを受ける形で異世界に転生させられたのである。

 第一章 北辺の空       The Sky In Norden
 統一歴一九二三年六月。
 士官学校の研修士官としてターニャ・デグレチャフ魔導准尉は北方方面の現地警備軍に着任した。
 おりしも瀬戸際外交を行っていたレガドニア協商連合がロンディニウム条約を破って国境を侵犯。
 観測/支援任務に当たっていたデグレチャフ魔導准尉は砲撃着弾観測の最中、敵魔導師中隊に発見され追撃を受ける。
 撤退は許されず、ほぼ勝ち目の無い状況でターニャがとったのは、干渉式連続ドーピング、痛覚遮断、擬似高揚感で突貫。敵の足を引っ張りつつ、死なない程度に経戦不能になり、友軍に回収される範囲まで戦線離脱をするというものだった。
 だが、彼女はやり過ぎた。軍は単騎で敵魔導師中隊を撤退させた功労として『白銀』の二つ名と、生きて叙勲される者は希な《銀翼突撃章》を下され、魔導少尉に昇進する。

 第二章 エレニウム九五式  Elinium Type 95 Operation Orb
 負傷の癒えたデグレチャフ魔導少尉の任官先は本国戦技教導隊付き、総監部付き技術検証要員だった。
 新型の「エレニウム工廠製九五式試作演算宝殊」を開発しているアーデルハイト・フォン・シューゲル主任技師はマッドサイエンティストである。
 安全機構は機能美が無いから外そうという暴挙を辛うじて止めたが、度重なる失敗にターニャは遂に転属願いを出す。
 貴重な《銀翼突撃章》持ち航空魔導師の損耗を恐れた兵站総監部は、これを受理した。

 ここで《存在X》と呼ばれるモノたちの干渉が始まる。
 人類の信仰心の低下を嘆く彼らは、それを回復すべきサンプルとしてターニャという少女への転生を行ったが、まるで信仰心が目覚める気配がない。
 これは〈恩寵〉という見返りがないからだろうか。ならば〈奇跡〉によって迷える子羊に道を指し示すのも彼らの務めである。
 〈奇跡〉は神への祈りをもって〈加護〉として人間に賜われる。

 奇跡的に同調の成った「九五式」宝殊は従来の数倍の性能を引き出すが、そのためにはターニャは〈神への祈り〉を唱えなければならないという呪いを受ける。

 第三章 ラインの護り    The Watch/Guard On The Rhine
 四機同調による魔力変換固定化を可能とした演算宝珠の継続評価試験で西方のライン戦線に放り込まれたデグレチャフ魔導少尉。
 遭遇戦でフランソワ共和国の中隊規模捜索魔導部隊を単騎で撃破。
 しかし「九五式」の量産は不可能という結果に。
 《航空突撃章》を授与されたデグレチャフ魔導少尉は、教導隊から帝国軍西方方面司令部直轄機動打撃部隊第七強襲挺団第二0五強襲魔導中隊第三小隊への転属と同時に、幼年学校出身の新米兵3名の部下を得る。

 着任時のシュワルコフ中隊長とのやり取りが面白い。アニメにしたら5分以上の尺を取るだろう。

 反抗的な新米兵二名を後方送りにし、残ったヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ伍長を鍛えながらツーマンセルを組むが、敵魔導中隊の侵攻と友軍救助の任に趣いたデグレチャフ魔導少尉は、ふたたび単騎で二個中隊規模の魔道士部隊と対戦することになる。

 ライン戦線に二ヶ月前に現れた規格外の新鋭「登録魔導師(ネームド)」:個体名“ラインの悪魔”と交戦したフランソワ共和国第四航空魔導師団所属第四十二航空魔導団一0六、一0七捜索魔導師中隊はこの日、壊滅した。

 第四章 軍大学       War College
 帝国軍大学選抜選考審査において、公平を期すための匿名による一次審査通過者の再審議が行われた。
 事実上、首席合格者ともいえる“最優”の評価を得、情報部と憲兵隊が絶賛したエリート士官候補生に参謀本部人事課から異議が提出されたからだ。
 士官学校時代の兵站に関する論文が、匿名だったとはいえ査読した野戦将校に絶賛され評価されていた人物。
 そのデグレチャフ魔導中尉の軍大学入学を、エリートコースを歩む自分の経歴を賭けても阻止したいと言う人事課長レルゲン少佐。
 彼は士官学校時代のターニャを査察時に三度見かけ、その行動と性格の「異常」さを懸念していた。
 しかも九歳の時点で極秘裡に情報部が関わる事案で実戦に加わり、《二級鉄十字章》叙勲の申請を受けている。

 その懸念を跳ね除けて入学を許可されたデグレチャフ魔導中尉は、ある日、大学の図書館で偶然出会った帝国軍参謀本部戦務参謀次長ハンス・フォン・ゼートゥーア准将に、今次戦局についての見通しの意見を求められる。
 件の問題児に雑談程度で話しかけたものだが、ターニャの意見はこの戦争は帝国が全世界を敵に回して戦うことになるかもしれないという、“まるで見てきたような”世界大戦への予見だった。

 第五章 始まりの大隊    Primeval Battalion
 北方戦線と西方戦線を各方面軍が対処している中、中央では大陸軍がその支援を行うはずだったが、移動に時間を取られすぎて両戦線とも疲弊が激しい。
  「魔導大隊構想」。東方、南方方面にも対処できる新たな機動性の高い即応打撃部隊の編成が急務だった、

 一年弱の軍大学教程で《十二騎士》の一翼(卒業時上位十二名)に名を連ねた将来の参謀将校候補だが、デグレチャフ魔導中尉は卒業と同時に大尉に昇進する。
 参謀本部直轄で新編される航空魔導大隊の編成官の辞令を受け、その編成を成し遂げたという功績で少佐への昇進が約束される。
 一個小隊は四名。三個小隊で一個中隊。三個中隊で一個大隊三十六名。さらに予備中隊を加えた増強大隊は最大で四十八名。
 しかしこの極秘任務部隊志願者には、超ハードな地獄の選抜試験と訓練が待っていた。
 そしてダキア大公国の参戦によって「世界大戦」は次の一歩を踏み出した。
 幼女戦記 1-1

 うーむ、アニメも確かに面白いが、原作小説の情報量がすごい。
 これは原作を読んでからアニメを楽しむというのが正解だな。ものすごい説明カット率だ。
 欄外の注釈が嬉しい。
 ・しかご学派  ・ロールズの正義論  ・マルサスの人口論  ・ICBM
 ・富士総合火力演習  ・ロンディニウム条約  ・警戒線  ・ROE
 ・イタリア製の赤い悪魔  ・マーフィの法則  ・聖遺物  ・マジノ線
 ・ツジョーン級  ・ヴァルハラ  ・梯団  ・レーゾンデートル
 ・レンドリース  ・ナポレオン  ・フォン  ・K-Brot

 巻末付録に【内戦戦略と外線戦略/歴史概略図】有り。
 開戦から2年。一体何をやってるんだとヒッターは笑いました。
 泥沼もいいところじゃないか。

 これは2巻以降も購入決定。

関連記事

第1787回 ジム・スナイパーII

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様)

 「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で」は知らなかったです。
 ドリキャス用のシューティングゲームですか。
 こんなものまでプラモ化するとは。
 ジムスナイパーⅡ 01

 結構カッコイイじゃないですか。
 3機揃えるには3セット必要なんでしょうね。(笑)
 ジムスナイパーⅡ 02
 http://p-bandai.jp/hobby/special-1000007185/

 うーん、押し入れの肥やしに購入しようかなぁ。

関連記事

第1786回 グリンゴ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

手塚治虫 「グリンゴ」

 昨年、コンビニで手に取っていつもどおり買って家に帰り、後ろの方の記事を見ると翌月に続きが出るようなのでまとめて読もうと買い置きの山に乗せる。
 翌月、続きを買ってまた後ろの記事を見ると、まだ続くようなのでまた買い置きの山に積む。
 さらに翌々月は買い逃してしまい、Amazonに注文しようとしたら在庫切れで入荷待ちということなので、支払いだけ済ませて届くのを待つ。

 やっと届いたので、まだ続きはあるのかと最後のページを見ると
 「手塚治虫氏は1989年2月9日、逝去され『グリンゴ』は未完の絶筆となりました。」の一文が・・・
 グリンゴ 1 文化果つるところ グリンゴ 2 逃避行

 うーむ、これも未完の作品だったのか。チェックが甘かった。
 そもそも未完だから、ヒッターは買わずにいたので未読作だったのかといまさら気づく。

 グリンゴ 文化果つるところ
 グリンゴ 逃避行
 グリンゴ 焼き畑の村にて


 日本の高度成長期。大手商社が海外に進出していく中、商社マン・日本 人(ひもと ひとし)は南米の商業都市カニヴァリに赴任する。
 有力派閥に属し、密命を受けて支店長としてやって来た日本(ひもと)は、異文化の地でいきなり挫折を味わう事になる。
 誘拐、裏切り、ジャパン・バッシング、革命ゲリラとの取引、日本人同士のいがみ合い。
 この国では日本(ひもと)とその家族はグリンゴ(よそ者)でしかなかった。
 グリンゴ 3 焼き畑の村にて

  「ネオ・ファウスト」と同時期の作品で、未完に終わったのが惜しい。
 晩年の方が面白い作品を描けていたのではなかろうか。
 廉価版で一気に読めたのは幸いである。

関連記事

第1785回 ラインの虜囚

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹「ラインの虜囚」 The Prisoner of Rhine

 1821年。元フランス皇帝、ナポレオン・ボナパルトは南大西洋のど真ん中にある流刑地セントヘレナ島で死去した。
 しかし、それから9年。ナポレオンは実は生きていて、とある場所に幽閉されているという噂が流れる。

 カナダ生まれの少女コリンヌは、父親の死を祖父に伝えるためパリにやってきた。
 祖父と父は仲違いして疎遠となったが、孫娘としては祖父に直接会って父親のことを伝えたかったのである。
 5千万フランの財産を持つというギイ・ド・ブリクール伯爵は、コリンヌに一つの課題を与えた。
 ライン川を越えたある場所に立つ〈双角獣(ツヴァイホルン)の塔〉を探し出し、ナポレオンの存在の是非を確かめろと言う。
 期限は50日間。12月25日の降誕祭(ノルン)の正午まで。
 16歳の少女コリンヌは旅の同行者に、世界一の天才作家、世界一の海賊、世界一の剣士を選んだ。
                 ラインの虜囚

 いや~、出てくる出てくる。
 誰でも耳にしたことのある人物オンパレードですね。

 フランスは七月革命が起こった年。
 この時代はドイツという国はなく、300以上に別れていた小国家が40ほどに纏まった時代。
 ブリクール伯爵の遺産を狙う〈暁の四人組(パトロン・ミネット)〉の追撃を躱しながら、コリンヌと三人のお供はナポレオンの謎を確かめられるのか。
 ヒッターが小学生の頃に読んだシャーロック・ホーームズやアルセーヌ・ルパンのようなジュブナイル作品として、たいへん面白く読めました。
 「ヴィクトリア朝怪奇冒険譚」三部作(既刊2巻)も文庫化してくれないだろうか。
  

関連記事

第1784回 宿場鬼

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

菊地秀行 「宿場鬼」

 中山道の下諏訪に近い宿場町「鬼利里宿」。
 霧の中から突如現れたのは負傷して記憶のない若者。
 木の枝で鬼神の技をふるう口の訊けぬ若者は「無名(むみょう)」と名付けられた。
 氷のような殺気を纏い、〈臥鬼〉という人外の兵法を使う無名。
 〈臥鬼兵〉ひとりで千人の侍と戦えるという。
 過去を失った人間兵器に等しい無名をも倒した技を持つ者は誰なのか。
                       宿場鬼
 謎は謎のままという感じで終わってしまいました。
 再び霧の中へ歩み去った無名。
 かの人間兵器たちを生み出した組織はなんだったのだろうか。
 菊地先生、これはシリーズ開幕とあるのでまだ続くのですか?
 なんかモヤモヤします。

関連記事

第1783回 龍師の翼(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原正敏 「龍師の翼 史記・留侯世家異伝」3巻

 張良初陣。
 八千の敵に挑むは借り物の兵を含めて五千。
 
 戦(いくさ)で重要なものはなにか?
 兵の多寡、強弱、士気。将帥の器。謀士の知略。
 これだけでは足りない。
 「太公望の兵書」を授かったという張良は、それを偵知(情報)だという。

 紀元前二百八年。
 沛公(劉邦)は碭(とう)、下邑(かゆう)を陥とし、項梁軍は七万の大軍で景駒を敗走させていた。
              龍師の翼 参

 まだ序盤も序盤ですが、機会があればまた司馬連太郎さんの「項羽と劉邦」を読みたいものだ。
 この先どうなるんだっけ?

関連記事

第1782回 ゴーストケース

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

柴田勝家 「ゴーストケース 心霊科学捜査官」

 幽霊というものの存在/現象が科学的に解明され、霊子を工学的に取り扱う技術が実現された。
 死んだ人間の声が聞ける「霊子ラジオ」など霊子機器メーカー、事故物件の幽霊駆除業者、幽霊との遺産相続や示談交渉をする弁護士が出現する一方、警察にも死後犯罪と超常犯罪を専門に扱う部署が作られた。
 警視庁捜査零課と附属機関である、霊子科学、宗教化学、外道陰陽術を駆使して捜査に協力する心霊科学捜査研究所(霊捜研)である。

 警視庁刑事部捜査零課・音名井高潔警部補と霊捜研の新人心霊科学捜査官・御陵清太郎は、「聞くと自殺するCD」による連続自殺事件を追う。
                  ゴーストケース

 ヒッターはあまり「心霊もの」は読まないのですが、前回、「クロニスタ――戦争人類学者」が面白かったので購入した。
 霊素工学というのは「屍者の帝国」でも使われたものだが、それを現代社会ではどう利用されるのか。
 元・野良陰陽師の御陵(みささぎ)くんしかクローズアップされませんでしたが、霊捜研の面々もひと癖ありそうです。
 シリーズ化されるのかな?

関連記事

第1781回 ORIGIN

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

BOICHI「ORIGIN(オリジン)」1巻

 西暦2048年。日本は大陸横断鉄道によってユーラシア大陸に接続された。
 しかし、大量に流入する外国人によって首都・東京はテロと犯罪の坩堝と化していた。
 その大都会の闇で、夜な夜な人間を襲い虐殺する謎の存在。
 人間の世界に隠れ住む「人間ではないもの」とは?

 人工知能アプリケーションで思考、会話し、人間とソックリで見分けが付かない存在。
 そのプロトタイプであるオリジンと、8体の兄弟たちとの闘い。
              ORGIN 1

 まだ1巻なのでどういう方面へ発展するかわからないが、非常に面白い。
 アクションシーンの絵も上手いなあ。韓国の漫画家さんは上手い人が多い。
 細部の設定など士郎正宗並みですね。
 やはり充電しないとバッテリー切れになるんですね!!

 2巻をお待ちしています。

関連記事

第1780回 ゴブリンスレイヤー 4

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 4」

 今回は短編集ですね。表紙は受付嬢さんです。
                ゴブリンスレイヤー4

 第1章 新米戦士と見習聖女のお話
 第2章 ある男の子のお話
 第3章 酒場の女給のお話
 第4章 ありふれたゴブリンの巣のお話
 第5章 彼がいない日のお話
 第6章 悪魔に魅せられし魔宮の滅亡するお話
 第7章 死人占い師が手番二番くらいでずんばらりされた後のお話
 第8章 妖精弓手のぐだぐだした休日のお話
 第9章 三人の数ヶ月くらい前のお話
 第10章 往って帰って来たお話

 全10話ですが、いろいろな登場人物にスポットが当たったお話集でした。
 次は長編の冬の雪山篇ですね。
 あとがきにある、「1巻は丘を越え、2巻は地下の都市、3巻で七本の怪物、4巻休みで5巻は山の砦」って、何の話だろうか。
 気になる。

 栞がデカイ。
 栞GS

関連記事

第1779回 竜との舞踏 (5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジョージ・R・R・マーティン 氷と炎の歌 第5部「竜との舞踏(下)」
A SONG OF ICE AND FIRE Ⅴ:A Dance with Dragons Part 3


             竜との舞踏3

 下巻前半。

① ヒズダール・ゾ・ロラクとの結婚による共同統治で、デナーリスは支配権を失いつつあった。
 復活した奴隷闘技の会場で、偶然にもライオンの餌になるところであったティリオンを救う。
 だが、舞い戻った黒龍ドロゴンは闘技場をめちゃくちゃにし、デナーリスはドロゴンと共に空の彼方に消える。

 一方、ティリオンは赤痢の蔓延する野営地で、サー・ジョラー・モーモントと共に脱出の策を練る。

② 鉄諸島を旅立ったヴィクタリオン・グレイジョイ率いる99隻の船は、その半数を失いながらもミーリーンを目指す。
 途中の島々で略奪を重ねながら航行してきたつけで、負傷していたヴィクタリオンは、ティリオンと同じ船に乗っていて嵐で遭難していた〈赤の祭司〉を拾い上げる。
 秘儀による治療を受けたヴィクタリオンは、デナーリスを求めて進発する。
 ヴァリリア 5-3-1

③ ジョン・スノウは迫る〈異形(ジ・アザー)〉との戦いに備え、〈野人〉と手を組むと決めた。
 憎みあい戦った〈野人〉と〈鴉〉だが、共通の敵は〈異形(ジ・アザー)〉であり、《壁》はそのためにある。
 数千人の〈野人〉は《壁》えお通り抜け、その幾ばくかは黒衣を着る戦士となる。

④ 偽物と知らずウィンターフェル城からサンサ・スタークを逃がそうとする吟遊詩人たち。
 ボルトン公の手から逃れるためにはシオン・グレイジョイも、その計画に乗るしかなかった。
 そしてウィンターフェル城から3日の距離に、スタニス・バラシオンの軍勢が迫る。
 北部 5-3-1

⑤ 数々の罪で告発されたサーセイは独房に閉じ込められていた。罪を告解するまで自由はない。
 いくつかの罪を認めることで待遇は改善されたが、未だ幽閉のの身である。
 双子の弟のジェイミーは行方知れず。ドーンに嫁いだ娘のミアセラは刺客に襲われたと知り、脱出の策を練る。
 南部 5-3-1

 ジョン・スノウ総帥の決断は吉と出るか、凶と出るか。
 ドロゴンと共に飛び立ったデナーリスは何処に?
 シオンはスタニスの元へ逃げ切れるのか。
 サーセイの起死回生の策は。

 後半に向けて動きが気になるところですが、どうせこの巻では終わらないので、第6巻が出るのを待つことになるんだろうな。
 絶対に第7巻で終わるとは思わない。(笑)
 とりあえず、本書を読み終わることを優先しよう。

関連記事

第1778回 海王ダンテ 2巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

皆川亮二 「海王ダンテ」2巻 “Dante” Ocean King

 さあ、2巻では史実でもネルソン提督の妻となる未亡人フランシス・ニズベット嬢が登場です。
 
 ジョゼが奪った“生命(ライフ)によって蘇ったキャプテン(ウィリアム)キッド。
 狙うのはダンテの持つ“要素(エレメント)”の本。
 東インド会社の重役で大富豪であるマーラ氏の臨終の前に、イギリス貴族の娘で妻として嫁いだフランシス嬢を連れ戻すため、イギリス海軍士官見習いのダンテたちはインドへやってきた。
 ヒンドゥー教では、夫が死ぬと寡婦は夫の亡骸とともに焼身自殺をするという「サティー(寡婦殉死)」の儀式がある。

 キッドを使って“要素(エレメント)”の本を狙うジョゼ。
 マーラ氏の財産を狙ってフランシス嬢を「サティ」に架けようとする僧侶たち。
 キッドの財宝を狙うフランス海軍のナポリオ・ボナパルト。

 ナポリオが美味しいところを持っていきますね~
 “構成(ビルド)”の力も凄いものです。
           海王ダンテ 2

 次巻は最古の女海賊と言われるスカンディナヴィアのアルビダ女王の出陣ですか。
 もうひとりは誰なのかな?

関連記事

第1777回 実写版 咲-Saki-

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

実写版「咲-Saki-」清澄高校制服セット(宮永咲・原村和バージョン)

 2月に劇場版が公開されるが、バンダイではこんなものも売り出すのか!?
 これ買ったら、家族からどんな目で見られるだろう・・・
 実写版「咲-Saki-」清澄高校制服セット 1
 実写版「咲-Saki-」清澄高校制服セット 2
 http://p-bandai.jp/item/item-1000111548/

 アニメ「咲-Saki-」は面白かったな。
  ドラマ版見てないから、そちらを先に見ないとな。
 

関連記事

第1776回 女子柔道部物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

小林まこと 「女子柔道部物語」1巻

 いや~、小林まことさんの漫画はしばらく読んでませんでしたが、懐かしい作品の続編ですね。
 「柔道部物語」の三五十五はいろいろな作品に顔を出していますが、本作にも登場しています。
                  女子柔道部物語

 1996年アトランタオリンピック柔道女子61kg級金メダリスト・恵本裕子さんをモデルにした小林まこと流スポ根もの。
 神楽えもという高校一年生の女子が、やったこともない柔道を初めて一週間で新人戦優勝を果たすという、天性の才能を発揮し出す。
 しかし、世界の壁はまだまだ厚かった。
 
 うーん「柔道部物語」をまた読みたくなってきた。家の中のどこかに埋まっているだろうが探せない、
 2巻を待っています。

関連記事

第1775回 結物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新「結物語」

 ネタバレが含まれています。
              結物語

 「化物語」で阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎが出会ってから5年後のお話。
 老倉育と共に同じ大学でキャンパスライフを送っていた彼らは、卒業してそれぞれの道を歩み始めた。

 阿良々木暦はなんと国家総合職試験に合格し、キャリア警察官・阿良々木警部補として直江津警察署に4ヶ月間の研修として帰ってきた。
 しかし研修先の「風説課」とは、暦クラスの“怪異”と関わった者たちが、臥煙伊豆湖の網に引っかかって集められた部署であった。

 第一話 ぜんかマーメイド
 周防全歌(すおう ぜんか)。26歳、「風説課」の巡査。
 彼女は十年前に“人魚の肉”を食べて不老不死となり、吸血鬼に匹敵する不死身性を有する女性である。
 彼女と暦が最初に担当した5人の少年連続水難事故は“怪異”絡みなのか?

 火憐ちゃん(20)は高校を卒業して、直江津警察署生活安全課に配属されたので、兄より先輩警察官です。
 神原駿河(22)はスポーツドクターを目指す大学四年生。
 2人とも、もう大人になってしまったんですね~

 ピラニア型人魚というか半魚人というか、なんか絵面的に怖いですよ、全歌さん。(笑)

 第二話 のぞみゴーレム
 兆間臨(きざしま のぞみ)。29歳。「風説課」の警部であり、暦にとっては直江津高校の先輩にあたる。
 中学生の時に死んだ彼女は、祖父母に泥で作った人形に魂を封じ込められた。
 祖父母が死んでから外見は変わっておらず、見た目は中学生である。
 不死身性においては周防全歌に引けを取らない。
 研修2ヶ月目。彼女と暦が担当した、直江津高校の生徒の制服切り裂き事件の真相は?

 忍野扇は学校の幽霊になってしまったんですか。(笑) 駿河さんとはまだ会っているようですね。
 千石撫子ちゃん(19)は中学卒業後にこの町を出て漫画家・千石ナデシコとしてデビュー。コミックスも出たようです。

 兆間臨が言うには、彼女が直江津高校に通っていた頃も、この学校には怪異に関わった生徒が複数いたようです。
 「風説課」に来て暦は自分だけが特別で、苦労の多い青春時代を送ってきたのではないと知ります。
 臥煙ネットワークはかなり前から人材集めをしていたんですね。

 第三話 みとめウルフ
 再崎みとめ。年齢不詳、生まれついての人狼一族の末裔。
 警察の多くの特殊部隊で活躍していたところを、臥煙伊豆湖に引き抜かれる。
 彼女の今回の任務は、三年ぶりに帰国する羽川翼の警護だった。
 
 高校卒業後、世界一周旅行に出た羽川翼は、その後「本物の化物」と化した。
 国同士の戦争を調停する彼女の居る場所に空爆が行われたり、彼女を批判する国が吸収合併で消滅したり、数多の国境線を消すことを成し遂げた存在として、国際指名手配ばりの追跡が行われている。
 そんな彼女が日本に帰ってくる。しかもこの町へ来るというのだ。

 月火ちゃん(19)、二度目の大学中退。将来が心配です。(笑)
 ナデシコ先生のところでチーフ・アシですか。

 暦と会った翼は本物だったのか?替え玉だったのか?
 さて、羽川翼(23)はその存在をまるごと消してしまいました。
 この後、世界中で彼女を見た者は誰もいないようです。
 すると、ひょっとして「忘却探偵」として新しい人生を、というのは、まだありえますね。

 第四話 つづらヒューマン
 甲賀葛(こうが つづら)。年齢不詳。「風説課」課長であり、唯一の人間。
 臥煙伊豆湖の後輩であり、「風説課」設立の立役者。忍野メメのことを「忍野くん」と言うから同輩か?

 研修4ヶ月目。阿良々木暦は人生の帰路に立たされていた。
 海外で金融トレーダー見習いとして頑張っている戦場ヶ原ひたぎとの、三度目の破局である。
 エリート国家公務員として第一歩を踏み出した暦と、実力を認められて、これから活躍が期待されているひたぎの遠距離恋愛は、互いの意地もあり着地点が見えない。
 研修終了の手続き書類を抱えて役所へ趣いた暦は、そこで大学時代にひたぎと共にトリオを組んでいた老倉育と再会する。

 育さん、相変わらずの性格で好きです!
 ひたぎと破局した暦に「もし、三十路過ぎても、お互い独身だったら」って言うシーンが良かったです。

 北白蛇神社の神様はどこへ行ったんでしょうか?
 ぜひ、お会いしたかったです。
 おみくじ

 つぎは10年後くらいか、20年後くらいのみんなの子供の話を読みたいですね。
 これでオフシーズンは終わりですが、「撫物語」に入らなかった二作はどうするのでしょうか。
 次回作はモンスター・シーズン「忍物語 第一話しのぶマスタード」ですな。
 デストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスターさんの再登場かな?

関連記事

第1774回 大宇宙を継ぐ者(47)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

第39サイクル「時の彼方の国々 Die Jenzeitigen Lande 」 2800-2874巻

 2850巻~2854巻までをまとめる。
 Nr.2850 Die Jenzeitigen Lande
  Nr.2851 Die Mnemo-Korsaren
  Nr.2852 Spaykels Rache
  Nr.2853 Im falschen Babylon
 Nr.2854 Der letzte Mensch

 アトラン、ジュリアン・ティフラー達は《嵐の国》からアトピック・フェリー(Atopischen Fähre)で《時の彼方の国》へ渡った。
 到着したのは《接続島(Insel der Hiesigkeit)》の1つ〈ヴェステ・タウ〉。
 この《島》の外には熱平衡状態の終末の宇宙が広がり、《島》は独自の《超越領域(auto-kausale Transzendenz-Zone)》によりシールドされている。
 アトランは記憶買取屋(Gedächtnishändlerin)に幾つかの記憶を売って、代わりに情報を得ることにする。
 だが、アトランの数多の冒険の記憶はお宝の山だった。
 記録略奪者(Die Mnemo-Korsaren)たちに狙われたアトランは計略で退け、〈ヴェステ・タウ〉の中心核へ進む。

 それはテクノクラフト(Technogeflecht)で覆われた地球の衛星ルナだった。
 Nr2850.jpg

 かつてのルナの巨大計算脳《ネーサン》は、数万年をかけて「ディス・クロンせん断(dys-chronen Scherung)」技術により 6次元ベース(basiert auf sechsdimensionalen)で作動するイントトロニック Intotronik)化を遂げていた。
 《ネーサン》の娘イラ(YLA)はアトランに、最後の人類(Der letzte Mensch)の歴史を見せる。

 アトランが出発した新銀河歴16世紀(16. Jahrhundert NGZ)から40億年(vier Milliarden Jahre)後、銀河系とアンドロメダ銀河が交差した「GAヨマード(GA-yomaa)」と呼ばれる星域は、2億8千万年(280 Millionen Jahre)の間、通過不能のバリア(unüberwindbaren Barriere)で封鎖されていた。
 このバリアが消えたことで、ジェアダル人(Jeadhal)の調査船団は交差銀河(Die Kreuzgalaxis)「GAヨマード」に侵入する。

 ハイパーエネルギー(Hyperenergie)がまったく観測されないまま10年後、やっと探知したのは1辺9kmの巨大な箱型宇宙船団だった。
 滅びたチオ・ビオム帝国(der Kaiserlichen TioBiom)の末裔は、「君たちは本物の生命体か?(Seid ihr wahres Leben)」と尋ねてきた。
 二百の太陽の星の遺産の管理者(der untergegangenen Hundertsonnenwelt verwaltet)は、かつてこの交差銀河に統合文明(Gemeinschaftszivilisation)を築いた種族がいたが、既に滅びたと言う。
 その種族の星系の座標に向かった調査船団は、40億年の間に膨れ上がったソルを見つける。水星と金星は行方不明(denn Merkur und Venus sind verschwunden)。
 海王星は失われた(Auch Neptun existiert nicht mehr)。
 灼熱の惑星(der innerste Planet)となったテラの反対側の軌道にある、テクノクラフトで覆われたルナにコンタクトを取った船団は、《ネーサン》から応答を得る。

 アトランの意識を移した調査隊員に対して、PEW金属に宿った《島の王》ゼノ・コルティンは《ネーサンの息子》マダン・アダル・ネーサン(Matan Addaru Nathan)を名乗り、新銀河暦2577年以降の歴史を語る。

 テラナーとテフローダーが築いた《新タマニウム(Neue Tamanium)》は発展し、共同体《タラナー(Die Taraner)》となった。
 かつての超越知性体《バルディオク(BARDIOC)》と《テルムの女帝(der Kaiserin von Therm)》の融合体《テルミオク(THERMIOC)》が連絡を取ってきたのはその頃である。
 超越知性体《Es(それ)》を探しているという《テルミオク》のため、人工惑星ワンダラーの搜索が始まり、発見されたが《Es(それ)》の姿はない。
 そこで発見されたイントトロニクスの設計図(Die Konstruktion einer Intotronik)を元に、《テルミオク》の力の球形体で《ネーサン》は6次元ベース化の改造を受ける。
 性能が格段に増した《ネーサン》はイラのようなアヴァター(Avatare NATHANS)を多数創り出し、各惑星に人類の助言者として送り出す。

 2000万年が経った頃、タラナーの人口は減少を始め、星系間の移動も減り、高等生物も徐々に滅び始める。
 いつの間にか交差銀河を謎のバリアが覆い始め、そして悠久の時間が過ぎた。
 
 ジェアダル人(の調査船団がルナから去った後、《アトピック法廷》の裁判官ヴェイルダンディ(Veirdandi) が最後の人類であるマダン・アダルをスカウトに来る。
 アトランは《ネーサン》の娘イラの助けを借りて、マダン・アダルの元へ向かう。
 Nr2854.jpg

 Nr.2855からNr.2863までは銀河系での出来事なので、ここで区切りとしよう。
 10話分くらい行けるかと思ったが、疲れてしまった。(笑)
 アトランが聞いたのは、ペリー・ローダンが死んでしまった未来ですね。
 ところで《Es(それ)》さんはどこに行ったのでしょうか?

関連記事

第1773回 キマイラ・吼(12)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ 12 曼荼羅変

 本巻はシリーズ通算20巻目となる。

 九鬼麗一が中学三年の頃、円空山で九十九三蔵と出会った。
 翌年、彼らと阿久津元、亜室由魅は西城学園に入学する。
 思春期になり、身体に異常が生じ始めた九鬼。
 共に真壁雲斎の指導を受けた二人が、後に命を賭けた死闘を行うことになるとは、どちらも思っていなかった。いや、少なくとも九十九三蔵は。

 ふたりが箱根の九鬼玄造の別荘で見つけた二枚の写真。
 そこには二歳くらいの九鬼麗一と、赤ん坊を胸に抱いた九鬼の母・智恵子。そして傍らには、九鬼によく似た顔の男が寄り添っていた。

 当時、西城学園を支配していたのは空手部の隠れ蓑を被った「もののかい」というグループ。
 「もののかい」の人間狩りに関わってしまった九十九三蔵、九鬼麗一、亜室由魅。
 《トランシルヴァニア症候群》とは何なのか。
 九鬼麗一が西城学園を支配すことになる以前の物語。
                  キマイラ曼荼羅変

 すいません、真壁雲斎が亜室健之と《ルシフェル教団》の話をしていたはずなのに、なんでこっちへ脱線しちゃったんですか。(笑)
 まあ、面白かったからいいけど。

 あと3~4巻で終わらすってホントかな?
 次巻「堕天使変」は来年の春ころか。

関連記事

第1772回 はぐれアイドル地獄変」4巻 

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

高遠るい「はぐれアイドル地獄変」4巻

  ドS医者をぶっ飛ばしたために、キワモノアイドルにして武道家である南風原海空(はえばるみそら)にせまる刺客。
 そして亡き父・南風原楯史(はえばるじゅんじ)も何やら因縁深いものを娘に残していったようだ。

               はぐれアイドル地獄変4

 次巻は海空を倒すべく、世界中の女性トップアスリートが集う格闘技世界一決定戦が始まるようです。
 いよいよ「地獄変」が始まるのか? という予想を残した4巻でした。

 いや、エロいの方もよろしくネ!

関連記事

第1771回 怖い女

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

手塚治虫「怖い女」

 女性の「業」を描いたアンソロジー。

 ・ラインの館にて
 ・人形の家(七色いんこより)
 ・ハエたたき(サスピジョンより)
 ・夜の声(空気の底より)
 ・女王シグマ(アポロの歌より)
 ・ハリケーン(ブラックジャックより)
 ・最上殿始末
                怖い女

 「女王シグマ」が面白かったですね。「アポロの歌」って読んだっけ?
 次点で「最上殿始末」か。

 「空気の底」は持っているが、なにせ読んだのがだいぶ前だし、この話は覚えてなかった。手塚作品を網羅するのは難しい。
 (「火の鳥」もまだ残ってるそ)
 この手の作品集はもっと出して欲しいな。

関連記事

第1770回 コミック版 GATE(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

柳内たくみ 「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
 コミック10


 昨年末に出ていたのか。知らなかった。
 コミック版8~9巻では「特地迷宮攻略編」を間に挟んでいたので、ストーリー的にはちょっと遠回りという感じだったな。
 10巻では伊丹たちはハーディの神殿へやって来たが、これは第4部「総撃編」のパートを前倒しで「動乱編」に挟んだのですな。
 こちらの方が流れ的にも良いですね。
               ゲート10

 これはコミックスは全部で20巻まで行くな。
 
 

関連記事

第1769回 混物語 第三期

Posted by ヒッター7777 on   3 comments   0 trackback

西尾維新 「混物語」

 劇場版「傷物語」来場特典の小冊子「混物語」全15話の内、第10話までが判明した。
 来場特典は4話×3回なので第12話までしか配布されないのだが、残り3話はどうするのだろうか、
 各円盤特典で3話が付いてくるかと思ったが、そうではなかった。
 
 「傷物語Ⅰ 鉄血篇」
 ①「第忘話きょうこバランス」-忘却探偵シリーズ
 ②「第強話 じゅんビルド」-最強シリーズ
 ③「第法話 のみルール」-伝説シリーズ
 ④「第眼話 まゆみレッドアイ」-美少年シリーズ

 「傷物語Ⅱ 熱血篇」

 ⑤「第病話 くろねこベッド」-世界シリーズ
 ⑥「第血話 りすかブラッド」-りすかシリーズ
 ⑦「第刀話 ひていクリア」-刀語シリーズ
 ⑧「第殺話 いおりフーガ」-人間シリーズ

 「傷物語Ⅲ 冷血篇」
 ⑨「第軍話 しおぎレンジャー」-戯言シリーズ
 ⑩「第招話 あかりトリプル」-???
 ⑪
 ⑫
 連続で戯言シリーズからか?
 萩原子荻は人間シリーズと両方に出ているしな~
 いや、まてよ? まさか「3月のライオン」のあかりさんではないだろうな?!
 「月物語 第交話 つばさライオン」のお返し?
                あかりトリプル

 不明
 ⑬
 ⑭
 ⑮
 ひょっとしたら、3話書下ろしで、これが全部まとまった本が出る可能性は?

関連記事

第1768回 アニメ 幼女戦記

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「幼女戦記」 Saga of Tanya the Evil

 前から小説版が気になっていたので、とりあえずアニメを見て決めよう。
 すでに7巻まで出ているが、1冊1千円だもんな。

 体型は幼女(9歳)ですな。
 YS01-001.jpg

 帝国のモデルは「独第三帝国」ですか。「DRIFTERS」のように周囲に戦争を吹っかけてますな。
 YS01-000.jpg
 YS01-002.jpg

 命令を聞かない部下は後方死地送りです。
 YS01-003.jpg
 YS01-004.jpg
 YS01-005.jpg
  
 あんた一人でも勝てるんじゃね?
 YS01-006.jpg
 YS01-007.jpg
 YS01-008.jpg
 YS01-009.jpg

 いわゆるオーバーキルというやつですな。
 YS01-010.jpg
 YS01-011.jpg

 とりあえず視聴決定。
  

関連記事

第1767回 ヒメタク

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

「細野不二彦「ヒメタク」全2巻

 年末に短編集を2度買いしたことから、最近の出版作をチェックしていたら「ヤミの乱破 」までは買っているが、その後のものは買っていないものがあった。
 Amazonに注文したのは「ヒメタク」全2巻と「商人道」全3巻だが、いまだに「商人道」に1巻だけが届かないので読めない。
 (´;ω;`)


 関東近郊Z県の株式会社児見山タクシー。
 そこは他のタクシー会社からのはみ出し者、キズ有り、札付きのそんな一癖もふた癖もある運転手たちが集まったふきだまり。
 地元民から「ゴミ山タクシー」と呼ばれていた。
 
 ある日、新人として入社した美貌の女性ドライバー・矢野陽芽(やのひめ)。
 二種免許を一発合格したという彼女は、なぜ片田舎の町のタクシー会社に務めることになったのか。
 異常な運転テクニックを持つ彼女の秘密とは?

 「ぜったい、泣き言は言わない。」
 ヒメタク1 ヒメタク2

 うーん、面白かったです。連作短編ものは読みやすい。
 「漫画アクション 」は読んでなかったので、この連載を知らなかったです。
  2巻で終わらせるのがもったいないですね~
 でも、はやく「商人道」が来ないかな~

関連記事

第1766回 悲衛伝

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 伝説シリーズ 8「悲衛伝」Hi Ei Den

 さて、話はぶっ飛んできました。
 一瞬で人類の三分の一の命を奪った《大いなる悲鳴》。
 『人類』対『地球』の話から始まった「伝説」シリーズですが、「悲痛伝」から「非録伝」の間に語られたのは、過去に『地球』対『火星』の大戦争があったということです。
 そして「非亡伝」で世界中の対『地球』組織を回った《地球撲滅軍》は、2度目の《大いなる悲鳴》に対抗するため、人工衛星《非衛》へ向かう。
 すいません、7冊かけてここまでが「序章」だったんですね。(笑)
 まあ、「ペリー・ローダン」なんてプロローグを1千冊くらいやってますから。

 四国編で『地球』対『火星』の話が出たとき、「じゃあ、他の惑星はどうなの?」と思っていましたが、本巻ではいよいよ太陽系諸『惑星』と『太陽』御大が登場です。
 『火星』魔術の集合体『魔神》の後継者である空々空くんに接触してきたのは、20代半ばの年齢に見えるバニーガール嬢『月』の《ブルーム》だった。
 彼女(?)は劣勢の『人類』の代表である空々空に、ある提案を持ちかける。

 すでに戦死している『火星』を除き、ほかの諸惑星を味方に付け停戦に持ち込む。
 なにしろ空くんは『地球』自身から、2度目の《大いなる悲鳴》の期日予告を受けているのだから、その話し合いの重要性は解る。
 かくして、失敗すれば『人類』対『太陽系』に成りかねないミッションが始まる。

 『月』から変わり者だからと注意されたクールな少女。『天王星』の《ブループ》。
 小柄でスポーティな麦わら帽子短パン少女。『木星』の《スピーン》。
 戦斧を持つ甲冑姿の褐色少女。最内縁の惑星『水星』の《メタール》。
 セパレート水着姿のお嬢様。最外縁の惑星『海王星』の《ウォー》。
 『火星陣』の生き残り幼女。酒々井かんづめ。
 翼と頭上に光輪を浮かべた天使コスプレ。『土星』の《リングイーネ》。
 大鎌を持ったローブ姿の死神コスプレ。追放された元惑星『冥王星』の《ノーヘル》。
 上半分が黒髪、下半分が金髪の倦怠感丸出し女。『地球』の双子星『金星』の《ツートン》。
            非衛伝

 今、語られる《大いなる悲鳴》の真実。
 そして驚愕の結末。
 西尾維新作品は普段でも予想の名斜め上を行くのに、ここで「コペルニクス的転回」まで行うとは!
 このラストから、あと2巻でどうやって終わらせるの?!
 それとも、次の「非たま球伝」で終わらせるの? 番外編『魔法少女・地濃鑿』はあまり読みたくありません。(笑)

関連記事

第1765回 書楼弔堂 破暁

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

京極夏彦「文庫版 書楼弔堂 破暁 」

 時代は文明開化から25年ほど経った明治。
 病み上がりの元氏族の出の男・高遠が本屋の丁稚に聞いた不思議な古書店。
 どんな分野の本でも和書、洋書、珍本奇本稀覯本の類まで注文を受けると取り寄せるという。
 帝都と言ってもまだ畑が広がる片田舎の道沿いに、その三階建ての書舗はあった。
 「弔」と一文字書かれた半紙を入口の簾に貼った書舗「書楼弔堂(しょろう とむらいどう)。
 撓(しほる)という美童の丁稚と、白装束の亭主は本は「墓」であり、呪物であると言う。
 誰も読まない本は、誰も参らぬ墓と同じであり、移ろい行過去を封じ込めた呪文を封じ込めたものだ、と。

 なんの気無しに書舗を訪れた高遠だったが、おなじく書舗を訪れた、医者も匙を投げたろいう「気の病」を抱えた男に亭主が売った1冊の本の由来を聞く。
 (探書壱 臨終)
            書楼弔堂 破暁

 語り手・高遠彬が語る六つの物語。
 探書壱 臨終
 探書弐 発心
 探書参 方便
 探書肆 贖罪
 探書伍 闕如
 探書陸 未完  

 これは書物を薦めることで供養を行う「憑物落し」ですね。
 この時代における東西の書物の知識はかなりのものです。書物を求めに来るのはそれなりに知られた人物、もしくは過去作品と縁のある(?)人物たちです。
 高遠彬は最後に「憑物落し」されちゃったけど、第2巻「書楼弔堂 炎昼」には出てくるの?
 「虚実妖怪百物語 序」「虚実妖怪百物語 破」「虚実妖怪百物語 急」も早く文庫化してくれい!

関連記事

第1764回 超人ロック 50周年

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

聖悠紀「超人ロック 鏡の檻 The Mirror Chamber」

 えー! 50周年ですか!!
 『聖悠紀を弾圧して「超人ロック」を描かせる会』が存在しなければ、ここまで続かなかったんですね。(笑)
 ヒッターの持っている「超人ロック」はこれで103冊目だぞ。
 
 「鏡の檻」は前作「ラフラール」の続編ですか。
 クローンで不死者の真似をしちゃあかんよ。
              超人ロック 鏡の檻

 さて、正月はDVD視聴と漫画でだらだらと過ごしたので、そろそろ読みかけの小説を片付けるかな。

関連記事

第1763回 Fate

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ Fate

 今年は「Fate」作品が多いな。作りすぎじゃないのか?
 そのうち英霊のタネが尽きてしまうぞ。つーか、知らない神話の英雄や歴史上の人物をバカスカ出せばいいもんじゃないだろう。
 

 年末スペシャルを観たが、すごい違和感がある。(笑)
 Fate/Grand Order-First order-
 

 これも年内に始まるのか。
 Fate/Apocrypha
 

 これは安定感があって観たいのだが。早く、早くう!
 Fate/stay night Heaven's Feel


 どれだけ儲ける気だ。型月さん。

関連記事